【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

抗炎症作用 タグ

タグ"抗炎症作用"

北海道大学整形外科から発表されている論文です。 「水素の抗炎症作用」について、最近になって数多くの論文が提出されています。 炎症は異物や細胞の破壊に対する免疫反応の下流反応です。 この炎症が過剰になっている場合、我々はその反応(発熱、発赤、疼痛、腫脹)に苦しむこととなります。 とはいえ、炎症を完全に抑え込んでしまうことは、治癒行程を妨げる行為に等しいため、炎症に対する治療は「バランスを取る/適度な炎症にとどめる」ということが重要であろうと考えます。 ステロイドや免疫抑制剤が『諸刃の件』と呼ばれるのは、炎症の自覚症状を抑える(解熱、鎮痛、腫脹軽減など)作用は喜ばれるため、安易に使用しがちですが、その反面「免疫と治癒反応を抑制してしまう」という部分が副作用となって現れるからです。 人によって「なぜ免疫が適度で済む人」と「免疫が過剰となる人」「免疫が低すぎる人」が存在するのかは、いまだに謎です。 この論文では、その一因として『活性酸素』を重要なファクターとしてあげ、水素がそれを除去することによって炎症反応の過剰化を抑制している可能性を示唆しています。 これは、他の多くの論文にもありますが、現在免疫反応のドミノには多くの物質が機能していることが解っています。 論文中の図にあるように特に ・TNFα ・NFκB ・インターロイキン(1、6) ・Nox から続く ・アラキドン酸カスケード(炎症物質の産生) ・MMP3(コラーゲン/軟骨を破壊する酵素) への橋渡しを『活性酸素:特にヒドロキシラジカル』が担っていることが解ってきています。 ステロイドや免疫抑制剤が、免疫の中枢部位を抑制してしまうことを考えれば、水素の抑制部位は『橋渡し部位』であり、免疫自体を抑制してしまうことにないことは、副作用のない治療である理由のひとつかもしれません。 論文では、自己免疫疾患などで炎症反応が過剰となってしまうシステムを『ROSループ』と表しています。 当院の治療においても、水素の治療はステロイドなどとは違い『直後に炎症反応を完全に止めてしまう』『薬理作用が消えると自覚症状が戻ってくる』というものではなく *症状は徐々に軽くなる *治療の継続によって症状が出難くなる というイメージです。 なぜこのような治癒過程をたどるのかはまだ不明ですが、今後新しい見解が続々と見つかるものと考えています。 水素治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Molecular hydrogen: new antioxidant and anti-

当院に水素治療に通う患者様から「最近痩せてきた」という話を聞くことが多くなりました。 実は水素には「体脂肪を減少させる作用」があり、そのエビデンスも数多く揃いつつあるのです。 水素がなぜ体脂肪を減少させるのかと言うと、 *抗炎症作用 *アディポネクチン増加作用 が中心となっているようです。肥満はたしかに「過剰な摂取エネルギー」によるものではありますが、それだけでは解決できない部分も沢山あります。 そのひとつに「脂肪細胞の変化」があります。 身体は過剰に摂取されたエネルギーを、一時的に蓄える機能を持っていますが、 *高GI糖質の摂取 *糖質に偏ったカロリー *炎症性脂質の摂取 などによって、脂肪細胞が巨大化します。 脂肪細胞は本来、内部に脂肪酸が溜まり始めると「アディポネクチン」というタンパクを分泌し、均衡を保とうとします。 アディポネクチンの作用は図にあるように *脂肪燃焼作用 *インスリン抵抗性改善作用 *細胞内脂肪酸減少作用 などがありますが、巨大化した脂肪細胞からはアディポネクチンが分泌されなくなってしまいます。 その理由は「脂肪細胞における活性酸素増加と炎症」と考えられています。 実際、炎症-活性酸素量とアディポネクチン量は『逆相関』することがわかっており、加えて『脂肪細胞における活性酸素を除去すると、炎症が軽減し、アディポネクチンが増加する』ということもわかってきました。 活性酸素のういち、ヒドロキシラジカルは強力な炎症促進物質であり、水素はヒドロキシラジカルを選択的に除去することができます。 加えて水素の優れたところが「到達場所を選ばない」というところです。固定化された脂肪組織(皮下組織)は、血流も悪く、摂取した物質の移行が大変悪いのですが、水素はそれに無関係に組織に到達します。 これが「水素によって体脂肪が減少する理由」と考えられます。 「食事制限しても痩せない」「運動しても痩せない」「気になる部分が痩せない(炎症によるセルライト部位)」は『脂肪細胞の炎症とアディポネクチン欠乏』が大きく影響するということでしょう。 当然のことではありますが『水素を取っていればどんな生活をしていても痩せる』というわけではありません。 また、このようなことを書くと『何回で痩せますか?』『集中して治療すると早く痩せますか?』『何ヶ月で痩せますか?』という質問が集中するのですが、水素治療によって痩せたとおっしゃる方のほとんどは『他の治療目的:肩こり、腰痛、動脈硬化などの全心疾患、予防目的など』で長期的(3~6ヶ月)に水素を投与されている方々であることをご了承ください。 <水素治療に関するお問い合わせ> 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

最近の論文たちを読むと「酸化-免疫-炎症-サーチュイン遺伝子などがすべてリンクして機能している」ということが示唆されますが、ビタミンDもこの仲間に入るようです。ビタミンDは、以前は『骨のビタミン』という程度の扱いでしたが、最近の研究では *ホルモン作用(ステロール系ホルモン) *免疫調節作用 *抗アレルギー作用 *抗炎症作用 などに注目が集まっています。 水素や抗酸化物質の研究が深く進むにつれ、ここも *抗酸化作用 *抗炎症作用 *抗アレルギー作用 *遺伝子調節作用 が明らかになってきます。 今回の論文は「ビタミンDがどのようにして血管内皮細胞の保護作用を引き出すのか?」についてで、ここで「サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)」とそれによる「抗酸化作用」が関係していることを示しています。 ビタミンDは、 *花粉症や鼻炎の症状が劇的に軽減する *高血圧が改善 *インフルエンザ予防 といった効果がありますが、この抗アレルギー/抗炎症作用/免疫調節作用の根源が、今後の研究で明らかになってくるはずです。 水素治療/ビタミンD療法に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Vitamin D protects human endothelial

長年の喫煙や大気汚染、塵肺、その他汚染物質による肺疾患は年々増加しており、加齢と共に増加する疾患でもあります。 個人的感想を言えば、肺疾患の末期は大変辛い。 慢性肺疾患の根本は『肺胞細胞と組織の酸化劣化』です。 酸素を取込む最前線である肺胞は、言い方を変えれば『絶えず酸素毒(酸化毒)に曝されている場所』です。肺疾患の場合 *肺疾患のために肝機能力が悪く、酸素濃度を上げたい *酸素濃度を上げれば酸化毒が増加し、肺損傷が悪化する という「換気と病気の相反するジレンマ」に行き着く。 この論文では吸入気中に水素ガスを混入させたところ、肺の酸素毒による損傷を免れたことを示している。 その理由として *水素自体の抗酸化/抗炎症作用 *水素による「ヘムオキシゲナーゼ」の活性化作用 を上げている。 ヘムオキシゲナーゼはヘモグロビン中のヘムを『鉄とビルベルジンと一酸化炭素に分解する酵素』です。 分解されて精製したビルベルジンは強力な抗酸化物質であり、特に飽和脂肪酸が酸化することによって出来る『過酸化脂質』を還元する。 酸化劣化のターゲットとして「脂質の酸化劣化」は老化と疾患を急速に悪化させることが解っており、『過酸化脂質の抗酸化』『飽和脂肪酸の酸化抑制』はアンチエイジング的に重要である。 今回の論文にある『水素によるヘムオキシゲナーゼの増加作用』は水素の抗酸化力/抗炎症力を高める作用のひとつと考えられており、水素が『細胞外・細胞膜・細胞内・核内・ミトコンドリア内・組織』を選ぶことなく「すべてに有効な抗酸化/抗炎症物質である」ことを裏付ける。 喫煙者/喫煙経験者などは早めに『積極的な予防治療』を始めるべきであろうと考えています。 水素治療(吸入・点滴・外用・内服)に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷) 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Inhaling hydrogen may help reduce lung damage in critically ill patients medicalxpress.com Inhaling small amounts of hydrogen in addition to concentrated oxygen may help stem the damage to lung tissue that can occur when critically ill patients are given oxygen for long periods of time, according to a rat model study conducted

水素は *抗酸化作用 *抗炎症作用 *抗アレルギー作用 を持ち合わせ、副作用のない優れた物質です。水素は活性酸素(特にヒドロキシラジカル)との反応性が高く、瞬時に反応して水に変換してしまいます。 よって水素を大量に飽和させた点滴液を直接静脈に投与するこの方法は、まず初めに『血中の活性酸素/血球の活性酸素/血管内皮の活性酸素』と接触することとなります。 臨床データとして *8-OHdG(DNA損傷マーカー)の低下(尿検査) *酸化LDLの低下(血液検査) が認められます。 これらによって、長期的な治療効果として *動脈硬化抑制 *癌抑制 *免疫細胞活性化 などの効果は高いのではないかと考えられます。 その他 *疲労(脳疲労)回復 *代謝改善 *不眠解消 *肌質の改善 などを目的にされたり 他の点滴 *マイヤーズ点滴:総合治療 *αリポ酸点滴:抗酸化治療 *グルタチオン点滴:パーキンソン病などの抗酸化治療 *ダイエット点滴:脂肪燃焼システム改善 との混合(上記の点滴水を水素で飽和させます)によって、複合的効果をめざしたりします。 点滴時間は *100ml:15分 *250ml:30分 程度です。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp 過飽和水素水を作る器械です。 水中の水素ガス濃度を上げるには *温度 *pH(水側の) *圧 *バブル径 をコントロールする必要があります。

当院において、水素水(過飽和水素生理食塩水)の注射/点滴治療を初めて約1年。 数々の目的で継続治療をされる方が増えてきました。加えて継続治療による経過/効果についてもわかってきました。 以下、血液検査や自覚症状の変化です。 【自覚症状の変化】 *喘息の発作が出にくくなった *アトピーの症状が減少した *慢性関節リウマチの関節痛が軽減した *眠れるようになった *視野がハッキリした *肌が奇麗になった *持久力がついた *体温が上がった *手足が暖かくなった(冷えの改善) 【他覚症状/検査結果の変化】 *8-OHdG(DNAの酸化劣化損傷検査)が低下 *血圧が低下(降圧剤の量が減った) *中性脂肪値の低下 *コレステロール値の低下 *酸化LDL(悪玉LDL)の低下 *白内障の改善 *1回換気量の増加(肺) *AGEsの低下 などがあります。 水素の作用は主に *抗酸化作用 *抗炎症作用 *抗アレルギー作用 で、それによる *DNA修復作用 *細胞膜修復作用によるホルモン感受性の改善 *組織修復作用 *神経細胞保護作用 などが、多くの大学病院/研究所で研究が行われています。 これらの改善には、ある程度の時間と継続治療が必要ですが、 *合成薬物ではない *副作用がない などの利点も多く、誰にでも使用できます。 病気の予防や老化予防について「何かひとつと言われれば何ですか?」とよく聞かれますが、私は「何かひとつと言われれば『抗酸化』です」と答えます。 「人は血管とともに老化する」と言われます。 血管の老化のほとんどは「酸化劣化」によるものです。 この酸化劣化を除去する「最も強力な抗酸化物質」は水素であると言えます。 この水素を大量に飽和させたものを注射/点滴する治療法は、 *最も手軽で *最も安全で *長期的には最も効果的な 抗酸化治療であると考えています。 となっています。 *水素水中に「ビタミンC」「αリポ酸」「グルタチオン」「ビタミン群」「ナイアシン」「カルニチン」「プラセンタ」などを混合することもできます。 混合することによって、それらの物質の活性が上昇し、効果が高まります。 ご希望の方はクリニックまでご連絡ください。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp — 場所: 医療法人社団医献会 辻クリニック

どういうわけか、「水素」に関する問い合わせが急に増えました。 とくに「どこに効くの?」「どういう作用?」「体感は?」という問い合わせですので、簡単にまとめておきます。 現在、日本医大を中心として、世界中の研究室で「水素の作用/効果」が研究されており、想像以上の効果を示しています。 水素の効果として研究されているのは *抗酸化作用 *抗炎症作用 *抗アレルギー作用 が中心です。 抗炎症作用や抗アレルギー作用、その他の作用も、突き詰めると「抗酸化作用」によるものが大きいため、その作用の中心は「強力な抗酸化作用」といっても良いのかもしれません。 老化や疾患と活性酸素の関係を調べてゆくと、図のようになります。 詳細はさておき、我々が酸素を利用して生きている以上、それによる酸化現象は避けることができません。 そのため生体には、様々な抗酸化作用、活性酸素発生制御機構が備わっています。 とくに「エネルギー産生場であるミトコンドリア」からは大量の活性酸素(生体の排気ガス)が発生します。 この活性酸素を除去するシステム(抗酸化酵素遺伝子)が存在し、SOD、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼといった抗酸化酵素を生み出すことによって、発生する活性酸素を除去(水に還元)しています。 また、皮下に存在する酸素や水に紫外線が当たって生まれる「一重項酸素」を抑えるために、メラニンが存在したりします。 補完代替医療/オーソモレキュラー医療などで利用される *抗酸化ビタミン群:ビタミンCなど *フラボノイド群:カテキン、ルテイン、アスタキサンチンなど は各成分の抗酸化作用によるものが大きいと思われます。 各抗酸化物質にはそれぞれ *効果を示す活性酸素種 *効果を示す臓器(組織移行性の違い) といった特徴があります。これが「◯◯は◯◯に効果がある」という理由かもしれません。 本題である『水素が優れている理由』は *抗酸化力が強力 *低分子かつ気体であるため、組織移行性がよい *悪玉活性酸素をすべて除去できる *反応後に水となる(酸化物質が残らない) *副作用が考えにくい です。 多くの抗酸化物質がもる *移行しにくい部位がある(特に脳神経系) *反応できる活性酸素種が決まっている *反応後に「酸化物質」となる という好ましくない反応を、水素は持たないのです。 このため、専門科を選ばず、多くの疾患治療/予防の研究対象となっています。 最も多い質問として「効果は?」「体感は?」がありますが、こう考えると良いと思います。 効果を感じるということは「体感できる悪い状態がある」ということになります。 「頭痛がないのに頭痛薬を飲んでも体感しない」ということです。 程度にもよりますが、重い疾患をお持ちの方は、その場で自覚症状があります。 また、老化や慢性疾患というものは、その疾患自体が体感しにくいものです。 高血圧、高脂血症、高コレステロール血症、糖尿病は相当悪化しなければ体感(自覚症状)はありませんし、癌も初期には全く症状はありません。 小さな脳梗塞も全く自覚症状がないことがほとんどです。 図にあるように、水素は「老化や慢性疾患の根源」に作用する物質です。 その自覚症状を「対症的に覆い隠す」のではなく、その根本である *DNAの酸化劣化 *細胞内小器官(とくにミトコンドリア)の酸化劣化 *細胞膜の酸化劣化 *組織の酸化劣化 を改善することによる作用です。 よって「その効果を実感するためにはある程度の治療期間を必要とする」と思ってください。 当院では *水素注射/点滴 *水素サプリメント *水素ガス吸入 *水素クリーム(軟膏) を使って治療を行っています。 ほとんどの方は1ヶ月程度で「何らかの改善」を感じる方が多いです。(少なくとも3ヶ月後には自覚的改善があります) 各治療法の組合せは、 *自覚症状 *目的 *活性酸素量 *疾患 などによって変わりますので、ご希望の方はクリニックまでご連絡いただければと思います。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp *診療は予約制となっております

すぎ花粉症の季節になってきました。 今年は花粉に加え、数々の微粒子(PM2.5など)も問題で、アレルギー症状を引き起こす人がとても増加しているようです。「花粉症にビタミンDが効く」ということは、最近多くのメディアで取り上げられ、実践する人も増えてきたようです。 当院でもビタミンD療法は *花粉症 *各種アレルギー疾患 に対し行っていますが、本年は「水素療法」を併用しています。 花粉症は花粉に対して免疫が発動することによって発症します。 その免疫→炎症反応が通常に比べて強すぎるため(今となってはなにが『通常』かは解らなくなってきましたが)、 *眼のかゆみ *鼻汁、かゆみ *くしゃみ *呼吸困難 *皮膚炎 など「粘膜・皮膚症状」を引き起こします。 それらに対し、現在の治療法は *ステロイド *抗ヒスタミン剤 *減感作療法 が中心でした。 ビタミンDと水素の作用機序はそれぞれ違います。 詳細は過去にアップ(論文とともに)していますが 【ビタミンD】 脂溶性ビタミン全般に言えることですが、脂溶性ビタミンは「栄養」というよりは「ホルモンに近い」と考えられるようになってきました。 各細胞の核受容体に結合することによって機能し、免疫調節作用なども存在することが解ってきました。 そのため、ビタミンD療法は *花粉症、喘息、各種アレルギー疾患 *自己免疫疾患 *がん予防 などに利用されはじめています。 【水素】 水素の作用は最近になって急速に解明されつつありますが、その主役は【抗酸化作用】と【抗炎症作用】【免疫調節作用】です。 詳細は過去の論文集としてアップしていますが、花粉症に対する作用は「抗炎症作用と免疫調節作用」です。 あくまでもイメージではありますが、抗炎症作用は対症療法的作用であり、免疫調節作用は根本治療に近いと考えることができます。 水素の抗炎症作用とビタミンDの免疫調節作用を併用させる治療が『ビタミンD/水素併用療法』です。 この治療は「注射」と「内服」があります。 多くの場合は「併用療法:来院時に注射、自宅にて内服」という方法が効果も高く、早い印象です。ご希望の方はクリニックまでご予約ください。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

「うまい名前を付けたな〜」と感心ついてにこれについて。 確かにここ最近「肩こり」というよりは「首こり」を訴える人が多くなったと感じます。 原因は多々あるとは思いますが、個人的には『スマートフォン』の影響が大きいのではないかと感じます。 自分が使っているときは感じないのですが、他人が使っているのをみると『頭を下げ、携帯を持つ側の肩が上がり、背中を丸め、この状態を固定(動いているのは指のみ)』という状態です。 固定しないで頭を動かしてみてください。小さなスマホの画面は、ほとんど見ることはできません。 画面を見る(読む)ためには『頭と首を完全固定』するしかありません。 5~7kgの頭部を後頸部~肩甲部の筋肉で固定するように支えるわけですから、症状が出ても当たり前でしょう。 「携帯(ガラケー)」の時よりも「スマホ」になってからのほうが、圧倒的にこの姿勢を保つ時間が増えたように感じます。 アメリカの有名なカイロプラクター医の友人は「Black Berryが普及してから、白人でもこの症状を訴える人が大量増殖した」とビックリしています。 これは「パソコン」が普及した頃にも言われたのですが、それ以上に『スマホ』はひどいように思います。 私は患者さんによく『1時間歩くことは可能だが、1時間動かずに立っているのはどうですか?』と聞きます。 人の身体は「動くため」にできているといってよいでしょう。 自分でも「言われてみれば、スマホを使うようになってから首や肩が凝る」と感じます。 当院で行う過飽和水素水筋肉内注射は *抗炎症作用 *組織修復作用 を目的に患部に「水素を大量に飽和させた水」を注射する治療で、大変効果も高く、副作用もないところが利点です。 とはいえ、「どんなに首に悪いことをしても症状が出ない/首肩が悪くならない」というものではありません。 *使用時間 *使用方法 *使用時の姿勢 など、いろいろな対策が必要なように感じます。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

水素の作用は *水素分子の直接作用 *水素分子の間接作用 の2つの方向から研究されている。 水素はそれ自体、強い抗酸化作用を持つが、それが生体(細胞)にどのように作用することによって機能を発揮しているかが問題である。 この論文は、水素を投与した後、肝臓(肝細胞)の遺伝子がどのように変化したかを調べたものである。 水素を4週間投与した後、DNAマイクロアレイ法によって遺伝子を調べたところ *上昇した遺伝子:548 *低下した遺伝子:695 であった。 上昇した遺伝子を解析したところ、酸化還元に関わるタンパク(酵素)を作る遺伝子が上昇していることがわかった。 我々は、酸素を利用してエネルギー(ATP)を作り出す際にどうしても活性酸素ができてしまう。 そのため、『エネルギーと活性酸素の発生源であるミトコンドリア』には各種抗酸化酵素を作り出すための遺伝子が存在し、その設計図に則って酵素を合成している。 水素の抗酸化作用は大変強いものであるが、デメリットはその反応性の高さから『瞬時に反応が終わってしまう』という部分であろう。 しかし、水素自体の抗酸化作用だけでなく、遺伝子発現に関与し、細胞が抗酸化酵素を含む各種酵素生成に影響を与えるという事実は、細胞のシステム自体を変化させることによる効果であるということであろう。 水素が抗酸化作用だけでなく『抗炎症作用』『抗アレルギー作用』『脂質/糖質代謝改善作用』をもたらすという臨床結果は、それらに関わる酵素の発生に何らかの影響を与えている可能性が高い。(最新の論文ではそれらの酵素発生の変化を認めている) このような事実が解明されていくことは、治療としての利用範囲を広げることができるため、さらなる研究が待たれる。 Hepatic oxidoreduction-related gen