Weiss Architecture Studio

Quis autem vel eum iure reprehenderit qui in ea voluptate velit esse quam nihil molestiae lorem.

高脂血症 Tag

Posts tagged "高脂血症"

最初にお断りしておきますが、このような論文が発表されると、まるで「何もしないで痩せてゆく」「いくら食べても太らない」といった勘違いが生じがちですが、そうではありません。 糖尿病、高脂血症、肥満といったメタボリックシンドローム関連は『生活習慣の改善+代謝改善治療』によって効果を発揮するものです。 当院で行う「ダイエット補助治療」も同様で、「正しい食事指導と生活指導を実践しているのに体脂肪が減少しない」という場合に効果を発揮するものです。正しい食事方法、すなわち「消費エネルギー以下に落とされた摂取エネルギー量」を実践しているのに体脂肪が落ちない理由として *脂肪分解能の障害 *エネルギー産生能の障害 *熱産生能の障害 が考えられます。 この論文にある内容は『脂肪分解能の障害』に関わる『脂肪細胞(細胞膜)の炎症』でしょう。 白色脂肪細胞は、エネルギーを『脂肪』という形でため込んでいます。 内部の脂肪は『細胞膜』を通して出入りしており、その出入りの信号も『細胞膜上のレセプター』にアドレナリンや甲状腺ホルモンといったホルモン類が結合したり、通過したりすることによって分解/合成がコントロールされている。 もし、脂肪細胞の細胞膜に炎症が存在すると *脂肪/糖の出入りの障害 *結合レセプターの障害 が発生し、脂肪細胞内の脂肪はエネルギーとして利用できません。 脂肪細胞内の脂肪がエネルギーとして利用されなければ *摂食によるエネルギー補給 *筋肉等のタンパクからの糖新生 に頼らざるを得ません。 脂肪細胞の細胞膜は『炎症』と『酸化』によって劣化し、機能を低下させます。 水素はその「抗酸化作用」「抗炎症作用」によって細胞膜を修復することによって、脂質代謝を正常化するものと考えられています。 当院で行う「ダイエット補助療法」は 1:正しい食事指導 2:腸内環境の調整 3:酸化/炎症の抑制 4:ミトコンドリア栄養の補充 5:熱産生能の改善 6:生活指導(効率的な運動指導) によって成り立ちます。 こららのどれが欠落しても、ダイエットの成功はありません。 特に『1と6』は治療ではなく、自身で行う生活習慣の改善であり、これなくしては成り立ちません。 ダイエット治療とは『本人の度努力を無にしない、努力が報われるようにする治療』と考えるべきです。 逆を言えば『何もしなくても痩せてゆく」というPRは【100%嘘】【あり得ない】といってよいのです。 クリニックのダイエット補助治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Molecular hydrogen attenuates fatty acid uptake and lipid accumulation through downregulating

我々が食事によって摂取した『燃料(糖、脂肪)』はどのようにして『熱とエネルギー(ATP)』に変換され、消費されるのか。 この疑問に対する研究は絶えず行われている。 この研究が行われるのは、近代社会が直面している『生活習慣病:肥満、糖尿病、高脂血症、高コレステロール血症とそれに伴う疾患』が現代人の健康問題に多大な影響を与えるからであろう。 過剰に摂取される『エネルギー材料である糖と脂肪』の摂取量を減らすべきことは当然であるが、これらの抑制(自制)が困難であることは皆さんが直面している事実である。 加えて「痩せの大食い」という人種が存在することが「もしかすると食べても太らない仕組みが解明できるのではないか?」という夢を追求させる。 「食べても太らない人は本当に存在するのか?」 多分答えは『YES』である。 その仕組みは「エネルギー消費」によるものだ。 食事によって摂取された「糖、脂肪というエネルギー材料」は、細胞内のミトコンドリアという小器官でエネルギーに変換される。 ミトコンドリアはこれらの燃料から『水素』を取り出す。 取り出された水素(水素イオンと電子)は最終行程の『電子伝達系』で『エネルギー(ATP)を作るか?熱を作るか?』の選択に迫られることとなる。 水素を使ってATPを作るのが『複合体5タンパク』で、熱を作るのが『UCPタンパク』というもの。 痩せの大食いと呼ばれる人はこの『UCPタンパク』にからくりがあることが解っている。 UCPタンパクは当初、人にはあまり存在しない『褐色脂肪細胞』に存在するため、無関係と考えられていたが、このUCPタンパクにはいくつかの種類が存在することが解ってきた。 詳細はまた別の機会に書いてみようと思うが、太りやすい人が『単なる食べ過ぎ』というわけではなく「ミトコンドリアの機能が悪い人』という可能性が高くなってきた。 特に『UCPタンパクを作り出す機能が低い(もしくは低下)人』は、単なるカロリーコントロールだけでは蓄積する体脂肪を減らすことは困難であろう。 栄養学も含め、慢性疾患のコントロールは「細胞レベルのコントロール」という時代に入ってきたように思う。 とはいえ、『どれだけ食べても・・・』というわけではない。 あくまでも『摂取エネルギー材料を減らす』ということを前提とし、『その行為を効率的にする=結果が出る』ということを目的とすべきであろう。 Defective Dietary Induction of Uncoupling Protein 3 in Skeletal Muscle of Obesity-Prone Rats - Weigl