【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

関節疾患 タグ

タグ"関節疾患"

顎関節症は歯科領域で診察される関節疾患のひとつです。 その詳細については専門書にゆだねますが、概ね関節疾患は「慢性化」「進行/悪化」を起こしやすい疾患といえます。 骨関節系疾患は、直接生命に影響がないため軽く扱われがちですが、その人のQOL(生活の質)を大きく低下させるため、確実な治療を必要とします。顎関節症も関節疾患のひとつとしてQOLを大きく低下させます。 初期には *稼働時の雑音(ゴリゴリ感など) 程度ですが、その後 *関節炎症状(疼痛、腫脹、熱感、発赤) を伴うようになったり、経過によっては *そしゃく障害、食欲不信 *発語障害 *頸椎周囲症状:肩こり、頭痛 *自律神経障害 *上腕のしびれ といった障害に発展するとも言われています(これについては諸説あり、全身症状については懐疑的な意見もあります) 当院に訪れる方では、基本的に『肩こり/首コリ/腕のしびれ』といった症状で来院されます。 治療の次いでに「物を食べる時に痛い」「しゃべりにくい」といった症状を訴える方に対し『水素の顎関節内注射』を行います。 ほとんどの場合、1回目の治療で「口を空けやすくなった」「痛みがなくなった」「顎まわりが軽くなった」という感想をいただきます。 また他の治療との違いは、数回の治療で多くの方で再発がなくなる(もしくは少なくなる)という部分でしょう。 痛みの治療は、その効果を本人の自覚症状に頼るため、ごまかしが効かず、勝負が早いといえます。 そういう意味で、水素による痛みの治療は大変効果が高く、しっかりとその効果を実感できるものと思います。 そして、水と水素のみの治療ですので、「副作用がない」という部分が最も優れた部分であると考えています。 顎関節症だけでなく *頸椎(首) *腰椎(腰) *肩関節 *股関節 *膝関節 *足関節 *手関節 といった関節の症状についても、高い効果を示しています。 各種慢性痛でお悩みの方は、一度ご相談ください。 <水素の痛みの治療についてのご予約/お問い合わせ> 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

当院でも、水素治療(内服、点滴、関節注射)が関節疾患に有効であった症例が増加しています。 また、肩こりや腰痛といった炎症に対しても、有効性が認められてきています。 過去の論文にもありますが、炎症反応と活性酸素は連動して反応し、それぞれが増幅し合うことが問題であることが解っています。治療においては「ステロイド関節注射」のような即効性を求める方がいらっしゃいますが、そうではありません。 継続的な治療によって治療によって、徐々に炎症が治まり、痛みが引いてゆくイメージです。どのような病気でも「治療より予防が簡単」であるには違いはありません。「痛くなってから始める」より「痛くなる前に始める」が最良だと思っています。 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Molecular hydrogen: new antioxidant and anti-