Weiss Architecture Studio

Quis autem vel eum iure reprehenderit qui in ea voluptate velit esse quam nihil molestiae lorem.

老化 Tag

Posts tagged "老化"

人は必ず老化します。 肌も必ず老化します。 この老化を少しでも遅らせたいと考えるのは、ごく当たり前の感情でしょう。 こう思った事はありませんか? 「肌の老化は『露出部』のほうが早い」 これには理由があります。 老化の定義は難しいのですが、老化を「肌(皮膚)本来の機能を失ってゆく過程」と定義するならば、その老化には *生理老化(経年変化) *光老化(紫外線老化) *糖化老化(過剰糖化老化) があると考えています。 この中で「露出部の老化を促進する因子」として重要なのは「光老化」です。 生理老化との大きな違いは「皮膚が厚く、硬くなってゆく老化」という点でしょう。 生理老化は、表皮を作る基底細胞や真皮組織を作る繊維芽細胞の機能が低下することによって「その生産能力の低下」が主な原因ですが、光老化は「古くなった組織(特にエラスチンという弾性繊維)を破壊/除去できなくなる」ことが原因です。 人は「古いものを壊し、除去し、その部位に新しいものを再構築する:破壊と再生」を繰り替えすことによって、機能を維持しています。 自身の皮膚の老化にとって「生理老化と光老化のどちらが強いか?」を考えるならば、遮光部位の皮膚(お腹など)はある程度の年齢になっても、一般的な老化基準である「しみ、しわ、たるみ」などは少ないものです。 それだけ光老化による老化は大きな問題と言えるでしょう。 光老化の原因物質は『UVA』と『UVB』です。 周波数の違いによってUVAのほうが深く(真皮まで)到達します。 UVAは細胞が作った組織タンパクや細胞膜と反応し、活性酸素を発生させることによって老化を促進します。 UVBは直接DNAを破壊することによって細胞機能を低下させます。 こう考えると、 UVA→組織タンパク(エラスチン)の酸化劣化→劣化エラスチン沈着(光線性弾性繊維症) UVB→DNA損傷→繊維芽細胞/基底細胞の機能障害(再生能低下) の「2重の老化」といっても良いでしょう。 この2つの紫外線から細胞や組織を守るために『メラノサイト』がメラニンを作り出し、周囲の細胞の核膜周囲にメラニンを配置(メラニンキャップ)することで、紫外線からの悪影響を抑えようとします(メラニンは天然の紫外線吸収剤) メラニンは「強力は抗酸化物質」でもあります。 詳細はまたの機会としますが、光老化の原因は「紫外線」であり、紫外線で老化する原因は「活性酸素」だといえます。 *基底細胞の酸化劣化:ターンオーバーの低下 *メラノサイトの酸化劣化:メラニンの異常分泌 *繊維芽細胞の酸化劣化:組織再生能の低下 *コラーゲン/エラスチンの酸化劣化:皮下沈着(分解阻害) これらにより「破壊と再生」によってなされる皮膚の代謝 「破壊出来ない組織と再生機能を失った細胞」では老化が促進するのは仕方のないことでしょう。 活性酸素を除去できるのは「抗酸化物質」です。 人体が作り出す抗酸化物質 *SOD *カタラーゼ *グルタチオン *メラニン 外部からの抗酸化物質 *ビタミンC *ビタミンE *CoQ10 *アスタキサンチン *各種フラボノイド など これら物質は「自らが酸化することによって、活性酸素に電子(水素)を与えることで還元する」というものです。 その中で「最も優秀な抗酸化物質」は『水素』といってもよいでしょう。 水素は『還元のための物質そのもの』です。 水溶性、脂溶性、タンパク、脂質などを選ばす還元します。 光老化部位を「水素還元」することは、露出部肌老化の80%を占める『光老化』を抑制する最良の方法であると考えています。 当院で行う「水素治療」を肌老化に行う場合は *水素点滴(血液から大量の水素を送り込む) *水素サプリ(内蔵で水素を発生させ、体内に送り込む) *水素バーム(皮膚に水素発生剤と塗布する) を使用します。 効果はそれぞれですが、1ヶ月目から効果を実感できるでしょう。 【治療に関するお問い合わせ】 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

加齢とともに『老化現象』として現れる関節の痛み(変形性関節症)は人間のQOLを低下させる大きな要因のひとつである。 以前「変形性関節症の軟骨壊死に活性窒素種(ONOO)が関与する」という論文をアップした。 活性窒素のひとつである「ペルオキシナノライト:ONOO」は細胞が発する「NO:一酸化窒素」と「SO:スーパーオキシド」の反応によって発生する。 これらの物質は生体を劣化させる悪性物質ではなく、血管拡張作用や免疫細胞の殺菌作用の元となる物質であり、生命維持には欠かせない物質である。 詳細は論文に譲るが、活性酸素/スーパーオキシド関連の論文を読んでいると、どのようなものでも『絶対悪』『絶対善』というものが存在しないのだということがよく解る。 ミトコンドリアから生成されるSOはミトコンドリアが作り出す酵素(SOD)を使って過酸化水素(H2O2)を生成し、それをカタラーゼによって水に変換している。 白血球などは *SOの生成量 *SOD量 *カタラーゼ量 などをコントロールすることによって、過酸化水素を増やし、細胞内で取込んだ細菌を殺菌している。 軟骨細胞の加齢性疾患である変形性関節症は *軟骨細胞のアポトーシスによる障害 *NO誘発性の障害 という説が存在したが、最近の研究では「NO誘発性である」という考えが主流となってきている。 何らかの原因でNOとSO、SOD、カタラーゼのバランスが変化し、過剰なペルオキシナノライト(活性窒素)が作られることによって、軟骨繊維芽細胞の機能障害と、軟骨組織の酸化劣化が進んだ結果であろうとしている。 (同様な論文が関節軟骨だけでなく、じん帯、関節包についても発表されている) 過飽和水素水を関節内に投与すると、長期的には *鎮痛作用 *抗炎症作用 *軟骨再生作用 を示すが、これは水素のペルオキシナノライト除去だけでなく、他の活性酸素種のバランスに影響するためなのかもしれない。 この論文においても「変形性関節症の進行に活性酸素の影響が大きい」としているが、生体の炎症反応に活性酸素が大きく作用している以上、当然の結果といえるであろう。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) Nitric oxide induced cell death in human osteoar