【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

細胞障害性活性酸素種 タグ

タグ"細胞障害性活性酸素種"

NASHは今後、日本における死亡原因として注目されており、その対策が叫ばれています。俗にいう『脂肪肝』は肝臓に過剰な脂肪滴が溜まった状態です。 この状態だけではこれといった問題ではありませんが、最近になって脂肪肝に「何らかの刺激」が加わることにより、 1:炎症が発動して肝炎 2:炎症後の繊維化によって肝硬変へと移行 という病態をNASHとし警戒している。 以前は「アルコール性肝炎」「ウィルス性肝炎」が『肝炎→肝硬変』への基礎疾患とされてきましたが、ここに『NASH』が加わり、世界的に見て「今後NASHによる肝硬変が急激に増加するであろう」と言われています。 脂肪肝→NASH→肝硬変への移行において、『NASHとなる原因』はまだハッキリしていませんが、この論文ではNASH移行の原因のひとつとして『活性酸素』をターゲットとしており、「脂肪肝からNASHへの重要な移行物質」と位置づけています。 そして、移行を促進する活性酸素(細胞障害性活性酸素種)を除去する優れた作用物質として分子状水素をあげ、今後の長期臨床介入試験へ進むとしています。 世界中の水素に関する論文が、水素の作用を 1:抗酸化 2:抗炎症 3:抗アレルギー と評していますが、抗炎症と抗アレルギー作用のベースには抗酸化作用が存在することが証明されつつあります。 人の「免疫-炎症システム」は「活性酸素」「サイトカイン」「NFκBなどの核内因子」などが複雑に絡み合い、そのバランスによって作用しています。 『自己(自己細胞)破壊をさせないレベルで免疫-炎症システムを維持する』というバランス論が重要であることが、これらの論文から読み取れます。 本題に戻るが、NASHの予防/治療には『過剰なエネルギー摂取を抑え、脂肪肝を改善する』であることを忘れてはならない。 生活習慣の改善なくして、病気の治療はあり得ないという典型であろう。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷) 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Multiple Hits, Including Oxidative Stress, as

本年6月に発表されたこの論文は、水素の効果に数々の効果に対する仮説として大変興味深い。 水素がヒドロキシラジカルを含む「細胞障害性活性酸素種」を除去できる優れた抗酸化物質であり、酸化劣化による多くの疾患予防/治療に役立つ。 それ以外に水素は「強い抗炎症作用」をもつため、 *皮膚への使用:アトピー性皮膚炎、各種皮膚炎 *関節への使用:関節炎、腱鞘炎、軟骨炎 といった炎症性疾患にも高い効果を示す。 当院でも *関節炎に対し「関節内注射」 *肩こり/腰痛に対し「筋肉内注射」 *皮膚炎に対し「外用薬」 として使用することによって、それらの炎症が想像以上に早く軽減することを経験するが、ここでひとつ疑問が生じる。 水素は活性酸素と反応することによってそれを除去するが、その「活性酸素発生源」を止めていなければ、炎症はすぐに再発するはずである。 ことろが、炎症に対する水素治療は想像以上に効果時間が長い。(数ヶ月経っても痛みが再発しない人も多い) これは「水素は活性酸素の発生源に対しても作用しているのではないか?」と想像される。 ここで活性酸素の発生について考えてみる。 活性酸素の大元の発生源は『ミトコンドリア』である。 酸素と脂肪/糖からエネルギーを作り出すミトコンドリアからは必ず少量の「スーパーオキシド:SO」という活性酸素が発生する。 このSOを「SOD」を使って「過酸化水素:H2O2」へと変換し、カタラーゼ/GSHを使って水へと変換している。 (SO+SOD→H2O2→H2O2+GSH→H2O) 何らかの原因で *SOの産生量が増加 *SOD量が低下 *カタラーゼ/GSH量が低下 を起こすと、処理しきれなかったSOやH2O2は「生体内金属:鉄、銅など」と反応し「悪性の活性酸素」を発生する。 この論文では水素が生体内金属イオンのリガンド(配位子)として働くことによって、各種反応系を制御しているのではないかというものである。 金属タンパクは水素の標的分子のひとつであり、「M-H2反応」に よって金属タンパクを制御している。 このことは、生体内に存在する各種金属(重金属なども含む)の悪影響を制御する可能性が高い。 ようるすに、活性酸素の発生源である「遊離鉄、銅、その他重金属」のリガンドとして水素が作用することにより、細胞障害性活性酸素種が精製されにくくなるのではないかというのだ。 このような仮説に基づく理論は臨床と見比べてゆく事によって多くの発見があるであろう。 今後も最新の論文を検討しつつ、臨床での結果と照らし合わせてゆこうと考える次第です。 http://www.medicalgasresearch.com/content/pdf/2045-9912-2-17.pdf www.medicalgasresearch.com