【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

発赤 タグ

タグ"発赤"

北海道大学整形外科から発表されている論文です。 「水素の抗炎症作用」について、最近になって数多くの論文が提出されています。 炎症は異物や細胞の破壊に対する免疫反応の下流反応です。 この炎症が過剰になっている場合、我々はその反応(発熱、発赤、疼痛、腫脹)に苦しむこととなります。 とはいえ、炎症を完全に抑え込んでしまうことは、治癒行程を妨げる行為に等しいため、炎症に対する治療は「バランスを取る/適度な炎症にとどめる」ということが重要であろうと考えます。 ステロイドや免疫抑制剤が『諸刃の件』と呼ばれるのは、炎症の自覚症状を抑える(解熱、鎮痛、腫脹軽減など)作用は喜ばれるため、安易に使用しがちですが、その反面「免疫と治癒反応を抑制してしまう」という部分が副作用となって現れるからです。 人によって「なぜ免疫が適度で済む人」と「免疫が過剰となる人」「免疫が低すぎる人」が存在するのかは、いまだに謎です。 この論文では、その一因として『活性酸素』を重要なファクターとしてあげ、水素がそれを除去することによって炎症反応の過剰化を抑制している可能性を示唆しています。 これは、他の多くの論文にもありますが、現在免疫反応のドミノには多くの物質が機能していることが解っています。 論文中の図にあるように特に ・TNFα ・NFκB ・インターロイキン(1、6) ・Nox から続く ・アラキドン酸カスケード(炎症物質の産生) ・MMP3(コラーゲン/軟骨を破壊する酵素) への橋渡しを『活性酸素:特にヒドロキシラジカル』が担っていることが解ってきています。 ステロイドや免疫抑制剤が、免疫の中枢部位を抑制してしまうことを考えれば、水素の抑制部位は『橋渡し部位』であり、免疫自体を抑制してしまうことにないことは、副作用のない治療である理由のひとつかもしれません。 論文では、自己免疫疾患などで炎症反応が過剰となってしまうシステムを『ROSループ』と表しています。 当院の治療においても、水素の治療はステロイドなどとは違い『直後に炎症反応を完全に止めてしまう』『薬理作用が消えると自覚症状が戻ってくる』というものではなく *症状は徐々に軽くなる *治療の継続によって症状が出難くなる というイメージです。 なぜこのような治癒過程をたどるのかはまだ不明ですが、今後新しい見解が続々と見つかるものと考えています。 水素治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Molecular hydrogen: new antioxidant and anti-

身体を細胞の劣化を促進する5大要因 *酸化 *糖化 *炎症 *毒 *栄養障害 これらのうち、初期から自覚症状を伴う可能性が高いのが炎症です。 「アトピー」「喘息」「関節炎」といった苦痛の強い症状の多くは炎症によるものですが、炎症には「無自覚の炎症反応」というものがあります。 これらを含め『炎症とは何か?』について書いてみます。「炎症」とは本来「自己を守るシステム」です。 生命は *非自己 *機能障害を起こした自己 を排除し、完璧な状態に保とうとします。 この「非自己と障害を起こした自己」を排除するシステムが『免疫システム』であり、それに伴って発生する化学反応が『炎症』です。 「免疫と炎症について簡単に教えて欲しい」とよく言われますが、私は『外敵と防衛』のお話に例えます。 例えば、自身の身体を「鎖国している日本国」としましょう。 この国は外部からの侵入を「消化管と呼吸器」に限定していますが、そこには外部からの数々の外敵が接触してきます。 それらを国内侵入前に発見し、除去することが免疫の最初の目的です。 免疫の大部分が消化管と呼吸器に存在する理由はここにあります。 港(消化管粘膜と呼吸器粘膜)は入り込もうとする悪の巣窟。 また、国内においても悪い奴はいます。 また、税関を突破して侵入してくるものもいます。 これらに対する『防衛軍と警察』が免疫だと考えて下さい。 日本の警察も自衛隊も、何もなければおとなしくしています。 しかし、悪い奴には毅然と対処します。 問題はその対処方法であり、それが『炎症反応』です。 障害が小さければ、警察官の対応は「口頭注意」程度でしょう。 しかし、人体に及ぼす影響が大きいと判断すると、それに対する対応は口頭ではすまず、逮捕まで視野に入れたり、時には発砲となります。 さらに障害が大きくなれば警察では対応できず、自衛隊の出動となります。そうなれば、そこに発生する炎症は警察とは比べ物にならないくらい大きなものとなるでしょう。 間違ってはならないのは、悪いのは炎症でもその原因である免疫でもなく『その原因』です。 もしくは「過剰防衛」にも似た『小さな障害に対する過剰な炎症反応』です。 炎症は辛い症状(発熱、発赤、腫脹、疼痛)を伴うため、多くの場合それを嫌います。 また、炎症は「免疫の先に起こる現象」ではありますが、あまりに大きくなると、自分自身すら破壊してしまうため、それを抑える治療が必要となります。 また、小さな炎症とはいえ、それが『慢性的に継続する炎症:くすぶり炎症』はボディブローのように小さな障害を細胞に与えるため、長期的には問題となります。 いずれにしても、「抗炎症」は *根本:免疫を発動する原因への対処 *対症:トラブルとのバランスを見ながらなるべく少ない炎症 という2段構えの対応が必要だと考えます。 異論反論を巻き起こす『ステロイド治療』は、最も有効な対症療法と言えますが *その原因を追究せずに使用するステロイド *免疫まで抑えてしまうステロイド使用 が問題となっていまる。 当院でも「抗炎症治療」は大きな軸の治療です。 「薬物を使用せず、炎症の根本を抑制する」というのは理想的な治療であり、そこへの努力は必要です。 しかし、多くの人は『辛い自覚症状』に耐えきれず、根本療法から脱落する場合が多いのです。 個人的には *根本療法:感染、毒、アレルギーなどへの対応 *対症療法:消炎鎮痛剤、水素、ステロイド のバランスであり、その中でも『極力ステロイドには頼らない』という考えが大切であると考えています。 とはいえ、「抗炎症治療:症状を和らげる治療」に頼り切ってはなりません。 抗炎症治療に頼りすぎると、いずれその効果は破綻し、根本の治療を忘れ、徐々に抗炎症治療が強力になり、ステロイドの慢性的治療へと発展しやすくなります。 その中での『水素』は治療に加えることによって炎症を抑える大きな力となります。 いずれにしても、抗炎症治療の本質は『炎症の原因を見つけ、除去する』という部分にある事は間違いありません。 *各種アレルギー検査 *重金属検査 *腸内細菌検査 *歯科/口腔外科領域の検査 これら『免疫/炎症システム発動の温床』を徹底的に調べ、その原因を除去する努力が根本療法への近道であると考えています。 遅延型食物アレルギー物質を一定期間除去したり、重金属群を除去することによって「アトピー」や「リウマチ」の自覚症状が大きく軽減した方も大勢いらっしゃいます。 治療には本人の努力(除去する)が重要になりますが、効果の高い治療ですので、一度トライしてみる価値はあるかと思います。 各種検査/治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷) 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp facebook.com