Weiss Architecture Studio

Quis autem vel eum iure reprehenderit qui in ea voluptate velit esse quam nihil molestiae lorem.

水素注射 Tag

Posts tagged "水素注射"

スマホ症候群とは、長時間『スマートフォンなどの携帯情報端末』を操作し続けることにより起こす *眼精疲労、ドライアイなどの眼の症状 *肩こりや首凝り、手のしびれなどの頸椎症状 *腱鞘炎による肘や手指の痛みの上腕症状 を総称して呼ばれます。ITの普及に伴い、情報端末の操作機器としてVDT(Visual Display Terminals)が広く普及し、厚生労働省は平成14年に『VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン』を作成し、健康被害に対する注意を喚起しています。 しかし十数年前にはここまで携帯情報端末が普及することは予測しておらず「携帯情報端末については、長時間のVDT作業に使用することはできる限り避けることが望ましい」とだけ記載されています。 最近では、超精細ディスプレイの登場により、文字の判別が困難なほど極小の文字も表示されるようになり、画面を覗き込むような姿勢が強いられています。 顔を画面に近づけて覗き込む姿勢をとると、頚椎の生理的前彎が消失し、いわゆる『ストレートネック』の状態となるので『後頭部の筋緊張性頭痛/肩こり/頸こりなど』を起こしやすくなります。 海外でも『smartphone syndrome』として話題になっています。 この症状は、今までの「肩こり」とは少々違っているようです。 以前の症状は、浅層の筋肉(僧帽筋など)を中心として症状が中心でしたが、こちらは『頭部〜上位頸椎をつなぐ深部筋』の症状が強いようです。 これらの治療には *内服:消炎鎮痛剤、筋弛緩剤など *外用:湿布、クリーム剤 *リハビリ/マッサージ *注射:トリガーポイント、ブロック注射など などが中心となりますが、それぞれ一長一短があり、高い効果を示すとは言いがたい状況です。 当院で行う「水素治療」でも、ここ最近は「水素注射:筋肉注射」の希望者が大変増えています。 今までも患部への注射療法は整形外科や麻酔/ペインクリニックで行われていますが、多くの場合は「鎮痛剤+麻酔+ステロイド」という組合せです。 水素はこれらの薬剤と違い、副作用なく鎮痛効果を示すことと、治療効果が徐々に長くなってゆくという特徴があります。(その理由については現在検証中です) スマホ症候群については、今後爆発的に増加する危険性があり、若年者での増加も問題視されています。 その使用方法を含めて社会レベルで検討する必要があるのかもしれません。 <水素注射に関するお問い合わせ> 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

水素の作用は「抗酸化」を中心として「抗炎症」「抗アレルギー」「遺伝子刺激」が研究のテーマとなりつつあります。 その中で「抗炎症」は自覚症状を急激に軽減し、体感に優れるため、その作用が大変解りやすい治療といえます。 当院においても「肩こり」「首こり/寝違え」「腰痛」「関節痛:肩/膝/股関節など」において効果を発揮しており、ほとんどの肩が治療後に痛みの軽減を実感されます。 では、なぜ水素が痛みを軽減するのでしょうか?痛みは何らかの刺激に端を発し、その後数多くの「サイトカイン:細胞間情報伝達物質」が連鎖的に反応し、「COX:酵素」によって「炎症性物質」が放出され、炎症が発揮され、それを知覚神経が感知することによります。 この仕組みには、まだまだ不明な点が多く、現在多くのメディエーターが発見されています。一般的な鎮痛治療と言えば「麻酔」「消炎鎮痛剤」「ステロイド」が三本柱です。 麻酔は炎症反応自体を変化させるのではなく「単に痛みを感じなくする」というものですが、それほと長時間作用するものではありません。 ステロイドや消炎鎮痛剤の多くは炎症を伝達するCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素を抑制することによって、サイトカインの反応が炎症性物質放出に伝達されないようにします。 水素はこれらとは全く違う働きによって消炎鎮痛作用を発揮しているようです。 簡単にいうと、炎症はサイトカイン→COX→炎症性物質の流れによって発生していますが、そこには増幅作用のようなものがあり、ここに活性酸素が大きく関係しているようです。 炎症を意図的に継続させなければならない場合や、慢性炎症が起こる理由は、根本的には解っていませんが、ここに活性酸素が大きく関わることは間違いありません。 炎症(活性酸素の発生)のない部位では「何も感じない」のですが、水素を患部(筋肉、関節内など)に投与すると「鈍痛→温感」に続いて痛みが急激に軽減します。 これは大変興味深い現象で、当院では「患部の発見」に利用しています。(炎症の根本部位でない場合は、何も感じません) 最も頼もしいのは副作用が今のところ存在しないところです。 多くの場合、炎症を抑制すると同時に「免疫抑制」「内分泌抑制」といった作用を持ち合わすため、消炎鎮痛系の薬物には多くの副作用が存在しますが、水素はそれらを引き起こすサイトカイン/COX/メディエーターには直接作用しないためであろうと考えられています。 投与方法や投与量、投与部位などによってその作用は大きく変化しますが、その鎮痛作用の力はどんどん強くなってきています。 今後も世界の研究結果と照らし合わせながら、改良してゆきたいと思います。 その他水素注射についてのお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

どういうわけか、「水素」に関する問い合わせが急に増えました。 とくに「どこに効くの?」「どういう作用?」「体感は?」という問い合わせですので、簡単にまとめておきます。 現在、日本医大を中心として、世界中の研究室で「水素の作用/効果」が研究されており、想像以上の効果を示しています。 水素の効果として研究されているのは *抗酸化作用 *抗炎症作用 *抗アレルギー作用 が中心です。 抗炎症作用や抗アレルギー作用、その他の作用も、突き詰めると「抗酸化作用」によるものが大きいため、その作用の中心は「強力な抗酸化作用」といっても良いのかもしれません。 老化や疾患と活性酸素の関係を調べてゆくと、図のようになります。 詳細はさておき、我々が酸素を利用して生きている以上、それによる酸化現象は避けることができません。 そのため生体には、様々な抗酸化作用、活性酸素発生制御機構が備わっています。 とくに「エネルギー産生場であるミトコンドリア」からは大量の活性酸素(生体の排気ガス)が発生します。 この活性酸素を除去するシステム(抗酸化酵素遺伝子)が存在し、SOD、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼといった抗酸化酵素を生み出すことによって、発生する活性酸素を除去(水に還元)しています。 また、皮下に存在する酸素や水に紫外線が当たって生まれる「一重項酸素」を抑えるために、メラニンが存在したりします。 補完代替医療/オーソモレキュラー医療などで利用される *抗酸化ビタミン群:ビタミンCなど *フラボノイド群:カテキン、ルテイン、アスタキサンチンなど は各成分の抗酸化作用によるものが大きいと思われます。 各抗酸化物質にはそれぞれ *効果を示す活性酸素種 *効果を示す臓器(組織移行性の違い) といった特徴があります。これが「◯◯は◯◯に効果がある」という理由かもしれません。 本題である『水素が優れている理由』は *抗酸化力が強力 *低分子かつ気体であるため、組織移行性がよい *悪玉活性酸素をすべて除去できる *反応後に水となる(酸化物質が残らない) *副作用が考えにくい です。 多くの抗酸化物質がもる *移行しにくい部位がある(特に脳神経系) *反応できる活性酸素種が決まっている *反応後に「酸化物質」となる という好ましくない反応を、水素は持たないのです。 このため、専門科を選ばず、多くの疾患治療/予防の研究対象となっています。 最も多い質問として「効果は?」「体感は?」がありますが、こう考えると良いと思います。 効果を感じるということは「体感できる悪い状態がある」ということになります。 「頭痛がないのに頭痛薬を飲んでも体感しない」ということです。 程度にもよりますが、重い疾患をお持ちの方は、その場で自覚症状があります。 また、老化や慢性疾患というものは、その疾患自体が体感しにくいものです。 高血圧、高脂血症、高コレステロール血症、糖尿病は相当悪化しなければ体感(自覚症状)はありませんし、癌も初期には全く症状はありません。 小さな脳梗塞も全く自覚症状がないことがほとんどです。 図にあるように、水素は「老化や慢性疾患の根源」に作用する物質です。 その自覚症状を「対症的に覆い隠す」のではなく、その根本である *DNAの酸化劣化 *細胞内小器官(とくにミトコンドリア)の酸化劣化 *細胞膜の酸化劣化 *組織の酸化劣化 を改善することによる作用です。 よって「その効果を実感するためにはある程度の治療期間を必要とする」と思ってください。 当院では *水素注射/点滴 *水素サプリメント *水素ガス吸入 *水素クリーム(軟膏) を使って治療を行っています。 ほとんどの方は1ヶ月程度で「何らかの改善」を感じる方が多いです。(少なくとも3ヶ月後には自覚的改善があります) 各治療法の組合せは、 *自覚症状 *目的 *活性酸素量 *疾患 などによって変わりますので、ご希望の方はクリニックまでご連絡いただければと思います。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp *診療は予約制となっております

「水素注射/水素点滴」についてご質問があったので、こちらにも記載しておきます。 最近になって『水素水』という名前を聞くようになってきましたが、つい「水素は気体である」ということを忘れてしまいがちです。 水素治療は「気体である水素の『抗酸化力』『抗炎症力』を利用する治療」であり、水素水の「水」は「単なるキャリア:水素を運ぶトラック」です。 水素水とは正確には『水の中に水素ガスを溶存(溶け込ませた)もの』のことです。 よって水素水の効果は「その水の中に『どれだけの水素ガス』が含まれているか?」が大変重要になります。 「水の中に溶存している水素ガスの量」は「溶存水素量」として表すことが出来、『◯ppm:1ppm=0.0001%』と表示されます。 1気圧下での溶存水素濃度限界は「1.6ppm程度」と言われますから、最も優秀な水素水で『0.00016%の水素が溶けた水』ということになります。 水以外に水素を取込む物質を『水素吸蔵物』と言い、多くは『水素吸蔵合金』という金属(ミネラル)です。 水素吸蔵合金の多くが『1%〜13%(多いものだとそれ以上)の水素を吸蔵する物質』です。 よって水は『それ程多くの水素を抱き込む物質ではない』という結論になります。 ただし、水素水(水素を抱き込んだ水)のメリットは『その用途』です。 飲料だけでなく「注射/点滴」として利用できますし、キャリアが「単なる水」なので「キャリアの作用」を考える必要がありません。 水素を利用した治療について 「水素水を飲んでいるが効果を実感しないのですが」 「どのくらいで効果が出るのでしょうか」 「自宅での水素水でも同じ効果でしょうか」 といったご質問をいただきます。 これらのご質問に対する回答として *水素は気体である *水素の作用(効果)はそこに含まれる気体の量による *「時間あたり水素量」と「総水素量」で効果が違う ということになります。 治療としての水素利用に関しては *治療目的 *治療部位 *疾患の種類(特に急性/慢性) *患者の抗酸化能力 などを考慮に入れた上で *水素水点滴 *水素水注射(関節内、筋肉内、皮下など) *水素ガス吸入 *水素吸蔵物カプセル(内服) *水素吸蔵物含有軟膏(外用) を組み合わせて治療します。 当然「治療目的」ですので、健康増進目的の水素水などに比べて『大量の水素ガスを含む水、物質、または水素ガス』を利用しますので、作用は大変強く、効果も想像以上に即効性のあるものです。 以上、ご質問に対するご回答とさせていただきます。 医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)