【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

抗炎症 タグ

タグ"抗炎症"

人体に対する水素の作用概要が見えはじめ、その作用は「抗酸化作用」を軸とし、それに伴う『抗炎症/抗アレルギー』であろうとなってきました。 この「抗炎症/抗アレルギー作用」は『サイトカイン』をコントロールするところによります。 サイトカインとはひとことで言えば「細胞同士の連絡システム」といってよいでしょう。 中枢からはホルモンや神経伝達によって細胞に指令が出されますが、末梢の細胞同士は、サイトカインという分泌タンパク質を使って連絡を取り合っています。 サイトカインは大きく *インターロイキン *インターフェロン *TNF *CSF *成長因子(GF) などがありますが、これらは中枢からの命令以外に、「末梢での免疫/炎症反応」によっても各細胞から分泌されます。 その免疫/炎症反応に活性酸素が大きく関与するため、水素がこれらサイトカイン分泌に影響を与えるようです。 話を本題に戻すと、水素ががん細胞に与える影響については、このサイトカイン制御作用が大きく関わるようです。 この論文では『VEGF:血管内皮増殖因子』というサイトカイン(成長因子)が関与するようです。 腫瘍細胞は、正常細胞と比較して「早い成長スピード+大量の栄養(糖)消費」が特徴です。 その大量の栄養を腫瘍細胞に送り続けるためには、通常組織以上の血管網が必要となります。 腫瘍組織からはVEGFが分泌され、腫瘍周囲には無数の毛細血管が構築されているのはそのためです。 この論文では、水素が「腫瘍細胞からのVEGFをコントロールし、毛細血管の増殖を抑制することによって腫瘍増殖を抑制している」としています。 他の論文では、この作用は腫瘍細胞に限られ、正常細胞には作用しないとしており、その理由として考えられるのは「異常な分泌を抑制するのであって、正常分泌を抑制するものでない」という考えが正解ではないかと思います。 http://0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw/pubmed/19192719 http://0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw/pubmed/21448340 その後、多くの論文が提出されてきていますが、これまでの論文を読み解く限り、水素のガンに対する作用は『がん細胞(腫瘍)の増殖抑制』と考えて良いと思います。 また、「水素が放射線治療や抗がん剤治療の副作用を抑制し、その効果の妨げにはならない」という論文も発表されており、他の治療との併用に関しても興味深いところではあります。 ガン治療には「ガンを完全に叩く(身体から消し去る)」という考えと「ガンと共存する(増殖を抑制し、暴走を抑える)」という考え方があります。 個人的には、多くの疾患がそうであるように、「病気とうまく付き合ってゆく」という考えもよいのではないかと考えます。 <水素治療に関するお問い合わせ> 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Inhibitory effect of electrolyzed reduced wa

水素の作用は「抗酸化」を中心として「抗炎症」「抗アレルギー」「遺伝子刺激」が研究のテーマとなりつつあります。 その中で「抗炎症」は自覚症状を急激に軽減し、体感に優れるため、その作用が大変解りやすい治療といえます。 当院においても「肩こり」「首こり/寝違え」「腰痛」「関節痛:肩/膝/股関節など」において効果を発揮しており、ほとんどの肩が治療後に痛みの軽減を実感されます。 では、なぜ水素が痛みを軽減するのでしょうか?痛みは何らかの刺激に端を発し、その後数多くの「サイトカイン:細胞間情報伝達物質」が連鎖的に反応し、「COX:酵素」によって「炎症性物質」が放出され、炎症が発揮され、それを知覚神経が感知することによります。 この仕組みには、まだまだ不明な点が多く、現在多くのメディエーターが発見されています。一般的な鎮痛治療と言えば「麻酔」「消炎鎮痛剤」「ステロイド」が三本柱です。 麻酔は炎症反応自体を変化させるのではなく「単に痛みを感じなくする」というものですが、それほと長時間作用するものではありません。 ステロイドや消炎鎮痛剤の多くは炎症を伝達するCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素を抑制することによって、サイトカインの反応が炎症性物質放出に伝達されないようにします。 水素はこれらとは全く違う働きによって消炎鎮痛作用を発揮しているようです。 簡単にいうと、炎症はサイトカイン→COX→炎症性物質の流れによって発生していますが、そこには増幅作用のようなものがあり、ここに活性酸素が大きく関係しているようです。 炎症を意図的に継続させなければならない場合や、慢性炎症が起こる理由は、根本的には解っていませんが、ここに活性酸素が大きく関わることは間違いありません。 炎症(活性酸素の発生)のない部位では「何も感じない」のですが、水素を患部(筋肉、関節内など)に投与すると「鈍痛→温感」に続いて痛みが急激に軽減します。 これは大変興味深い現象で、当院では「患部の発見」に利用しています。(炎症の根本部位でない場合は、何も感じません) 最も頼もしいのは副作用が今のところ存在しないところです。 多くの場合、炎症を抑制すると同時に「免疫抑制」「内分泌抑制」といった作用を持ち合わすため、消炎鎮痛系の薬物には多くの副作用が存在しますが、水素はそれらを引き起こすサイトカイン/COX/メディエーターには直接作用しないためであろうと考えられています。 投与方法や投与量、投与部位などによってその作用は大きく変化しますが、その鎮痛作用の力はどんどん強くなってきています。 今後も世界の研究結果と照らし合わせながら、改良してゆきたいと思います。 その他水素注射についてのお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

多くの研究によって、水素の効果は *抗酸化作用 *抗炎症/抗アレルギー作用 *遺伝子発現作用 *成長ホルモン分泌刺激作用(アンチエイジング作用) まで広がってきました。 今後、さらに多くの作用が発見されることに期待しています。 【経口水素水の新しい作用機序】 今年の水素医学シンポジウムでも話題となっていた内容を、今一度取り上げてみます。 この論文は「水素水を飲む事によって神経保護物質であるグレリンが分泌される」というものです。 この論文の重要性は、水素のもうひとつの作用に迫っているからです。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Oral+‘hydrogen+water’+induces+neuroprotective+ghrelin+secretion+in+mice. 水素がパーキンソン病やアルツハイマー病といった疾患の症状を改善したり、神経細胞の保護作用があることが解っています。 しかし、どういうわけか、パーキンソン病の原因部位である黒質線条体の水素濃度は上昇していないのです。 このことから「水素の作用は間接的なのでは?」という仮説が生まれました。 そのターゲットは『グレリン』というホルモン物質。 グレリンは、胃粘膜に大量に存在していながら、つい最近までその存在意義が解っていなかった『X/A-like cell』から分泌されることが解りました。 本来グレリンは『空腹刺激』によってX/A-like cellから分泌されるのですが(やはり空腹は身体によいということですね)、水素内服によって、このグレリン分泌が起こる事がわかりました。 胃から分泌されたグレリンは、色々な作用を持つ事が解っていますが、今回注目したのが『成長ホルモン分泌促進作用』です。 成長ホルモンは下垂体から分泌されるホルモンで、代謝や細胞/組織成長に重要なホルモンであるため、最近では『アンチエイジングの主役』として注目されています。 アンチエイジング医療では『成長ホルモン補充療法」として、健康産業では『加圧トレーニングによる成長ホルモン増強』として多くの方が知ることでしょう。 水素は、これらとは違うアプローチ『グレリン増強によって成長ホルモンの分泌を促進する』という方法をとります。 1:水素内服 2:グレリン上昇 3:GH(成長ホルモン)増加 4:IGF-1増加 成長ホルモンは神経細胞の保護/リペア作用が強力であり、これがこのホルモンの「アンチエイジング効果」の主役と言ってよいでしょう。 とはいえ、このホルモンは大変高価であり、簡単には投与できません。また、加圧トレーニングによって、筋肉からIGF-1の形で分泌刺激することができますが、高齢者となれば、トレーニング自体が困難です。 のこるは『空腹刺激』と『水素内服』によって胃からのグレリン分泌を刺激するという方法です。 当院においても、水素投与によって血中成長ホルモン/IGF-1が増加することが解っており、今後どのように変化するのかを追跡調査する予定です。 水素投与によって「肌が若々しくなった」「筋肉が疲れ難くなった」」「頭がすっきりした」という声をよく聞きますが、この効果が単に『抗酸化作用』『抗炎症作用』というわけではなく『成長ホルモン分泌促進作用』が主であるかもしれません。 今後は *水素投与量と成長ホルモン分泌量の関係 *水素投与のタイミングとホルモン分泌 などの検討が必要であると考えています。 水素治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp

これは、当院においても注目している効果のひとつです。 水素の作用は大きく「抗酸化」「抗炎症」「抗アレルギー」作用と言われます。これは分離した機能と考えるべきでなく「活性酸素と免疫、それに続く炎症が深く関連している」ということを示唆しています。 この研究では「アトピー性皮膚炎モデル」に対し、水素がどのように作用するのかを調べています。 「アレルギー/炎症」の発動は免疫システムにおける「アクセルとブレーキ」が何らかの原因によってアンバランスとなり、過剰な反応となっている状態と言えるでしょう。 そこには炎症誘発物質であるTNFαやサイトカインが深く関与しています。 サイトカインも、免疫の中心となるリンパ球の種類によって、産生する物質が違い、 *Th1細胞(細胞性免疫):INF-γ、IL-2、IL-12p70 *Th2細胞(液性免疫):IL-4、IL-5、IL-10 のようになっている。 この実験では、アトピー性皮膚炎モデルに対し、「水素水」と「精製水」を投与し、血漿中の炎症性物質の変化の違いを調べています。 その結果、水素水投与群は、精製水群にくらべて優位に低下させ、Th1,Th2のバランスを調整していることが解りました。 これは、消炎鎮痛剤やステロイドとは少し違う作用機序であり、とりあえず症状を軽減するという速攻性は低いが、根本的なレベルで疾患を改善している可能性と一致します。 これは他の疾患(アレルギー/自己免疫/慢性炎症性疾患)にもいえることであり、長期的に見れば、副作用なく症状を軽減する可能性が多いにあると考えられます。 当院においても、多くのアレルギー/自己免疫疾患/関節炎に対し水素治療を施していますが、ステロイドとは違う効果の出方を感じます。 水素の投与法についても *内服:水素水、水素カプセル *注射:点滴、静脈注射、皮下注射、関節内注射 *外用:クリーム、軟膏 *吸入 といった方法の組合せ方によって、治療効果に影響を与える可能性も高いように思います。 イメージでは、いくつかの投与方法を組合せ、「6~12ヶ月の治療期間」を継続できれば、期待以上の治療効果を発揮するように思います。 そしてなにより「これといった副作用がいまだ存在しない」という部分が、優れた部分であると感じます。 水素治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp The Drinking Effect of Hydrogen Water on Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae

メタボリックシンドロームは単なる肥満ではなく、『内蔵脂肪の増加に伴う肥満、インスリン抵抗性、高血圧、異脂肪症等を含む、心臓代謝危険因子を有することを特徴とする症候群』とされます。最近の研究により、その原因として「酸化ストレスとそれに伴う炎症(脂肪細胞の炎症)」が証明されつつあります。この論文(オープンパイロットスタディ)では、『0.55~0.65mMの水素水』を1.5~2ℓ/日:8週間飲んでいただき、各種検査を行ったところ *生体SOD酵素:39%上昇 *TBARS(活性酸素によって生成する物質):43%減少 *HDLコレステロール(善玉):8%上昇 *総コレステロール/HDL比:13%減少 といった改善効果を認めました。 体重や血糖値といった「食事制限を必要とするデータ」に変化はありませんでした。 これは、摂取カロリーや糖質量の増加だけでなく「巨大化した脂肪細胞から分泌される炎症メディエーターや活性酸素を原因とする問題」に対して、有効性を認めたということです。 メタボリックシンドローム治療の本質は「食事制限:糖質と動物性脂肪/ω6脂肪酸を減らす」であることは間違いありません。 しかし、それによって炎症サイクルに入り込んだ状態を、水素によって改善することが、体脂肪(特に内蔵脂肪)を減らしやすくするという論文も存在します。 「食事制限+抗酸化+抗炎症」が「メタボ:肥満に伴う炎症性疾患」の治療の本質であり、それに水素(水素の抗酸化・抗炎症作用)が有効ということです。 水素治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp Effectiveness of Hydrogen Rich Water on Antioxidant Status of Subjects with Potential Metabolic

身体を細胞の劣化を促進する5大要因 *酸化 *糖化 *炎症 *毒 *栄養障害 これらのうち、初期から自覚症状を伴う可能性が高いのが炎症です。 「アトピー」「喘息」「関節炎」といった苦痛の強い症状の多くは炎症によるものですが、炎症には「無自覚の炎症反応」というものがあります。 これらを含め『炎症とは何か?』について書いてみます。「炎症」とは本来「自己を守るシステム」です。 生命は *非自己 *機能障害を起こした自己 を排除し、完璧な状態に保とうとします。 この「非自己と障害を起こした自己」を排除するシステムが『免疫システム』であり、それに伴って発生する化学反応が『炎症』です。 「免疫と炎症について簡単に教えて欲しい」とよく言われますが、私は『外敵と防衛』のお話に例えます。 例えば、自身の身体を「鎖国している日本国」としましょう。 この国は外部からの侵入を「消化管と呼吸器」に限定していますが、そこには外部からの数々の外敵が接触してきます。 それらを国内侵入前に発見し、除去することが免疫の最初の目的です。 免疫の大部分が消化管と呼吸器に存在する理由はここにあります。 港(消化管粘膜と呼吸器粘膜)は入り込もうとする悪の巣窟。 また、国内においても悪い奴はいます。 また、税関を突破して侵入してくるものもいます。 これらに対する『防衛軍と警察』が免疫だと考えて下さい。 日本の警察も自衛隊も、何もなければおとなしくしています。 しかし、悪い奴には毅然と対処します。 問題はその対処方法であり、それが『炎症反応』です。 障害が小さければ、警察官の対応は「口頭注意」程度でしょう。 しかし、人体に及ぼす影響が大きいと判断すると、それに対する対応は口頭ではすまず、逮捕まで視野に入れたり、時には発砲となります。 さらに障害が大きくなれば警察では対応できず、自衛隊の出動となります。そうなれば、そこに発生する炎症は警察とは比べ物にならないくらい大きなものとなるでしょう。 間違ってはならないのは、悪いのは炎症でもその原因である免疫でもなく『その原因』です。 もしくは「過剰防衛」にも似た『小さな障害に対する過剰な炎症反応』です。 炎症は辛い症状(発熱、発赤、腫脹、疼痛)を伴うため、多くの場合それを嫌います。 また、炎症は「免疫の先に起こる現象」ではありますが、あまりに大きくなると、自分自身すら破壊してしまうため、それを抑える治療が必要となります。 また、小さな炎症とはいえ、それが『慢性的に継続する炎症:くすぶり炎症』はボディブローのように小さな障害を細胞に与えるため、長期的には問題となります。 いずれにしても、「抗炎症」は *根本:免疫を発動する原因への対処 *対症:トラブルとのバランスを見ながらなるべく少ない炎症 という2段構えの対応が必要だと考えます。 異論反論を巻き起こす『ステロイド治療』は、最も有効な対症療法と言えますが *その原因を追究せずに使用するステロイド *免疫まで抑えてしまうステロイド使用 が問題となっていまる。 当院でも「抗炎症治療」は大きな軸の治療です。 「薬物を使用せず、炎症の根本を抑制する」というのは理想的な治療であり、そこへの努力は必要です。 しかし、多くの人は『辛い自覚症状』に耐えきれず、根本療法から脱落する場合が多いのです。 個人的には *根本療法:感染、毒、アレルギーなどへの対応 *対症療法:消炎鎮痛剤、水素、ステロイド のバランスであり、その中でも『極力ステロイドには頼らない』という考えが大切であると考えています。 とはいえ、「抗炎症治療:症状を和らげる治療」に頼り切ってはなりません。 抗炎症治療に頼りすぎると、いずれその効果は破綻し、根本の治療を忘れ、徐々に抗炎症治療が強力になり、ステロイドの慢性的治療へと発展しやすくなります。 その中での『水素』は治療に加えることによって炎症を抑える大きな力となります。 いずれにしても、抗炎症治療の本質は『炎症の原因を見つけ、除去する』という部分にある事は間違いありません。 *各種アレルギー検査 *重金属検査 *腸内細菌検査 *歯科/口腔外科領域の検査 これら『免疫/炎症システム発動の温床』を徹底的に調べ、その原因を除去する努力が根本療法への近道であると考えています。 遅延型食物アレルギー物質を一定期間除去したり、重金属群を除去することによって「アトピー」や「リウマチ」の自覚症状が大きく軽減した方も大勢いらっしゃいます。 治療には本人の努力(除去する)が重要になりますが、効果の高い治療ですので、一度トライしてみる価値はあるかと思います。 各種検査/治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷) 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp facebook.com

免疫反応は、身体を脅かす外部からの侵入物を排除するシステムです。 本来、免疫の対症となるのは「菌/ウィルス」では *吸入物:花粉など *食物:アレルギー物質など も免疫のターゲットとなっています。 免疫システムが発動すると、排除すべき物質との間に「炎症反応」は発生し、それが我々が不快に感じる『炎症の4徴候:発赤、発熱、腫脹、疼痛』を引き起こします。 一定量の炎症反応は、生命を脅かす外来物の排除に必須ですが、強力過ぎる炎症反応は「炎症そのものが自分自身を脅かす」ことになりかねません。 そのため、我々には本来「炎症の量を調節するシステム」が備わっています。 しかし、現代人の多くは、この『炎症の調節システム』が破綻し、過剰な炎症反応によってのトラブルを持つ人が増えています。 そこに『活性酸素』が大きく絡むことは以前お話したと思いますが、JSTからもこれに関する記事が出されていました。 水素は免疫のターゲットを除去しているのではなく、免疫そのものを抑えているのでもなく、炎症反応を完全に停止してしまうものでもありません。 身体に害を及ぼす物質の排除を邪魔することなく、必要な炎症反応を抑えることなく、『自滅する程の炎症レベルを抑える』と考えるべきでしょう。 当院でも「水素療法(Hydrogen therapy)』は原因除去療法との併用、その他の消炎鎮痛治療との併用療法だと考えています。 【原因除去】 *食物アレルギーの除去 *重金属の除去 *慢性感染症の除去 *その他の原因除去 【抗炎症/炎症低減】 *水素療法(ここに入ります) *プラセンタ療法 *消炎鎮痛剤(強い炎症に対し一時的に利用します) *ナチュラルステロイド(上記で抑えられない場合) 水素の利用は、現在使用中の消炎鎮痛剤/ステロイドの使用を中止できたり、使用量を少なくすることができます。 根本治療が成功するまでの対症療法は「なるべく副作用のない方法で」というのが「水素療法の本当の目的」なのです。 水素による『炎症低減治療』は、各種炎症性疾患/ステロイド治療中の疾患に効果があります。 「気管支ぜんそく」「アトピー性皮膚炎」「慢性関節リウマチ」「各種膠原病」「その他ステロイド療法の疾患」 水素療法に関するお問い合わせ/診療予約は下記まで 医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷) 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp 活性酸素が炎症・アレルギー反応を活性化する新たな仕組みの発見 感染防御(自然免疫システム)における新たな細胞内分子機構 www.jst.go.jp 平成17年 4月28日 東京都千代田区四番町5−3 科学技術振興機構(JST) 電話(03)5214-8404(総務部広報室)URL http://www.jst.go.jp

加齢とともに『老化現象』として現れる関節の痛み(変形性関節症)は人間のQOLを低下させる大きな要因のひとつである。 以前「変形性関節症の軟骨壊死に活性窒素種(ONOO)が関与する」という論文をアップした。 活性窒素のひとつである「ペルオキシナノライト:ONOO」は細胞が発する「NO:一酸化窒素」と「SO:スーパーオキシド」の反応によって発生する。 これらの物質は生体を劣化させる悪性物質ではなく、血管拡張作用や免疫細胞の殺菌作用の元となる物質であり、生命維持には欠かせない物質である。 詳細は論文に譲るが、活性酸素/スーパーオキシド関連の論文を読んでいると、どのようなものでも『絶対悪』『絶対善』というものが存在しないのだということがよく解る。 ミトコンドリアから生成されるSOはミトコンドリアが作り出す酵素(SOD)を使って過酸化水素(H2O2)を生成し、それをカタラーゼによって水に変換している。 白血球などは *SOの生成量 *SOD量 *カタラーゼ量 などをコントロールすることによって、過酸化水素を増やし、細胞内で取込んだ細菌を殺菌している。 軟骨細胞の加齢性疾患である変形性関節症は *軟骨細胞のアポトーシスによる障害 *NO誘発性の障害 という説が存在したが、最近の研究では「NO誘発性である」という考えが主流となってきている。 何らかの原因でNOとSO、SOD、カタラーゼのバランスが変化し、過剰なペルオキシナノライト(活性窒素)が作られることによって、軟骨繊維芽細胞の機能障害と、軟骨組織の酸化劣化が進んだ結果であろうとしている。 (同様な論文が関節軟骨だけでなく、じん帯、関節包についても発表されている) 過飽和水素水を関節内に投与すると、長期的には *鎮痛作用 *抗炎症作用 *軟骨再生作用 を示すが、これは水素のペルオキシナノライト除去だけでなく、他の活性酸素種のバランスに影響するためなのかもしれない。 この論文においても「変形性関節症の進行に活性酸素の影響が大きい」としているが、生体の炎症反応に活性酸素が大きく作用している以上、当然の結果といえるであろう。 医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町) Nitric oxide induced cell death in human osteoar