Weiss Architecture Studio

Quis autem vel eum iure reprehenderit qui in ea voluptate velit esse quam nihil molestiae lorem.

人工関節手術 Tag

Posts tagged "人工関節手術"

日本における「関節炎」の総患者数は120万人といわれ *外来受診率:5位 *65歳以上の有病率:2位 *人工関節手術件数:膝:7万件/年、股関節:4万件/年 *要介護原因の20%(骨折と合わせて) となっています。 これは「命を奪う疾患」ではなく「活動を奪う疾患」です。変形性関節症の原因は大きく *生物学的要因:軟骨組織の変性と軟骨細胞死 *遺伝学的要因 *力学的要因:物理的不可による摩耗/変形 と考えられ、これらが複合的に加わることで発生すると考えられています。 予防的治療として重要視されているのが「生物学的要因」で 1:軟骨変性を止める 2:軟骨細胞を保護/維持する が重要となってきます。 この原因として、最近注目を浴びているのが「活性酸素」です。 活性酸素は細胞が活動するうえで、必ず作られてしまいますが、加齢とともにその産生量が増加します。 変形性関節症の患者は、血管拡張物質である『NO:一酸化窒素』が関節内に増加していることが解っています。 このNOと細胞活動と加齢で増加した『SO:スーパーオキシド』が結合すると「ONOO:ペルオキシナノライト」という悪玉活性酸素が作られます。 また、加齢によって増加したSOの処理が追いつかず、関節内の重金属と反応して作られる『OH・:ヒドロキシラジカル』も増加します。 これら二つの活性酸素は、 *軟骨細胞の破壊 *軟骨組織の変性 *炎症反応の増強 といった関節の劣化の中心となる現象を引き起こします。 最近になって世界中で発表される論文では、変形性関節症の治療/予防のターゲットとして「活性酸素」をあげ、その抗酸化戦略が関節疾患の進行を食い止める可能性を示唆しています。 (各種論文はあどでご紹介します) 水素は「ヒドロキシラジカル/ペルオキシナノライトを共に除去できる抗酸化物質」です。 当院においても、長期的な水素の投与(内服/点滴/関節内注射)が「変形性関節症」や「慢性関節リウマチ」の間接障害(痛み)に有効である症例が増加しており、その投与方法についても、さらなる効果を上げるために研究が必要だと感じています。 変形性関節症に対する水素治療のお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 理事長 辻直樹 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp