【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

ビタミンC タグ

タグ"ビタミンC"

「ガンに対する『高濃度ビタミンC点滴+水素点滴併用療法』の効果について」 当院では以前より癌治療として *高濃度ビタミンC点滴療法 を行ってきましたが、それに『飽和水素点滴療法』を併用することを始めています。 これらの治療はそれぞれ作用機序が違います。 【高濃度ビタミンC点滴療法】 これは「一定量を越えたビタミンCは活性酸素発生物質となる」という作用を利用した治療です。 高濃度に投与されたビタミンCは、細胞に取込まれると大量の「スーパーオキシド」「過酸化水素」を発生します。 正常細胞ではミトコンドリアが正常であるために、これら活性酸素を「SOD」「カタラーゼ」によって除去できますが、がん細胞はミトコンドリア機能不全のために抗酸化酵素を産生できず、ビタミンCによって発生した活性酸素によって死滅します。 よって、高濃度ビタミンCは「活性酸素を利用した抗がん剤」と考えてもよいでしょう。 正常細胞がこれら活性酸素を除去できるとはいえ、この細胞の抗酸化能力に依存していることは間違いなく、正常細胞の抗酸化能力が低下した状態であれば、正常細胞とはいえ「活性酸素による弊害:酸化劣化」は避けられません。 【高濃度水素水点滴療法】 これは「水素の高い抗酸化力」を利用した治療法です。 がんに対する水素の作用は「正常細胞(リンパ球など)の酸化劣化を抑制」することによって、免疫力を高めることを目的としています。 その他、水素による「がん細胞アポトーシス誘導作用」などが考えられています。 また、がん細胞の周囲に存在する正常細胞がガン化する仕組みとして「酸欠」「酸化劣化」がありますが、これを水素が除去することによって「正常細胞のガン化(がん細胞への変異)」を抑制します。 この2つの治療を併用することによって *ビタミンCの「活性酸素発生による抗がん作用」 *水素の「抗酸化による正常細胞活性化作用」 を目的としています。 投与方法は *1:水素点滴→2:高濃度ビタミンC点滴 *1:高濃度ビタミンC点滴→2:水素点滴 の二通りありますが、治療を受ける患者さんの感覚が大きく違うようです。 1:の場合、ビタミンC点滴後に『がん組織周囲の痛み』を感じるようです。 2:の場合、ビタミンC点滴後の痛みが、水素投与後に軽減するという方がほとんどです。 ビタミンCにより、がん細胞が死滅していることを考えれば、「1」のほうが有効である可能性がありますが、 *ビタミンC点滴中にがん細胞が死滅している *点滴後の水素によって正常細胞内に発生する活性酸素が除去できる という利点を考えれば、「先にビタミンC、後で水素」という投与方法も有効なのではと考えています。 また、この併用療法では『ビタミンC点滴療法の効果増幅作用』があるように思います。 この作用については各種論文にあるように多くの学説があります。 *正常リンパ球の活性化作用 *がん細胞の増殖(ガン細胞化)抑制作用 などが中心のように考えています。

当院で行っている水素水を使った治療について『どういう治療があるのですか?』『水素をどのように治療に使うのですか?』というご質問が多くよせられるので、ここにも記載しておきます。(HPは現在作成中です) 多くの人が知るようになった『水素』『水素水』という言葉ですが、水素の医学利用は当院の顧問でもある日本医大の太田教授が2007年に雑誌『Nature』に発表した論文に端を発します。 多くの疾患原因を探る中、カラダのエネルギー工場であるミトコンドリアから、どうしても発生してしまう『活性酸素』がDNA、細胞、組織を破壊し、それによる機能障害/イレギュラーが数々の疾患を引き起こすことが解ってきました。 以前より、活性酸素が病気や老化の原因であることは考えられており、それが「ビタミンC」「フラボノイド」といった抗酸化物質が病気の予防/治療に有効だとされてきました。 水素は数ある抗酸化物質の中で『最も優秀な抗酸化物質』ということがわかり、それが治療として使われ始めたのは極最近のことです。 水素は本来『ガス』であるため、これを吸入する治療法が模索されましたが、現在はその治療に加え『他の物質に水素ガスをとけ込ます/吸蔵する』という方法によって、いろいろな使用法が生まれました。 現在、治療として使われるのは 【水に溶け込ます:水素水】 *水素水を飲む *水素水点滴 *水素水注射(関節注射、筋肉注射、皮下注射) *水素水バス(入浴剤) 【水素を物質で包む:水素吸蔵合金】 *内服:体内で水素を発生させる *外用:水素を皮膚上で発生させる 【水素ガスそのもの】 *吸入 というバリエーションがあります。 なぜこのような幾つもの投与方法があるかというと、水素は優れた抗酸化物質であり、体内の悪玉活性酸素を強力に除去してしまうのですが、体内では至る所で活性酸素が発生しているため、『最も近くにある活性酸素』と瞬時に反応してしまいます。 そのため、 *投与部位から目的部位(障害部位)までの距離が遠い *目的部位(障害部位)の血流が悪い *目的部位(障害部位)に届きにくい(深いなど) といった理由によって、『肝心の患部に水素が届く前に消費されてしまう』というデメリットがあるようです。 そのため、臨床的には『目的部位(障害部位)により近く投与する』という方法が模索され始めました。 例えば *関節の痛み:関節注射 *筋肉の痛み:筋肉注射 *皮膚のトラブル:外用 *血管のトラブル:点滴 *血管の多い場所のトラブル(脳神経、がんなど):点滴 となります。 また、活性酸素は体内で絶えず発生しているため、抗酸化物質には『継続的な投与』が求められます。 それには *絶えず投与し続ける という方法以外に *体内で発生させる という方法が考えられ、これが『吸蔵体の摂取』という考えにつながりました。 吸蔵体は、その物質内部に『水素を抱き込んだ物質」であり、多くは「それが水と反応することによって内部の水素を放出する」というものです。 吸蔵体にはいくつかありますが、当院で使用するのは日本医大太田教授が研究されている『水素吸蔵マグネシウム』というものです。 これは他の吸蔵体に比べて *吸蔵量が多い *体内に無害 という部分で優れている物質です。 このように、水素の優れた抗酸化力を治療に生かそうと始まった『水素治療』ですが、最近は *水素の遺伝子修復作用 *水素のタンパク修復作用 *水素のミトコンドリア再生作用 といった「抗酸化では説明できない作用」にも注目が集まってきています。 今後、多くのエビデンスが発表されてくるでしょう。 具体的に、当院で行っている「水素治療」は *水素点滴:がん、パーキンソン病、動脈硬化、脳梗塞などへ *水素関節注射:リウマチ、五十肩、変形性関節症などへ *水素筋肉注射:肩こり、腰痛、神経痛、むちうちなどへ が中心です。 *保険対象外の治療ですが、疾患治療を目的としているため、医療費控除の対象となります。(詳しくはクリニックスタッフまで) 治療をご希望の方は下記までご連絡(電話、メール)にてご連絡ください。 医療法人社団 医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8階 (四谷) 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp