【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

グレリン タグ

タグ"グレリン"

多くの研究によって、水素の効果は *抗酸化作用 *抗炎症/抗アレルギー作用 *遺伝子発現作用 *成長ホルモン分泌刺激作用(アンチエイジング作用) まで広がってきました。 今後、さらに多くの作用が発見されることに期待しています。 【経口水素水の新しい作用機序】 今年の水素医学シンポジウムでも話題となっていた内容を、今一度取り上げてみます。 この論文は「水素水を飲む事によって神経保護物質であるグレリンが分泌される」というものです。 この論文の重要性は、水素のもうひとつの作用に迫っているからです。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Oral+‘hydrogen+water’+induces+neuroprotective+ghrelin+secretion+in+mice. 水素がパーキンソン病やアルツハイマー病といった疾患の症状を改善したり、神経細胞の保護作用があることが解っています。 しかし、どういうわけか、パーキンソン病の原因部位である黒質線条体の水素濃度は上昇していないのです。 このことから「水素の作用は間接的なのでは?」という仮説が生まれました。 そのターゲットは『グレリン』というホルモン物質。 グレリンは、胃粘膜に大量に存在していながら、つい最近までその存在意義が解っていなかった『X/A-like cell』から分泌されることが解りました。 本来グレリンは『空腹刺激』によってX/A-like cellから分泌されるのですが(やはり空腹は身体によいということですね)、水素内服によって、このグレリン分泌が起こる事がわかりました。 胃から分泌されたグレリンは、色々な作用を持つ事が解っていますが、今回注目したのが『成長ホルモン分泌促進作用』です。 成長ホルモンは下垂体から分泌されるホルモンで、代謝や細胞/組織成長に重要なホルモンであるため、最近では『アンチエイジングの主役』として注目されています。 アンチエイジング医療では『成長ホルモン補充療法」として、健康産業では『加圧トレーニングによる成長ホルモン増強』として多くの方が知ることでしょう。 水素は、これらとは違うアプローチ『グレリン増強によって成長ホルモンの分泌を促進する』という方法をとります。 1:水素内服 2:グレリン上昇 3:GH(成長ホルモン)増加 4:IGF-1増加 成長ホルモンは神経細胞の保護/リペア作用が強力であり、これがこのホルモンの「アンチエイジング効果」の主役と言ってよいでしょう。 とはいえ、このホルモンは大変高価であり、簡単には投与できません。また、加圧トレーニングによって、筋肉からIGF-1の形で分泌刺激することができますが、高齢者となれば、トレーニング自体が困難です。 のこるは『空腹刺激』と『水素内服』によって胃からのグレリン分泌を刺激するという方法です。 当院においても、水素投与によって血中成長ホルモン/IGF-1が増加することが解っており、今後どのように変化するのかを追跡調査する予定です。 水素投与によって「肌が若々しくなった」「筋肉が疲れ難くなった」」「頭がすっきりした」という声をよく聞きますが、この効果が単に『抗酸化作用』『抗炎症作用』というわけではなく『成長ホルモン分泌促進作用』が主であるかもしれません。 今後は *水素投与量と成長ホルモン分泌量の関係 *水素投与のタイミングとホルモン分泌 などの検討が必要であると考えています。 水素治療に関するお問い合わせ 医療法人社団医献会 辻クリニック 東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F 03-3221-2551 info@tsuji-c.jp