【公式】辻クリニック

人の細胞は絶えず
「Re-Birth:生まれ変わり」をしている

クローン病 タグ

タグ"クローン病"

ちょっと難しく思える【NFκB】についてWikipediaが判りやすく説明しているので拝借します。 中にあるように、NFκBは *ストレスやサイトカイン、紫外線等の刺激により活性化される *免疫反応において中心的役割を果たす転写因子の一つ *急性および慢性炎症反応や細胞増殖、アポトーシスなどの数多くの生理現象に関与 でありNFκB活性制御の不良は *クローン病や関節リウマチなどの炎症性疾患 *癌 *敗血症性ショック などの原因となる。また、悪性腫瘍ではNF-κBの恒常的活性化が認められる。 さらにサイトメガロウイルス (CMV) やヒト免疫不全ウイルス (HIV) の増殖にも関与している。 水素の可能性がここでも広がることが理解できます。 NF-κB - Wikipedia ja.wikipedia.org NF-κB(エヌエフ・カッパー・ビー、核内因子κB、nuclear factor-kappa B)は転写因子として働くタンパク質複合体である。NFκBは1986年にノーベル生理学医学賞受賞者であるデビッド・ボルティモアらにより発見された。免疫グロブリンκ鎖遺伝子のエンハンサー領域に結合するタンパク質として発見され、当初はB細胞に特異的なものと考えられていたが、後に動物のほとんど全ての細胞に発現していることが明らかとなった。高等生物に限らずショウジョウバエやウニなどの無脊椎動物の細胞においてもNF-κBが発現している。 facebook.com