投稿

イギリスBBCでの『高濃度ビタミンC点滴がガンを抑える』というニュースをうけて

イギリスBBCニュースでの放映は、衝撃的なものでした。
これを受けて、高濃度ビタミンC点滴の効果に対する「作用機序とエビデンス」について。この治療法は以外にも歴史が長く1970年代です。
ライナスポーリング博士によって発表された論文が発端ではありますが、その後長きにわたり「効くはずがない」「まやかしだ」という非難の的となってきました。
その間、この『副作用がほとんんどなく、薬剤を使わない治療法』の作用機序の解明とエビデンスの構築に心血を注いできた研究者は沢山います。(我々のボスである柳澤先生もその一人)ビタミンCの作用を『?』としていた最大の原因は「血中濃度によって作用が違う」という部分です。
ビタミンCは「低濃度では抗酸化物質」「高濃度では酸化物質(活性酸素の発生源)」となります。

加えて、ビタミンCは口から大量に摂取しても『酸化物質の濃度まで血中に入らない:大量摂取は排泄される』ということも問題を大きくしました。(経口ビタミンCで同様の結果にならなかったことが、ビタミンC無効の論文となった)
ようするに『点滴大量投与による、血中濃度の上昇が重要』ということでした。
(ビタミンCの作用というよりも『高濃度の生体内ビタミンCの作用』ということです)

点滴によって大量に投与されたビタミンCは、細胞内に取込まれると、ミトコンドリアなどに大量に存在する『鉄』と反応し『過酸化水素(H2O2):オキシドールとして知られる』を発生します。

過酸化水素は、免疫細胞が細菌などを取込んで殺菌する際にも利用する酸化物質で、これをガン細胞内で大量に産生させることによってがん細胞を『酸化』させ死滅させます。

同様の反応は正常細胞においても発揮されますが、正常細胞には『カタラーゼ』という抗酸化酵素が過酸化水素を水に変換するために、酸化障害を起こしません。
これが「高濃度ビタミンCが、がん細胞に作用し、正常細胞に障害を与えない理由」です。

当院で、高濃度ビタミンCをはじめて6年になります。
治療開始当初から考えれば、このような報道がなされることは、大いなる進歩であると言えるでしょう。
高濃度ビタミンC点滴投与の作用が、試験管内、細胞実験、生体実験などによって証明され、エビデンスが整ってくれば、ガンに対する『古くて新しい治療法』として多くの臨床医に認知されることとなるはずです。

医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 【イギリスBBCでの『高濃度ビタミンC点滴がガンを抑える』というニュースをうけて】http://www.bbc.co.uk/news/health-26038460</p><br />
<p>イギリスBBCニュースでの放映は、衝撃的なものでした。<br /><br />
これを受けて、高濃度ビタミンC点滴の効果に対する「作用機序とエビデンス」について。</p><br />
<p>この治療法は以外にも歴史が長く1970年代です。<br /><br />
ライナスポーリング博士によって発表された論文が発端ではありますが、その後長きにわたり「効くはずがない」「まやかしだ」という非難の的となってきました。<br /><br />
その間、この『副作用がほとんんどなく、薬剤を使わない治療法』の作用機序の解明とエビデンスの構築に心血を注いできた研究者は沢山います。(我々のボスである柳澤先生もその一人)</p><br />
<p>ビタミンCの作用を『?』としていた最大の原因は「血中濃度によって作用が違う」という部分です。<br /><br />
ビタミンCは「低濃度では抗酸化物質」「高濃度では酸化物質(活性酸素の発生源)」となります。</p><br />
<p>加えて、ビタミンCは口から大量に摂取しても『酸化物質の濃度まで血中に入らない:大量摂取は排泄される』ということも問題を大きくしました。(経口ビタミンCで同様の結果にならなかったことが、ビタミンC無効の論文となった)<br /><br />
ようするに『点滴大量投与による、血中濃度の上昇が重要』ということでした。<br /><br />
(ビタミンCの作用というよりも『高濃度の生体内ビタミンCの作用』ということです)</p><br />
<p>点滴によって大量に投与されたビタミンCは、細胞内に取込まれると、ミトコンドリアなどに大量に存在する『鉄』と反応し『過酸化水素(H2O2):オキシドールとして知られる』を発生します。</p><br />
<p>過酸化水素は、免疫細胞が細菌などを取込んで殺菌する際にも利用する酸化物質で、これをガン細胞内で大量に産生させることによってがん細胞を『酸化』させ死滅させます。</p><br />
<p>同様の反応は正常細胞においても発揮されますが、正常細胞には『カタラーゼ』という抗酸化酵素が過酸化水素を水に変換するために、酸化障害を起こしません。<br /><br />
これが「高濃度ビタミンCが、がん細胞に作用し、正常細胞に障害を与えない理由」です。</p><br />
<p>当院で、高濃度ビタミンCをはじめて6年になります。<br /><br />
治療開始当初から考えれば、このような報道がなされることは、大いなる進歩であると言えるでしょう。<br /><br />
高濃度ビタミンC点滴投与の作用が、試験管内、細胞実験、生体実験などによって証明され、エビデンスが整ってくれば、ガンに対する『古くて新しい治療法』として多くの臨床医に認知されることとなるはずです。</p><br />
<p>医療法人社団医献会 辻クリニック<br /><br />
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F<br /><br />
03-3221-2551<br /><br />
info@tsuji-c.jp

一定量を越えたビタミンCは活性酸素発生物質となる

「ガンに対する『高濃度ビタミンC点滴+水素点滴併用療法』の効果について」

当院では以前より癌治療として
*高濃度ビタミンC点滴療法
を行ってきましたが、それに『飽和水素点滴療法』を併用することを始めています。

これらの治療はそれぞれ作用機序が違います。
【高濃度ビタミンC点滴療法】
これは「一定量を越えたビタミンCは活性酸素発生物質となる」という作用を利用した治療です。
高濃度に投与されたビタミンCは、細胞に取込まれると大量の「スーパーオキシド」「過酸化水素」を発生します。
正常細胞ではミトコンドリアが正常であるために、これら活性酸素を「SOD」「カタラーゼ」によって除去できますが、がん細胞はミトコンドリア機能不全のために抗酸化酵素を産生できず、ビタミンCによって発生した活性酸素によって死滅します。
よって、高濃度ビタミンCは「活性酸素を利用した抗がん剤」と考えてもよいでしょう。

正常細胞がこれら活性酸素を除去できるとはいえ、この細胞の抗酸化能力に依存していることは間違いなく、正常細胞の抗酸化能力が低下した状態であれば、正常細胞とはいえ「活性酸素による弊害:酸化劣化」は避けられません。

【高濃度水素水点滴療法】
これは「水素の高い抗酸化力」を利用した治療法です。
がんに対する水素の作用は「正常細胞(リンパ球など)の酸化劣化を抑制」することによって、免疫力を高めることを目的としています。
その他、水素による「がん細胞アポトーシス誘導作用」などが考えられています。
また、がん細胞の周囲に存在する正常細胞がガン化する仕組みとして「酸欠」「酸化劣化」がありますが、これを水素が除去することによって「正常細胞のガン化(がん細胞への変異)」を抑制します。

この2つの治療を併用することによって
*ビタミンCの「活性酸素発生による抗がん作用」
*水素の「抗酸化による正常細胞活性化作用」
を目的としています。

投与方法は
*1:水素点滴→2:高濃度ビタミンC点滴
*1:高濃度ビタミンC点滴→2:水素点滴
の二通りありますが、治療を受ける患者さんの感覚が大きく違うようです。

1:の場合、ビタミンC点滴後に『がん組織周囲の痛み』を感じるようです。
2:の場合、ビタミンC点滴後の痛みが、水素投与後に軽減するという方がほとんどです。

ビタミンCにより、がん細胞が死滅していることを考えれば、「1」のほうが有効である可能性がありますが、
*ビタミンC点滴中にがん細胞が死滅している
*点滴後の水素によって正常細胞内に発生する活性酸素が除去できる
という利点を考えれば、「先にビタミンC、後で水素」という投与方法も有効なのではと考えています。

また、この併用療法では『ビタミンC点滴療法の効果増幅作用』があるように思います。
この作用については各種論文にあるように多くの学説があります。
*正常リンパ球の活性化作用
*がん細胞の増殖(ガン細胞化)抑制作用
などが中心のように考えています。

写真: 「ガンに対する『高濃度ビタミンC点滴+水素点滴併用療法』の効果について」

当院では以前より癌治療として
*高濃度ビタミンC点滴療法
を行ってきましたが、それに『飽和水素点滴療法』を併用することを始めています。

これらの治療はそれぞれ作用機序が違います。
【高濃度ビタミンC点滴療法】
これは「一定量を越えたビタミンCは活性酸素発生物質となる」という作用を利用した治療です。
高濃度に投与されたビタミンCは、細胞に取込まれると大量の「スーパーオキシド」「過酸化水素」を発生します。
正常細胞ではミトコンドリアが正常であるために、これら活性酸素を「SOD」「カタラーゼ」によって除去できますが、がん細胞はミトコンドリア機能不全のために抗酸化酵素を産生できず、ビタミンCによって発生した活性酸素によって死滅します。
よって、高濃度ビタミンCは「活性酸素を利用した抗がん剤」と考えてもよいでしょう。

正常細胞がこれら活性酸素を除去できるとはいえ、この細胞の抗酸化能力に依存していることは間違いなく、正常細胞の抗酸化能力が低下した状態であれば、正常細胞とはいえ「活性酸素による弊害:酸化劣化」は避けられません。

【高濃度水素水点滴療法】
これは「水素の高い抗酸化力」を利用した治療法です。
がんに対する水素の作用は「正常細胞(リンパ球など)の酸化劣化を抑制」することによって、免疫力を高めることを目的としています。
その他、水素による「がん細胞アポトーシス誘導作用」などが考えられています。
また、がん細胞の周囲に存在する正常細胞がガン化する仕組みとして「酸欠」「酸化劣化」がありますが、これを水素が除去することによって「正常細胞のガン化(がん細胞への変異)」を抑制します。

この2つの治療を併用することによって
*ビタミンCの「活性酸素発生による抗がん作用」
*水素の「抗酸化による正常細胞活性化作用」
を目的としています。

投与方法は
*1:水素点滴→2:高濃度ビタミンC点滴
*1:高濃度ビタミンC点滴→2:水素点滴
の二通りありますが、治療を受ける患者さんの感覚が大きく違うようです。

1:の場合、ビタミンC点滴後に『がん組織周囲の痛み』を感じるようです。
2:の場合、ビタミンC点滴後の痛みが、水素投与後に軽減するという方がほとんどです。

ビタミンCにより、がん細胞が死滅していることを考えれば、「1」のほうが有効である可能性がありますが、
*ビタミンC点滴中にがん細胞が死滅している
*点滴後の水素によって正常細胞内に発生する活性酸素が除去できる
という利点を考えれば、「先にビタミンC、後で水素」という投与方法も有効なのではと考えています。

また、この併用療法では『ビタミンC点滴療法の効果増幅作用』があるように思います。
この作用については各種論文にあるように多くの学説があります。
*正常リンパ球の活性化作用
*がん細胞の増殖(ガン細胞化)抑制作用
などが中心のように考えています。