投稿

痛みの増幅と活性酸素:なぜ痛みは強くなる?

京都府立医大から出されているこの論文は、「痛みの感知」に関する大変興味深い論文です。
この論文では、痛みの感知閾値と活性酸素には大きな関連があることを示しています。活性酸素の発生源は外部からを除き
*ミトコンドリアがエネルギーを作る際の発生(約2%)
*NOX遺伝子による発生
が主です。
とくにNOX遺伝子発現によるスーパーオキシドの発生は、目的(殺菌など)を持った発生であると考えられていたが、それだけではないことが解ってきた。
NOX遺伝子は『NADPHオキシダーゼ』を作るための遺伝子で、細胞内エネルギー物質であるNADPHから電子を抜き取り、スーパーオキシドを作り出します。
NOXには数種のファミリーが存在しますが、そのうち『NOX1』をノックアウトすると
*熱/機械的刺激による侵襲受容体反応には変化なし
*熱/機械的痛覚過敏反応は大幅に減弱
となった。

知覚神経は身体を防御するために必須の神経ですが、これが過剰な状態(いわゆる痛み閾値の低下)は慢性的な痛みや継続する痛みの治療を妨げ、不快な症状をもたらします。

当院では1年前より『水素局所注射』を行っていますが、この作用/効果は
*麻酔のように痛みが瞬時に消えるものではない
*つねったりした痛みには変化がない
*徐々に痛みが引いてゆく
*痛みが消えるというより不快でなくなる/強くなる感じ
と訴える方が多い。

この他、多くの『痛みと活性酸素』に関する論文が存在するが、どれも「痛み閾値の改善」賭する物が多いが、当院での治療結果に一致する。

ある程度、根気を必要とする治療ではあるが、慢性痛に対し消炎鎮痛剤/ステロイドを使用し続けることを考えれば、副作用の可能性が限りなく小さい水素の利用は、慢性的な痛みの治療に対し、大きな力となると考えています。

肩こり/腰痛等に対する水素治療のお問い合わせ

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

『寝違え/むち打ち』『四十肩』『腰痛/ぎっくり腰』『膝関節痛』『リウマチ』などの痛みに対し、当院では『飽和水素水の筋肉注射/関節注射』による鎮痛治療を行っています。

その鎮痛作用/メカニズムについて簡単にお書きします。

図にあるように、痛みは『何らかのトリガー(引き金)』によって活性酸素が発動し、そこから
【ROS→NFκB→COX2→PG→炎症反応】という生体内化学反応によって炎症が生まれます。

炎症とは【痛み・発熱・腫脹(はれ)・発赤】を伴う生体内反応で、生体防御に伴ってどうしても出現してしまうものです。

この炎症反応を止めるために
*COXを止める→消炎鎮痛剤
*NFκBを止める→ステロイド
が利用されますが、これらにはそれぞれ副作用が存在します。

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

よってこの治療の利点は
*反応初期段階に作用するので治療効果が高い
*治療効果が早い(即効性)
*生理活性物質であるため副作用がない
*活性酸素と反応すると水に変わってしまう
という部分です。

また、世界中で発表される論文や、当院で治療を続ける慢性関節リウマチの治療経過を観察すると、単なる鎮痛作用だけでなく
*組織再生作用
*細胞再生作用
*DNA修復作用
などが存在することが解ってきました。

まだまだ新しい治療であるため認知されていませんが、慢性的な痛みに対する新しい治療法として「ステロイド/鎮痛剤に変わる治療」になると考えています。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 『寝違え/むち打ち』『四十肩』『腰痛/ぎっくり腰』『膝関節痛』『リウマチ』などの痛みに対し、当院では『飽和水素水の筋肉注射/関節注射』による鎮痛治療を行っています。

その鎮痛作用/メカニズムについて簡単にお書きします。

図にあるように、痛みは『何らかのトリガー(引き金)』によって活性酸素が発動し、そこから
【ROS→NFκB→COX2→PG→炎症反応】という生体内化学反応によって炎症が生まれます。

炎症とは【痛み・発熱・腫脹(はれ)・発赤】を伴う生体内反応で、生体防御に伴ってどうしても出現してしまうものです。

この炎症反応を止めるために
*COXを止める→消炎鎮痛剤
*NFκBを止める→ステロイド
が利用されますが、これらにはそれぞれ副作用が存在します。

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

よってこの治療の利点は
*反応初期段階に作用するので治療効果が高い
*治療効果が早い(即効性)
*生理活性物質であるため副作用がない
*活性酸素と反応すると水に変わってしまう
という部分です。

また、世界中で発表される論文や、当院で治療を続ける慢性関節リウマチの治療経過を観察すると、単なる鎮痛作用だけでなく
*組織再生作用
*細胞再生作用
*DNA修復作用
などが存在することが解ってきました。

まだまだ新しい治療であるため認知されていませんが、慢性的な痛みに対する新しい治療法として「ステロイド/鎮痛剤に変わる治療」になると考えています。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

【水素/水素水を使った治療法の解説】

当院で行っている水素水を使った治療について『どういう治療があるのですか?』『水素をどのように治療に使うのですか?』というご質問が多くよせられるので、ここにも記載しておきます。(HPは現在作成中です)

多くの人が知るようになった『水素』『水素水』という言葉ですが、水素の医学利用は当院の顧問でもある日本医大の太田教授が2007年に雑誌『Nature』に発表した論文に端を発します。

多くの疾患原因を探る中、カラダのエネルギー工場であるミトコンドリアから、どうしても発生してしまう『活性酸素』がDNA、細胞、組織を破壊し、それによる機能障害/イレギュラーが数々の疾患を引き起こすことが解ってきました。

以前より、活性酸素が病気や老化の原因であることは考えられており、それが「ビタミンC」「フラボノイド」といった抗酸化物質が病気の予防/治療に有効だとされてきました。

水素は数ある抗酸化物質の中で『最も優秀な抗酸化物質』ということがわかり、それが治療として使われ始めたのは極最近のことです

水素は本来『ガス』であるため、これを吸入する治療法が模索されましたが、現在はその治療に加え『他の物質に水素ガスをとけ込ます/吸蔵する』という方法によって、いろいろな使用法が生まれました。

現在、治療として使われるのは
【水に溶け込ます:水素水】
*水素水を飲む
*水素水点滴
*水素水注射(関節注射、筋肉注射、皮下注射)
*水素水バス(入浴剤)
【水素を物質で包む:水素吸蔵合金】
*内服:体内で水素を発生させる
*外用:水素を皮膚上で発生させる
【水素ガスそのもの】
*吸入
というバリエーションがあります。

なぜこのような幾つもの投与方法があるかというと、水素は優れた抗酸化物質であり、体内の悪玉活性酸素を強力に除去してしまうのですが、体内では至る所で活性酸素が発生しているため、『最も近くにある活性酸素』と瞬時に反応してしまいます。

そのため、
*投与部位から目的部位(障害部位)までの距離が遠い
*目的部位(障害部位)の血流が悪い
*目的部位(障害部位)に届きにくい(深いなど)
といった理由によって、『肝心の患部に水素が届く前に消費されてしまう』というデメリットがあるようです。

そのため、臨床的には『目的部位(障害部位)により近く投与する』という方法が模索され始めました。

例えば
*関節の痛み:関節注射
*筋肉の痛み:筋肉注射
*皮膚のトラブル:外用
*血管のトラブル:点滴
*血管の多い場所のトラブル(脳神経、がんなど):点滴
となります。

また、活性酸素は体内で絶えず発生しているため、抗酸化物質には『継続的な投与』が求められます。
それには
*絶えず投与し続ける
という方法以外に
*体内で発生させる
という方法が考えられ、これが『吸蔵体の摂取』という考えにつながりました。

吸蔵体は、その物質内部に『水素を抱き込んだ物質」であり、多くは「それが水と反応することによって内部の水素を放出する」というものです。

吸蔵体にはいくつかありますが、当院で使用するのは日本医大太田教授が研究されている『水素吸蔵マグネシウム』というものです。

これは他の吸蔵体に比べて
*吸蔵量が多い
*体内に無害
という部分で優れている物質です。

このように、水素の優れた抗酸化力を治療に生かそうと始まった『水素治療』ですが、最近は
*水素の遺伝子修復作用
*水素のタンパク修復作用
*水素のミトコンドリア再生作用
といった「抗酸化では説明できない作用」にも注目が集まってきています。

今後、多くのエビデンスが発表されてくるでしょう。

具体的に、当院で行っている「水素治療」は
*水素点滴:がん、パーキンソン病、動脈硬化、脳梗塞などへ
*水素関節注射:リウマチ、五十肩、変形性関節症などへ
*水素筋肉注射:肩こり、腰痛、神経痛、むちうちなどへ
が中心です。

*保険対象外の治療ですが、疾患治療を目的としているため、医療費控除の対象となります。(詳しくはクリニックスタッフまで)

治療をご希望の方は下記までご連絡(電話、メール)にてご連絡ください。

医療法人社団 医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8階 (四谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp