投稿

糖とアルコールによる老化:糖化とAGEs

【糖とアルコールによる老化:糖化とAGEs】
細胞と身体を老化させる原因『酸化』『糖化』『炎症』『毒』『栄養障害』
このうち「最も生活習慣が関与し、それを改めることによって改善出来る老化現象」が『糖化劣化』です。
そして糖化劣化の主役は『AGEs:最終糖化産物』と呼ばれる「糖とアミノ酸が結合し変性した物質」です。糖化劣化の現象は主に
*硬化:硬くなる
*褐色化:茶色くなる
*変性:正常なタンパクでなくなる
*活性酸素の発生
です。
これによって、細胞は機能が衰え、組織は劣化してゆきます。

糖化劣化の障害を引き起こすAGEsは今まで『過剰な糖によって作られる』と考えられていましたが、それだけではない事が解ってきました。

以前より「血糖値をコントロールしているのに、合併症が悪化する」「血糖値の無関係の合併症の悪化」が指摘されてきました。

当院でも『AGEリーダー』という皮下のAGEs量を計測する検査の結果が「糖質の摂取をコントロールしているのに、AGEsの検査結果が悪くなる」というやる気を削ぐ結果をたびたび見つけます。

この原因のひとつに『アルコールによるAGEs増加』があります。

アルコールからのAGEsは『AA-AGE:アセトアルデヒド由来AGE』というもので、糖からのAGEとは作られ方も化学構造も違います。

どちらもAGEとしての基本的作用は変わらないため、AGEsリーダーで計測されるのです。

*アルコールによる神経変性
*糖尿病患者のアルコールによるコントロール不全
*アルコール性肝障害
そのたアルコールが細胞や組織を劣化させる原因のひとつに、この『AA-AGEsによる組織と細胞の糖化劣化』があるようです。

アルコールの解毒は、主に肝臓によって行われ
*アルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素による解毒
*チトクロムP450とアルデヒド脱水素酵素による解毒
があります。

AA-AGEsは、アルコールの解毒中間体である『アセトアルデヒド』から生成させます。

そのため二次解毒(アルデヒドの解毒)の機能が追いつかない人に劣化が強く出現することが解っています。

当院でもAGEが高く表示される人には
*高GI糖の摂取を控える
*総糖質量を抑える
に加え
*アルコールの摂取を控える(禁酒する)
*AGEs分解酵素の処方
をおすすめしています。

私自身も禁酒して1年になりますが、その理由は『どうしても低下しないAGEsのコントロール』でした。
高GI糖と総糖摂取量を抑えても低下しなかったAGEsが、禁酒によって低下しました。
これは私が『元来、お酒に強いタイプではなかった』ということでしょう。お酒は諦めることにしました。

AGEsは美容的にも
*褐色化:シミ
*変性:しわ、たるみ
の大きな原因のひとつです。

AGEsが上昇しない人は問題ないでしょうが、検査によってAGEsが高いとされた方は、是非上記をやってみるべきだと思います。

AGEs検査と治療に関するお問い合わせ
医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

老化とは身体を構成する「細胞とタンパク組織の劣化」

老化と老化に伴う疾患の増加を分子レベルで考えるならば、身体を構成する「細胞とタンパク組織の劣化」と捕らえることができます。

【細胞】・・・細胞内小器官の劣化
*DNA劣化
*ミトコンドリア劣化
*ゴルジ体劣化
*小胞体劣化
*細胞膜劣化(受容体、膜タンパクの劣化)
【タンパク組織劣化】
*膠原繊維劣化(コラーゲンなどの劣化)
*水晶体劣化
*神経組織劣化(ミエリンなど)
*筋組織劣化
などによって「DNA変異、機能低下」の結果、臓器の機能を低下させることになります。

分子レベルで考えると、これらの変性は
*酸化劣化
*糖化劣化
*炎症劣化
にほとんど集約されます。
そこに
*重金属
によるミネラル機能変異や
*化学物質
による昨日変異、その解毒によって生じる
*アルデヒド
などが加わることとなります。

それによって身体を構成するタンパク質の劣化こそ、老化の根本ではないかと考えられています。

エイジングコントロールにはいろいろな考え方がありますが、「細胞レベルのコントロール:セル・セラピー」の考え方から言えば
*抗酸化
*抗糖化
*抗炎症
*解毒(重金属、化学物質、アルデヒド)
が基本でしょう。

当院では、これらの現象を各種検査
*酸化劣化度:dROM,BAP,8-OHdG
*糖化劣化度:HbA1c,グリコアルブミン,AGEs
*炎症劣化度:高感度CRP
*重金属蓄積:毛髪/爪ミネラル検査
*肝解毒能:肝機能検査、アルデヒド
によって確認し、正常化してゆくという方法を行っています。

「病気になる前の予防治療」「細胞レベルの病気/老化治療」のひとつの考え方としていただければと思います。

写真: 老化と老化に伴う疾患の増加を分子レベルで考えるならば、身体を構成する「細胞とタンパク組織の劣化」と捕らえることができます。

【細胞】・・・細胞内小器官の劣化
*DNA劣化
*ミトコンドリア劣化
*ゴルジ体劣化
*小胞体劣化
*細胞膜劣化(受容体、膜タンパクの劣化)
【タンパク組織劣化】
*膠原繊維劣化(コラーゲンなどの劣化)
*水晶体劣化
*神経組織劣化(ミエリンなど)
*筋組織劣化
などによって「DNA変異、機能低下」の結果、臓器の機能を低下させることになります。

分子レベルで考えると、これらの変性は
*酸化劣化
*糖化劣化
*炎症劣化
にほとんど集約されます。
そこに
*重金属
によるミネラル機能変異や
*化学物質
による昨日変異、その解毒によって生じる
*アルデヒド
などが加わることとなります。

それによって身体を構成するタンパク質の劣化こそ、老化の根本ではないかと考えられています。

エイジングコントロールにはいろいろな考え方がありますが、「細胞レベルのコントロール:セル・セラピー」の考え方から言えば
*抗酸化
*抗糖化
*抗炎症
*解毒(重金属、化学物質、アルデヒド)
が基本でしょう。

当院では、これらの現象を各種検査
*酸化劣化度:dROM,BAP,8-OHdG
*糖化劣化度:HbA1c,グリコアルブミン,AGEs
*炎症劣化度:高感度CRP
*重金属蓄積:毛髪/爪ミネラル検査
*肝解毒能:肝機能検査、アルデヒド
によって確認し、正常化してゆくという方法を行っています。

「病気になる前の予防治療」「細胞レベルの病気/老化治療」のひとつの考え方としていただければと思います。

皮膚のアンチエイジング

『糖化』『糖化劣化』は酸化劣化と並ぶ「生体劣化反応」のひとつである。
生体における糖化劣化とは、血糖として存在する糖と生体を構成するタンパク質(アミノ酸)が結合し『AGEs:糖化劣化最終産物』を作り出してしまう反応である。

以前の論文に「メタボリックモデルラットに水素を投与すると腎機能の改善が認められた」というものがあった。

この論文ではその現象をより具体的に検証している。
ラットの腎臓をモモジナイズし、そこに
*5mMの過酸化水素
*ブドウ糖およびジカルボニル化合物(MGO、GO、3-DG)
を添加し加温したところ、ROSの発生量が急激に増加した。

そこの水素を不可すると(当然ではあるが)ROSは急激に低下する。

加えて、水素の負荷によってジカルボニル化合物からのAGEsの産生も低下している。
(糖+アミノ酸→ジカルボニル化合物→AGEs)

糖化劣化によるAGEsの産生は糖尿病における多くの合併症(腎障害、神経障害、血管障害(壊死)、網膜障害など)の原因であり、このAGEs産生の抑制が予後を左右する。

また、美容面においても皮膚タンパクの糖化劣化は「肌老化」の大きな原因であり、この抑制は「皮膚のアンチエイジング」にとっても重要である。

今回紹介した論文は「糖化劣化と酸化劣化の関係」を示す興味深い論文である。

糖化劣化部位が活性酸素発生部位であり、その活性酸素によって糖化劣化がさらに促進するという「糖化⇔酸化の悪化サイクル」をどの部位で抑制するかがポイントであり、水素がその悪化サイクルを抑制したことは大変面白い。

皮膚や腎臓、その他臓器に対する水素投与が、酸化劣化だけでなく糖化劣化による『組織老化障害』を予防/治療するということであろう。

Hydrogen-rich water inhibits glucose and alpha,b… [Med Gas Res. 2012] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 22 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…