投稿

水素点滴がくも膜下出血後の脳損傷から脳機能を守る

今年に入ってから、臨床としての水素の効果に関する論文が続々と提出されはじめています。
この論文は、くも膜下出血に対する水素点滴がその後の神経機能/後遺症にどのような影響を与えるかというもの。
その結果、水素負荷した生理食塩水の投与は出血後24時間の時点で
・神経細胞アポトーシスの大幅な減少
・神経機能の改善
を認めたとしています。
このことは、脳梗塞後遺症に関する論文でも発表されており、細胞/組織が「虚血とその後の再還流によって障害を受ける主な原因は活性酸素(ヒドロキシラジカル)である」ということを表しています。

抗酸化剤としての水素の特徴は
1:細胞障害性活性酸素種のみを除去し、細胞シグナルとしての活性酸素種は除去しない:選択的抗酸化作用
2:細胞内移行性に優れ、細胞膜、ミトコンドリア膜、血液脳関門などを容易に通過するため、臨床に即した(試験管レベルではない)作用を持つ
ということで良いでしょう。

そのため、血流を閉ざされた組織や、移行を拒む部位、脂質膜内といった部位であっても容易に到達し、悪性活性酸素を瞬時に除去することができるということです。

最近は水素関連論文を追いかけることが困難なほど、世界中で水素による疾患予防/治療効果に関する論文が提出されており、現代医療の主役に躍り出るのではないかと期待しています。

<水素治療に関するお問い合わせ>
医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Neuroprotective Effect of Hydrogen-Rich Saline agai… [PLoS One. 2014] – PubMed – NCBI
0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

放射線防護剤としての水素

放射線障害に対する防護が、論文に頻繁に登場するようになりました。
このような論文は、やはり軍や宇宙関連施設からの研究室からが多い。理由はともに多量の放射線の中での作用を強いられるからでしょう。
過去の多くの論文でもそうであるが、生体内における放射線障害のほとんどは(約80%)『電離放射線が体内(細胞内)の水にぶつかることによって生じるヒドロキシラジカル(強力な活性酸素)』です。
この発生するヒドロキシラジカルは
*細胞内:核(DNA)、ミトコンドリアなど
*細胞膜:膜受容体など
*細胞外:組織など
など、全ての部位で発生し、すべて部位を酸化劣化させる。この論文では、in vivo, in vitroの両面から水素の放射線防護作用を検証しており、共にその効果を証明しています。

論文の詳細にも出てきますが、水素は「体内に保存できる物質ではない」ので、摂取した直後の作用と考えるのが妥当です。
よって、水素の作用を確実に得るためには、1度に摂取する量も大切ではあるが『定期的な水素の摂取』が重要であることを示しています。

当院においても、水素の効果は「継続的な投与」であることが、検査結果からも明らかであり、疾患や老化の強弱によって、1回の水素投与量を変化させることはあっても、形を変えての継続的(連日)投与が必須であることがわかっています。

*水素点滴:1回/1週〜1ヶ月
*水素カプセル:1〜2カプセル/日
を基準としてはいますが、水素飽和度の高い『水素水を生活に取り入れる』という方法も良いのではないかと考えています。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

肌の光老化:水素による光老化予防戦略

人は必ず老化します。
肌も必ず老化します。
この老化を少しでも遅らせたいと考えるのは、ごく当たり前の感情でしょう。

こう思った事はありませんか?

「肌の老化は『露出部』のほうが早い」

これには理由があります。

老化の定義は難しいのですが、老化を「肌(皮膚)本来の機能を失ってゆく過程」と定義するならば、その老化には
*生理老化(経年変化)
*光老化(紫外線老化)
*糖化老化(過剰糖化老化)
があると考えています。

この中で「露出部の老化を促進する因子」として重要なのは「光老化」です。

生理老化との大きな違いは「皮膚が厚く、硬くなってゆく老化」という点でしょう。

生理老化は、表皮を作る基底細胞や真皮組織を作る繊維芽細胞の機能が低下することによって「その生産能力の低下」が主な原因ですが、光老化は「古くなった組織(特にエラスチンという弾性繊維)を破壊/除去できなくなる」ことが原因です。

人は「古いものを壊し、除去し、その部位に新しいものを再構築する:破壊と再生」を繰り替えすことによって、機能を維持しています。

自身の皮膚の老化にとって「生理老化と光老化のどちらが強いか?」を考えるならば、遮光部位の皮膚(お腹など)はある程度の年齢になっても、一般的な老化基準である「しみ、しわ、たるみ」などは少ないものです。

それだけ光老化による老化は大きな問題と言えるでしょう。

光老化の原因物質は『UVA』と『UVB』です。

周波数の違いによってUVAのほうが深く(真皮まで)到達します。

UVAは細胞が作った組織タンパクや細胞膜と反応し、活性酸素を発生させることによって老化を促進します。

UVBは直接DNAを破壊することによって細胞機能を低下させます。

こう考えると、
UVA→組織タンパク(エラスチン)の酸化劣化→劣化エラスチン沈着(光線性弾性繊維症)
UVB→DNA損傷→繊維芽細胞/基底細胞の機能障害(再生能低下)
の「2重の老化」といっても良いでしょう。

この2つの紫外線から細胞や組織を守るために『メラノサイト』がメラニンを作り出し、周囲の細胞の核膜周囲にメラニンを配置(メラニンキャップ)することで、紫外線からの悪影響を抑えようとします(メラニンは天然の紫外線吸収剤)

メラニンは「強力は抗酸化物質」でもあります。

詳細はまたの機会としますが、光老化の原因は「紫外線」であり、紫外線で老化する原因は「活性酸素」だといえます。

*基底細胞の酸化劣化:ターンオーバーの低下
*メラノサイトの酸化劣化:メラニンの異常分泌
*繊維芽細胞の酸化劣化:組織再生能の低下
*コラーゲン/エラスチンの酸化劣化:皮下沈着(分解阻害)

これらにより「破壊と再生」によってなされる皮膚の代謝

「破壊出来ない組織と再生機能を失った細胞」では老化が促進するのは仕方のないことでしょう。

活性酸素を除去できるのは「抗酸化物質」です。

人体が作り出す抗酸化物質
*SOD
*カタラーゼ
*グルタチオン
*メラニン
外部からの抗酸化物質
*ビタミンC
*ビタミンE
*CoQ10
*アスタキサンチン
*各種フラボノイド
など

これら物質は「自らが酸化することによって、活性酸素に電子(水素)を与えることで還元する」というものです。

その中で「最も優秀な抗酸化物質」は『水素』といってもよいでしょう。
水素は『還元のための物質そのもの』です。
水溶性、脂溶性、タンパク、脂質などを選ばす還元します。

光老化部位を「水素還元」することは、露出部肌老化の80%を占める『光老化』を抑制する最良の方法であると考えています。

当院で行う「水素治療」を肌老化に行う場合は
*水素点滴(血液から大量の水素を送り込む)
*水素サプリ(内蔵で水素を発生させ、体内に送り込む)
*水素バーム(皮膚に水素発生剤と塗布する)
を使用します。

効果はそれぞれですが、1ヶ月目から効果を実感できるでしょう。

【治療に関するお問い合わせ】
医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 【肌の光老化:水素による光老化予防戦略】

人は必ず老化します。
肌も必ず老化します。
この老化を少しでも遅らせたいと考えるのは、ごく当たり前の感情でしょう。

こう思った事はありませんか?

「肌の老化は『露出部』のほうが早い」

これには理由があります。

老化の定義は難しいのですが、老化を「肌(皮膚)本来の機能を失ってゆく過程」と定義するならば、その老化には
*生理老化(経年変化)
*光老化(紫外線老化)
*糖化老化(過剰糖化老化)
があると考えています。

この中で「露出部の老化を促進する因子」として重要なのは「光老化」です。

生理老化との大きな違いは「皮膚が厚く、硬くなってゆく老化」という点でしょう。

生理老化は、表皮を作る基底細胞や真皮組織を作る繊維芽細胞の機能が低下することによって「その生産能力の低下」が主な原因ですが、光老化は「古くなった組織(特にエラスチンという弾性繊維)を破壊/除去できなくなる」ことが原因です。

人は「古いものを壊し、除去し、その部位に新しいものを再構築する:破壊と再生」を繰り替えすことによって、機能を維持しています。

自身の皮膚の老化にとって「生理老化と光老化のどちらが強いか?」を考えるならば、遮光部位の皮膚(お腹など)はある程度の年齢になっても、一般的な老化基準である「しみ、しわ、たるみ」などは少ないものです。

それだけ光老化による老化は大きな問題と言えるでしょう。

光老化の原因物質は『UVA』と『UVB』です。

周波数の違いによってUVAのほうが深く(真皮まで)到達します。

UVAは細胞が作った組織タンパクや細胞膜と反応し、活性酸素を発生させることによって老化を促進します。

UVBは直接DNAを破壊することによって細胞機能を低下させます。

こう考えると、
UVA→組織タンパク(エラスチン)の酸化劣化→劣化エラスチン沈着(光線性弾性繊維症)
UVB→DNA損傷→繊維芽細胞/基底細胞の機能障害(再生能低下)
の「2重の老化」といっても良いでしょう。

この2つの紫外線から細胞や組織を守るために『メラノサイト』がメラニンを作り出し、周囲の細胞の核膜周囲にメラニンを配置(メラニンキャップ)することで、紫外線からの悪影響を抑えようとします(メラニンは天然の紫外線吸収剤)

メラニンは「強力は抗酸化物質」でもあります。

詳細はまたの機会としますが、光老化の原因は「紫外線」であり、紫外線で老化する原因は「活性酸素」だといえます。

*基底細胞の酸化劣化:ターンオーバーの低下
*メラノサイトの酸化劣化:メラニンの異常分泌
*繊維芽細胞の酸化劣化:組織再生能の低下
*コラーゲン/エラスチンの酸化劣化:皮下沈着(分解阻害)

これらにより「破壊と再生」によってなされる皮膚の代謝

「破壊出来ない組織と再生機能を失った細胞」では老化が促進するのは仕方のないことでしょう。

活性酸素を除去できるのは「抗酸化物質」です。

人体が作り出す抗酸化物質
*SOD
*カタラーゼ
*グルタチオン
*メラニン
外部からの抗酸化物質
*ビタミンC
*ビタミンE
*CoQ10
*アスタキサンチン
*各種フラボノイド
など

これら物質は「自らが酸化することによって、活性酸素に電子(水素)を与えることで還元する」というものです。

その中で「最も優秀な抗酸化物質」は『水素』といってもよいでしょう。
水素は『還元のための物質そのもの』です。
水溶性、脂溶性、タンパク、脂質などを選ばす還元します。

光老化部位を「水素還元」することは、露出部肌老化の80%を占める『光老化』を抑制する最良の方法であると考えています。

当院で行う「水素治療」を肌老化に行う場合は
*水素点滴(血液から大量の水素を送り込む)
*水素サプリ(内蔵で水素を発生させ、体内に送り込む)
*水素バーム(皮膚に水素発生剤と塗布する)
を使用します。

効果はそれぞれですが、1ヶ月目から効果を実感できるでしょう。

【治療に関するお問い合わせ】
医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

水素水とは正確には『水の中に水素ガスを溶存(溶け込ませた)もの』

「水素注射/水素点滴」についてご質問があったので、こちらにも記載しておきます。

最近になって『水素水』という名前を聞くようになってきましたが、つい「水素は気体である」ということを忘れてしまいがちです。

水素治療は「気体である水素の『抗酸化力』『抗炎症力』を利用する治療」であり、水素水の「水」は「単なるキャリア:水素を運ぶトラック」です。

水素水とは正確には『水の中に水素ガスを溶存(溶け込ませた)もの』のことです。

よって水素水の効果は「その水の中に『どれだけの水素ガス』が含まれているか?」が大変重要になります。

「水の中に溶存している水素ガスの量」は「溶存水素量」として表すことが出来、『◯ppm:1ppm=0.0001%』と表示されます。

1気圧下での溶存水素濃度限界は「1.6ppm程度」と言われますから、最も優秀な水素水で『0.00016%の水素が溶けた水』ということになります。

水以外に水素を取込む物質を『水素吸蔵物』と言い、多くは『水素吸蔵合金』という金属(ミネラル)です。

水素吸蔵合金の多くが『1%〜13%(多いものだとそれ以上)の水素を吸蔵する物質』です。

よって水は『それ程多くの水素を抱き込む物質ではない』という結論になります。

ただし、水素水(水素を抱き込んだ水)のメリットは『その用途』です。
飲料だけでなく「注射/点滴」として利用できますし、キャリアが「単なる水」なので「キャリアの作用」を考える必要がありません

水素を利用した治療について
「水素水を飲んでいるが効果を実感しないのですが」
「どのくらいで効果が出るのでしょうか」
「自宅での水素水でも同じ効果でしょうか」
といったご質問をいただきます。

これらのご質問に対する回答として
*水素は気体である
*水素の作用(効果)はそこに含まれる気体の量による
*「時間あたり水素量」と「総水素量」で効果が違う
ということになります。

治療としての水素利用に関しては
*治療目的
*治療部位
*疾患の種類(特に急性/慢性)
*患者の抗酸化能力
などを考慮に入れた上で
*水素水点滴
*水素水注射(関節内、筋肉内、皮下など)
*水素ガス吸入
*水素吸蔵物カプセル(内服)
*水素吸蔵物含有軟膏(外用)
を組み合わせて治療します。

当然「治療目的」ですので、健康増進目的の水素水などに比べて『大量の水素ガスを含む水、物質、または水素ガス』を利用しますので、作用は大変強く、効果も想像以上に即効性のあるものです。

以上、ご質問に対するご回答とさせていただきます。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)