投稿

イギリスBBCでの『高濃度ビタミンC点滴がガンを抑える』というニュースをうけて

イギリスBBCニュースでの放映は、衝撃的なものでした。
これを受けて、高濃度ビタミンC点滴の効果に対する「作用機序とエビデンス」について。この治療法は以外にも歴史が長く1970年代です。
ライナスポーリング博士によって発表された論文が発端ではありますが、その後長きにわたり「効くはずがない」「まやかしだ」という非難の的となってきました。
その間、この『副作用がほとんんどなく、薬剤を使わない治療法』の作用機序の解明とエビデンスの構築に心血を注いできた研究者は沢山います。(我々のボスである柳澤先生もその一人)ビタミンCの作用を『?』としていた最大の原因は「血中濃度によって作用が違う」という部分です。
ビタミンCは「低濃度では抗酸化物質」「高濃度では酸化物質(活性酸素の発生源)」となります。

加えて、ビタミンCは口から大量に摂取しても『酸化物質の濃度まで血中に入らない:大量摂取は排泄される』ということも問題を大きくしました。(経口ビタミンCで同様の結果にならなかったことが、ビタミンC無効の論文となった)
ようするに『点滴大量投与による、血中濃度の上昇が重要』ということでした。
(ビタミンCの作用というよりも『高濃度の生体内ビタミンCの作用』ということです)

点滴によって大量に投与されたビタミンCは、細胞内に取込まれると、ミトコンドリアなどに大量に存在する『鉄』と反応し『過酸化水素(H2O2):オキシドールとして知られる』を発生します。

過酸化水素は、免疫細胞が細菌などを取込んで殺菌する際にも利用する酸化物質で、これをガン細胞内で大量に産生させることによってがん細胞を『酸化』させ死滅させます。

同様の反応は正常細胞においても発揮されますが、正常細胞には『カタラーゼ』という抗酸化酵素が過酸化水素を水に変換するために、酸化障害を起こしません。
これが「高濃度ビタミンCが、がん細胞に作用し、正常細胞に障害を与えない理由」です。

当院で、高濃度ビタミンCをはじめて6年になります。
治療開始当初から考えれば、このような報道がなされることは、大いなる進歩であると言えるでしょう。
高濃度ビタミンC点滴投与の作用が、試験管内、細胞実験、生体実験などによって証明され、エビデンスが整ってくれば、ガンに対する『古くて新しい治療法』として多くの臨床医に認知されることとなるはずです。

医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 【イギリスBBCでの『高濃度ビタミンC点滴がガンを抑える』というニュースをうけて】http://www.bbc.co.uk/news/health-26038460</p><br />
<p>イギリスBBCニュースでの放映は、衝撃的なものでした。<br /><br />
これを受けて、高濃度ビタミンC点滴の効果に対する「作用機序とエビデンス」について。</p><br />
<p>この治療法は以外にも歴史が長く1970年代です。<br /><br />
ライナスポーリング博士によって発表された論文が発端ではありますが、その後長きにわたり「効くはずがない」「まやかしだ」という非難の的となってきました。<br /><br />
その間、この『副作用がほとんんどなく、薬剤を使わない治療法』の作用機序の解明とエビデンスの構築に心血を注いできた研究者は沢山います。(我々のボスである柳澤先生もその一人)</p><br />
<p>ビタミンCの作用を『?』としていた最大の原因は「血中濃度によって作用が違う」という部分です。<br /><br />
ビタミンCは「低濃度では抗酸化物質」「高濃度では酸化物質(活性酸素の発生源)」となります。</p><br />
<p>加えて、ビタミンCは口から大量に摂取しても『酸化物質の濃度まで血中に入らない:大量摂取は排泄される』ということも問題を大きくしました。(経口ビタミンCで同様の結果にならなかったことが、ビタミンC無効の論文となった)<br /><br />
ようするに『点滴大量投与による、血中濃度の上昇が重要』ということでした。<br /><br />
(ビタミンCの作用というよりも『高濃度の生体内ビタミンCの作用』ということです)</p><br />
<p>点滴によって大量に投与されたビタミンCは、細胞内に取込まれると、ミトコンドリアなどに大量に存在する『鉄』と反応し『過酸化水素(H2O2):オキシドールとして知られる』を発生します。</p><br />
<p>過酸化水素は、免疫細胞が細菌などを取込んで殺菌する際にも利用する酸化物質で、これをガン細胞内で大量に産生させることによってがん細胞を『酸化』させ死滅させます。</p><br />
<p>同様の反応は正常細胞においても発揮されますが、正常細胞には『カタラーゼ』という抗酸化酵素が過酸化水素を水に変換するために、酸化障害を起こしません。<br /><br />
これが「高濃度ビタミンCが、がん細胞に作用し、正常細胞に障害を与えない理由」です。</p><br />
<p>当院で、高濃度ビタミンCをはじめて6年になります。<br /><br />
治療開始当初から考えれば、このような報道がなされることは、大いなる進歩であると言えるでしょう。<br /><br />
高濃度ビタミンC点滴投与の作用が、試験管内、細胞実験、生体実験などによって証明され、エビデンスが整ってくれば、ガンに対する『古くて新しい治療法』として多くの臨床医に認知されることとなるはずです。</p><br />
<p>医療法人社団医献会 辻クリニック<br /><br />
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F<br /><br />
03-3221-2551<br /><br />
info@tsuji-c.jp

水素水が肝臓の遺伝子発現に与える影響について

少し前の論文なのですが、東京大学から出されたこの論文は「水素は単なる抗酸化物質としてではなく、その他多くの作用と可能性がある」と考えされされた論文です。論文では、水素飽和水投与をラットに4週間投与し、肝臓の遺伝子変化をDNAマイクロアレイ包により調べた結果、
*548の遺伝子発現が上昇
*695の遺伝子発現が低下
という結果を得、
肝細胞による遺伝子発現は「脂質代謝」「炭水化物代謝」「アミノ酸代謝」「酸化」「酵素」「ステロール」など多種に及んでいたということです。

詳細は論文に譲りますが、水素や活性酸素、酸化還元システムが細胞機能(遺伝子発現)にこれほどまで影響を与えていることは衝撃的であると言わざるを得ません。

このことは、酸化や活性酸素を発生させるもの(タバコ、ストレス、大気汚染、放射性物質など)が、遺伝子レベルでも影響を与えていることの証明であり、その治療(抗酸化治療)がそれらを改善しうることを示しています。

臨床的にも、水素摂取によって「二日酔いがなくなった」「中性脂肪が下がった」「コレステロールが下がった」「血糖値が安定した」という声を聞きますが、このような単なる抗酸化作用では説明できないことが、この論文を基に目が向けられるようになったように思います。

この作用が「水素特有のものなのか」または「他の抗酸化物質に共通のものなのか」は興味深いですが、この「水素の遺伝子発現への影響」に関する論文は、今後も注意深く見てゆきたいと思います。

医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

https://www.jstage.jst.go.jp/article/bbb/75/4/75_100819/_pdf
www.jstage.jst.go.jp

ミトコンドリアについて

昨日、ミトコンドリアの記事をアップした後、ミトコンドリアについての質問を数多くいただいたので、回答にあたる内容をまとめてみます。ミトコンドリアは『生命エネルギーであるATP』を作り出す発電所です。『糖/脂肪』から水素を取り出し、それを『プロトン(H+)と電子』に分け、呼吸による酸素を結合することによってATPを作っています。よって
*ミトコンドリア:発電所
*水素:取り出すエネルギー源
*酸素
というキーワードは、生命のエネルギー産生の中心ということです。(ここでも水素が出てきます)

ミトコンドリア(mitochondria)は、ギリシャ語の「mitos:糸」と「chondrion:粒」との造語です。
動画にあるように、実際のミトコンドリアは顆粒状・桿状・糸状のいずれの形から、いつでも別の形になり、いかなる形態のミトコンドリアも、他のミトコンドリアと融合して一本になったり、分裂して数個のミトコンドリアになりうる『ミトコンドリアダイナミクス』という状態で存在しています。
そしてそれらは『核』を取り囲むようにして無数に存在していることが解ると思います。

細胞内には幾つもの小器官が存在しますが、その中でもミトコンドリアの占める割合は相当量であることが見て取れると思います。
それだけ『ミトコンドリアからのエネルギー供給』は細胞にとって重要だということです。

このミトコンドリアの遺伝子は、体遺伝子とは分けられ『ミトコンドリア遺伝子』と呼ばれますが、実際には『ミトコンドリア内』と『核内』に分離して保存されています。

我々がエネルギー供給をミトコンドリアに依存し、ミトコンドリアは内部で発生する活性酸素から遺伝子を守るために、遺伝子の一部を核に預けるという「共依存の関係」にあるところも面白いです。

水素を使った治療が、我々の想像するもの以上に効果を示すのは、初期に考えていた『抗酸化物質』というレベルを越えたものなのだと考えられるようになったのは、先に述べた生命エネルギーの基本は、ミトコンドリア内部で『酸素と水素の結合によって作られる』という部分に回帰するのかもしれません。
まるで『灯台下暗し』であり『壁にぶつかったときは基本に立ち返れ』という教えを思い出します。

エネルギーの基本である『酸素と水素』。そしてそれを使った治療は単純なように思えて奥が深いものです。

なるべく素人でも解るように書いたため、専門の方からは『ちょっと違うかも?』とお叱りを受けるかもしれませんが、ご勘弁下さい。

水素治療に関するお問い合わせ
医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Human Fibroblast: Nucleus Activity. From “A Miniature Universe, Matter, Motion & Mind”, by B. Chikly
ChiklyInstitute.comHuman Fibroblast: Nucleus Activity. Small extract from “A Miniature Universe, Matter, Motion & Mind”, by B. Chikly, MD, DO. This astonishi…

肌の光老化:水素による光老化予防戦略

人は必ず老化します。
肌も必ず老化します。
この老化を少しでも遅らせたいと考えるのは、ごく当たり前の感情でしょう。

こう思った事はありませんか?

「肌の老化は『露出部』のほうが早い」

これには理由があります。

老化の定義は難しいのですが、老化を「肌(皮膚)本来の機能を失ってゆく過程」と定義するならば、その老化には
*生理老化(経年変化)
*光老化(紫外線老化)
*糖化老化(過剰糖化老化)
があると考えています。

この中で「露出部の老化を促進する因子」として重要なのは「光老化」です。

生理老化との大きな違いは「皮膚が厚く、硬くなってゆく老化」という点でしょう。

生理老化は、表皮を作る基底細胞や真皮組織を作る繊維芽細胞の機能が低下することによって「その生産能力の低下」が主な原因ですが、光老化は「古くなった組織(特にエラスチンという弾性繊維)を破壊/除去できなくなる」ことが原因です。

人は「古いものを壊し、除去し、その部位に新しいものを再構築する:破壊と再生」を繰り替えすことによって、機能を維持しています。

自身の皮膚の老化にとって「生理老化と光老化のどちらが強いか?」を考えるならば、遮光部位の皮膚(お腹など)はある程度の年齢になっても、一般的な老化基準である「しみ、しわ、たるみ」などは少ないものです。

それだけ光老化による老化は大きな問題と言えるでしょう。

光老化の原因物質は『UVA』と『UVB』です。

周波数の違いによってUVAのほうが深く(真皮まで)到達します。

UVAは細胞が作った組織タンパクや細胞膜と反応し、活性酸素を発生させることによって老化を促進します。

UVBは直接DNAを破壊することによって細胞機能を低下させます。

こう考えると、
UVA→組織タンパク(エラスチン)の酸化劣化→劣化エラスチン沈着(光線性弾性繊維症)
UVB→DNA損傷→繊維芽細胞/基底細胞の機能障害(再生能低下)
の「2重の老化」といっても良いでしょう。

この2つの紫外線から細胞や組織を守るために『メラノサイト』がメラニンを作り出し、周囲の細胞の核膜周囲にメラニンを配置(メラニンキャップ)することで、紫外線からの悪影響を抑えようとします(メラニンは天然の紫外線吸収剤)

メラニンは「強力は抗酸化物質」でもあります。

詳細はまたの機会としますが、光老化の原因は「紫外線」であり、紫外線で老化する原因は「活性酸素」だといえます。

*基底細胞の酸化劣化:ターンオーバーの低下
*メラノサイトの酸化劣化:メラニンの異常分泌
*繊維芽細胞の酸化劣化:組織再生能の低下
*コラーゲン/エラスチンの酸化劣化:皮下沈着(分解阻害)

これらにより「破壊と再生」によってなされる皮膚の代謝

「破壊出来ない組織と再生機能を失った細胞」では老化が促進するのは仕方のないことでしょう。

活性酸素を除去できるのは「抗酸化物質」です。

人体が作り出す抗酸化物質
*SOD
*カタラーゼ
*グルタチオン
*メラニン
外部からの抗酸化物質
*ビタミンC
*ビタミンE
*CoQ10
*アスタキサンチン
*各種フラボノイド
など

これら物質は「自らが酸化することによって、活性酸素に電子(水素)を与えることで還元する」というものです。

その中で「最も優秀な抗酸化物質」は『水素』といってもよいでしょう。
水素は『還元のための物質そのもの』です。
水溶性、脂溶性、タンパク、脂質などを選ばす還元します。

光老化部位を「水素還元」することは、露出部肌老化の80%を占める『光老化』を抑制する最良の方法であると考えています。

当院で行う「水素治療」を肌老化に行う場合は
*水素点滴(血液から大量の水素を送り込む)
*水素サプリ(内蔵で水素を発生させ、体内に送り込む)
*水素バーム(皮膚に水素発生剤と塗布する)
を使用します。

効果はそれぞれですが、1ヶ月目から効果を実感できるでしょう。

【治療に関するお問い合わせ】
医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 【肌の光老化:水素による光老化予防戦略】

人は必ず老化します。
肌も必ず老化します。
この老化を少しでも遅らせたいと考えるのは、ごく当たり前の感情でしょう。

こう思った事はありませんか?

「肌の老化は『露出部』のほうが早い」

これには理由があります。

老化の定義は難しいのですが、老化を「肌(皮膚)本来の機能を失ってゆく過程」と定義するならば、その老化には
*生理老化(経年変化)
*光老化(紫外線老化)
*糖化老化(過剰糖化老化)
があると考えています。

この中で「露出部の老化を促進する因子」として重要なのは「光老化」です。

生理老化との大きな違いは「皮膚が厚く、硬くなってゆく老化」という点でしょう。

生理老化は、表皮を作る基底細胞や真皮組織を作る繊維芽細胞の機能が低下することによって「その生産能力の低下」が主な原因ですが、光老化は「古くなった組織(特にエラスチンという弾性繊維)を破壊/除去できなくなる」ことが原因です。

人は「古いものを壊し、除去し、その部位に新しいものを再構築する:破壊と再生」を繰り替えすことによって、機能を維持しています。

自身の皮膚の老化にとって「生理老化と光老化のどちらが強いか?」を考えるならば、遮光部位の皮膚(お腹など)はある程度の年齢になっても、一般的な老化基準である「しみ、しわ、たるみ」などは少ないものです。

それだけ光老化による老化は大きな問題と言えるでしょう。

光老化の原因物質は『UVA』と『UVB』です。

周波数の違いによってUVAのほうが深く(真皮まで)到達します。

UVAは細胞が作った組織タンパクや細胞膜と反応し、活性酸素を発生させることによって老化を促進します。

UVBは直接DNAを破壊することによって細胞機能を低下させます。

こう考えると、
UVA→組織タンパク(エラスチン)の酸化劣化→劣化エラスチン沈着(光線性弾性繊維症)
UVB→DNA損傷→繊維芽細胞/基底細胞の機能障害(再生能低下)
の「2重の老化」といっても良いでしょう。

この2つの紫外線から細胞や組織を守るために『メラノサイト』がメラニンを作り出し、周囲の細胞の核膜周囲にメラニンを配置(メラニンキャップ)することで、紫外線からの悪影響を抑えようとします(メラニンは天然の紫外線吸収剤)

メラニンは「強力は抗酸化物質」でもあります。

詳細はまたの機会としますが、光老化の原因は「紫外線」であり、紫外線で老化する原因は「活性酸素」だといえます。

*基底細胞の酸化劣化:ターンオーバーの低下
*メラノサイトの酸化劣化:メラニンの異常分泌
*繊維芽細胞の酸化劣化:組織再生能の低下
*コラーゲン/エラスチンの酸化劣化:皮下沈着(分解阻害)

これらにより「破壊と再生」によってなされる皮膚の代謝

「破壊出来ない組織と再生機能を失った細胞」では老化が促進するのは仕方のないことでしょう。

活性酸素を除去できるのは「抗酸化物質」です。

人体が作り出す抗酸化物質
*SOD
*カタラーゼ
*グルタチオン
*メラニン
外部からの抗酸化物質
*ビタミンC
*ビタミンE
*CoQ10
*アスタキサンチン
*各種フラボノイド
など

これら物質は「自らが酸化することによって、活性酸素に電子(水素)を与えることで還元する」というものです。

その中で「最も優秀な抗酸化物質」は『水素』といってもよいでしょう。
水素は『還元のための物質そのもの』です。
水溶性、脂溶性、タンパク、脂質などを選ばす還元します。

光老化部位を「水素還元」することは、露出部肌老化の80%を占める『光老化』を抑制する最良の方法であると考えています。

当院で行う「水素治療」を肌老化に行う場合は
*水素点滴(血液から大量の水素を送り込む)
*水素サプリ(内蔵で水素を発生させ、体内に送り込む)
*水素バーム(皮膚に水素発生剤と塗布する)
を使用します。

効果はそれぞれですが、1ヶ月目から効果を実感できるでしょう。

【治療に関するお問い合わせ】
医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

【水素/水素水を使った治療法の解説】

当院で行っている水素水を使った治療について『どういう治療があるのですか?』『水素をどのように治療に使うのですか?』というご質問が多くよせられるので、ここにも記載しておきます。(HPは現在作成中です)

多くの人が知るようになった『水素』『水素水』という言葉ですが、水素の医学利用は当院の顧問でもある日本医大の太田教授が2007年に雑誌『Nature』に発表した論文に端を発します。

多くの疾患原因を探る中、カラダのエネルギー工場であるミトコンドリアから、どうしても発生してしまう『活性酸素』がDNA、細胞、組織を破壊し、それによる機能障害/イレギュラーが数々の疾患を引き起こすことが解ってきました。

以前より、活性酸素が病気や老化の原因であることは考えられており、それが「ビタミンC」「フラボノイド」といった抗酸化物質が病気の予防/治療に有効だとされてきました。

水素は数ある抗酸化物質の中で『最も優秀な抗酸化物質』ということがわかり、それが治療として使われ始めたのは極最近のことです

水素は本来『ガス』であるため、これを吸入する治療法が模索されましたが、現在はその治療に加え『他の物質に水素ガスをとけ込ます/吸蔵する』という方法によって、いろいろな使用法が生まれました。

現在、治療として使われるのは
【水に溶け込ます:水素水】
*水素水を飲む
*水素水点滴
*水素水注射(関節注射、筋肉注射、皮下注射)
*水素水バス(入浴剤)
【水素を物質で包む:水素吸蔵合金】
*内服:体内で水素を発生させる
*外用:水素を皮膚上で発生させる
【水素ガスそのもの】
*吸入
というバリエーションがあります。

なぜこのような幾つもの投与方法があるかというと、水素は優れた抗酸化物質であり、体内の悪玉活性酸素を強力に除去してしまうのですが、体内では至る所で活性酸素が発生しているため、『最も近くにある活性酸素』と瞬時に反応してしまいます。

そのため、
*投与部位から目的部位(障害部位)までの距離が遠い
*目的部位(障害部位)の血流が悪い
*目的部位(障害部位)に届きにくい(深いなど)
といった理由によって、『肝心の患部に水素が届く前に消費されてしまう』というデメリットがあるようです。

そのため、臨床的には『目的部位(障害部位)により近く投与する』という方法が模索され始めました。

例えば
*関節の痛み:関節注射
*筋肉の痛み:筋肉注射
*皮膚のトラブル:外用
*血管のトラブル:点滴
*血管の多い場所のトラブル(脳神経、がんなど):点滴
となります。

また、活性酸素は体内で絶えず発生しているため、抗酸化物質には『継続的な投与』が求められます。
それには
*絶えず投与し続ける
という方法以外に
*体内で発生させる
という方法が考えられ、これが『吸蔵体の摂取』という考えにつながりました。

吸蔵体は、その物質内部に『水素を抱き込んだ物質」であり、多くは「それが水と反応することによって内部の水素を放出する」というものです。

吸蔵体にはいくつかありますが、当院で使用するのは日本医大太田教授が研究されている『水素吸蔵マグネシウム』というものです。

これは他の吸蔵体に比べて
*吸蔵量が多い
*体内に無害
という部分で優れている物質です。

このように、水素の優れた抗酸化力を治療に生かそうと始まった『水素治療』ですが、最近は
*水素の遺伝子修復作用
*水素のタンパク修復作用
*水素のミトコンドリア再生作用
といった「抗酸化では説明できない作用」にも注目が集まってきています。

今後、多くのエビデンスが発表されてくるでしょう。

具体的に、当院で行っている「水素治療」は
*水素点滴:がん、パーキンソン病、動脈硬化、脳梗塞などへ
*水素関節注射:リウマチ、五十肩、変形性関節症などへ
*水素筋肉注射:肩こり、腰痛、神経痛、むちうちなどへ
が中心です。

*保険対象外の治療ですが、疾患治療を目的としているため、医療費控除の対象となります。(詳しくはクリニックスタッフまで)

治療をご希望の方は下記までご連絡(電話、メール)にてご連絡ください。

医療法人社団 医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8階 (四谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp