投稿

有効な活性酸素と悪性の活性酸素:細胞内活性酸素レベルの違いについて

活性酸素は細胞や組織を酸化劣化させる中心的な物質です。
その反面、免疫細胞が細菌などをとらえると、細胞内で活性酸素を発生させて殺菌するシステムを持っているため『活性酸素は絶対悪』とは言いにくい。
この問いに対し、この論文は一定の回答となるでしょう。活性酸素の細胞からの発生は
*ミトコンドリアからの自然発生
*NOXによる機能的な発生
があることは以前の論文考察に記載ました。

NOXによる機能的な発生は主に『好中球,好酸球,単球,マクロファージなどの貪食細胞』で、その発生は細胞内でμM~mMレベルに増加し,殺菌作用をもたらすことが知られています。

では、通常の細胞はというと、主要臓器の基幹細胞や血管内皮細胞や血管平滑筋細胞でもROSは産生されるが,正常時はnM~μMレベルの低濃度に維持されているようです。

ようするに、μM~mMレベルの活性酸素の発生は「殺菌」などの特殊な場合であり、これがNOX酵素によるものであると考えられる。

主要臓器の細胞(一般細胞)の場合はnM~μMのレベルであり、このレベルの発生は「ミトコンドリアからの自然発生量」であり「正常範囲の発生」と考えてよい。

違う側面から考えるなら、一般細胞の抗酸化力(SODなど)は『nM~μM範囲の活性酸素』に対応できるものであり、それを越えた活性酸素には対応しきれないのであろう。

この論文は『血管内皮細胞』を例にとり、もし内皮細胞で通常量(nM~μM)を越えて活性酸素が発生した場合、自前の抗酸化力では処理しきれず、NOとの反応などによって細胞を障害し、アテローム硬化が進行し、動脈硬化や糖尿病性血管障害、その先の高血圧、脳梗塞/出血、心筋梗塞を引き起こすこととなると予測している。

老化や予防医学でいう『抗酸化治療』は「通常時/通常細胞の酸化ストレスを軽減する」ことが目的であり、老化はこの『通常時の酸化ストレスが過剰となった状態』をいう。

抗酸化治療によって「免疫などに関わる必要な活性酸素まで除去してしまうのではないか?」という心配は、NOXによる活性酸素増加システムを考慮すれば、心配する必要はないであろうと考える。

また、抗酸化治療のやり方によっても、効率的かつ有効な方法が存在することは確かである。

水素治療/抗酸化治療に関するお問い合わせ

医療法人社団医献会辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

細胞劣化検査は『何をやめるべきか?』を調べる検査です

当院で行う「細胞劣化検査:細胞ドック」は、細胞を劣化させる主な原因である
*酸化
*糖化
*炎症
*毒素
*栄養障害
を調べ、トラブルの原因を細胞レベルで考え、治療することを目的としています。

例えば「お酒に強い人と弱い人」がいるように、どのようなものでも「個人差」が存在します。

この個人差を作り出しているのが『劣化抵抗力』で
*酸化⇔抗酸化力
*糖化⇔糖代謝能と抗糖化力
*炎症⇔抗炎症力とアレルギー
*毒素⇔解毒能と毒摂取量
*栄養素⇔エネルギー(糖と脂肪)と栄養素の摂取量
などです。

数多くの人を検査していると
・タバコを大量に吸っているのに酸化劣化が進まない人
・大量の砂糖を摂取しているのにAGEが上がらない人
・アルコール多飲しているのに全く問題ない人
もいれば
・少しのアルコールで倒れる人
・少量のアルコールでAGEsが上がる人
・食物アレルギーのある人
・糖質制限しているのにAGEsが高い人
・重金属が蓄積しやすい人
もいらっしゃいます。

このような個人差は『それぞれのウィークポイント』を作り出しています。
これが
*タバコで老化する人、しにくい人
*アルコールで老化する人、しにくい人
*砂糖で老化する人、しにくい人
を作り出し
*太りやすい人
*ガン家系
*高血圧家系
というものを作り出しているのかもしれません。

当院での指導は『自身のウィークポイントとなる部分は、その原因を徹底的に減らすべきです』というものです。

例えば、アルコールを飲むのに細胞レベルで障害が表れない人には禁酒の話はしません。

例えば、タバコを吸うのに酸化劣化に異常のない人には「なるべく止めようね」と言いますが、酸化劣化が進行している人には「すぐにタバコを止めましょう」と指導します。

糖質摂取量が多いのに、低血糖発作も糖化劣化もない人には、これといった指導はしませんが、AGEsが上昇するタイプの人には『糖質制限/精製糖質禁止/アルコールを控える』という指導となります。

アレルギー検査によって『大好きなんだけど、アレルギー反応アリ』の食品は、その弊害を指導したうえで『どうにかして断ち切りましょう』とお話します。

これらの指導の根本は『あなたの身体(細胞)にとって毒だと解っているものは止めよう』という意味です。

当院ではこれらを『オーダーメイド毒』と呼びます。

オーダーメイド毒を止めることなく『病気を治したい』『予防したい』『若くいたい』というのは、ほぼ不可能であることが解っているからです。

毒を摂取し続けながら「症状を薬で治そう」というのは『下剤を飲みながら下痢止めを飲むようなものだ』ということです。

各種オーダーメイド毒を制限しただけで
*病気が治った
*倦怠感が消えた
*眠れるようになった
*うつが治った
*頭痛がしなくなった
*アトピーが軽減した
*リウマチが軽くなった
*各種病気の治療薬が減った(断薬した)
*回りから『若くなった』と言われるようになった
という方が大勢いらっしゃいます。

西洋医学であっても、漢方であっても、ハーブ療法であっても、これらはすべて『何かを足す医療』です。

物事の本質に立ち返り『オーダーメイド毒を抜く』という当たり前の治療を見直してみるべきだと思います。

細胞劣化検査:細胞ドックに関するお問い合わせ

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

水素は酸素による肺の酸化障害から組織を守ります

人は酸素を吸い、酸素を利用(酸化)することによってエネルギーを作り出しています。
そして、その際に発生する活性酸素によって徐々に劣化し、老化してゆきます。

「酸素によって酸化」「水素によって還元」という酸化還元反応は、水素の抗酸化力説明によく使われますが、この論文では、水素の効果の作用機序についてもうひとつの可能性を示唆しています。

論文の主旨は「酸素吸入による肺損傷は水素を混合することによって軽減できる」ということですが、注目したのは『HO-1:ヘムオキシゲナーゼ1』という酵素の上昇です。

ヘムオキシゲナーゼ(HO)は「ヘムをビルベルジン+一酸化炭素+鉄」に分解する酵素です。
ビルベルジンは酵素によってビリルビンに変換されます。

この「ビルベルジンとビリルビン」は強力な抗酸化物質です。
特に「脂質酸化の抑制(酸化脂質の還元)作用」を持ちます。

酸素を運ぶ赤血球にはヘモグロビンが存在しますが、ヘモグロビン自体は強い細胞障害作用があり、血管内皮を強く損傷します。

そのため、何らかの原因(溶血など)によって血中に増加したヘモグロビンは速やかに分解する必要があります。

HO-1欠損症では、HOにより、ヘムが分解されないので、(血液中の)ヘムが、著明に増加します。
増加したヘムにより、酸化ストレスが増加し、血管内皮細胞が障害され、全身の血管に炎症が引き起こさるようになります。

また、HOを欠損した人は、発育不良に加え、採血した血清が茶褐色。採血した血液を、遠心分離すると、多数の破砕赤血球、血管内溶血の為、血清は透明でなく、どろどろとした浮遊物が存在し、血清の上層に、脂質の層が見られるようになります。

検査所見では、血管内皮障害による、血管内溶血(貧血、破砕赤血球、LDHが高値)、凝固・線溶因子の異常(血小板数が増加、FDPやvWFやTMが高値)、鉄の蓄積、血清中ヘム濃度の著明な増加が見られます。
また、腎症(蛋白尿、血尿)があり、腎生検では、糸球体のメサンギウムの軽度の増殖、毛細血管内皮細胞と基底膜のの剥離などが、認められるようになります。

HO-1欠損症では、発熱(弛張熱)、発疹(紅斑)、肝腫大、リンパ節腫大、関節痛、軽度の運動発達遅延が見られます。

話を本題に戻すと、水素の投与は『HO-1の増加』をもたらすようです。

HOには「強力な組織抗酸化力」がありますが、それに加えて『強力な抗炎症力』もあります。
活性化単球(CD16抗原陽性)から産生されるHO-1は、Mark pathwayを介して、サイトカインのIL-10産生を誘導し、炎症を抑制するのです。

例えば、喫煙によって活性酸素が大量に産生され、肺胞レベルでの微細炎症も強いですが、特にHO-1が少ない(遺伝子の多型性がL群)人は、肺気腫になりやすいことがわかってきています。

強い有酸素運動をされる人も、このHO-1の少ない人は、大量の酸素吸入による酸化障害/炎症誘発による弊害の方が大きい可能性があります。

水素にはこれらに対する予防効果があるということです。

このように、水素の作用は「水素分子の直接作用」だけでなく、遺伝子発現による間接作用も大きいことがわかってきています。

水素は
*内服:水素サプリ、水素水
*注射:点滴、注射
*吸入
*外用
によって体内に投与することが可能です。

継続的にスポーツをされる方は是非。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷駅すぐ)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Inhaling hydrogen may help reduce lung damage in critically ill patients, animal study suggests

アルツハイマー病研究:活性酸素発生源としてのアミロイド

*アルツハイマー病/パーキンソン病
*活性酸素/酸化ストレス
*小胞体ストレス
といったキーワードは、最近のアルツハイマー病の原因追及において重要な位置を占めていると思われる。

我々を含め「水素の研究:水素の抗酸化力の研究」は、実のところ日本が先端をいっていると考えても良いのではないかと思う。

この論文は東京大学から発表されているものであるが、東大以外にも多くの日本の大学が「神経変性疾患(アルツハイマー/パーキンソン病/舞踏病など)と活性酸素の関係」「治療/予防としての抗酸化療法戦略」を模索しています。

先の論文考察にもあるように、神経変性疾患の脳神経にアミロイドタンパク(βアミロイド)が蓄積していることはわかっていますが、「アミロイドタンパクが蓄積すると、なぜ神経機能が阻害されるのか?」は未だ研究段階にある。

そのひとつが「アミロイド⇔鉄⇔活性酸素」という関係図であろう。

ここで発生する活性酸素が、様々な生理機能を発揮(阻害)し、徐々にその機能を奪ってゆく。

治療においても予防においても、「抗酸化治療戦略」が大きなテーマであることは間違いないのではないかと考えています。

加齢性疾患というものは「治る(治す)」というよりも「治し続ける」しかないことは明確である。(人は必ず歳を取る)

そして、予防治療/加齢性疾患には「副作用のない、長期に継続可能な物質」が必要不可欠な条件ではないかと考えます。

そういう意味でも「水素」は最も理想的な物質であることは間違いないでしょう。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Amyloid beta induces neuronal cell death t… [Cell Death Differ. 2005] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 22 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

気体(水素ガス)を使った治療はデリケート

細胞やDNA、ミトコンドリアの酸化劣化が老化や疾患の増加に深く関係することが世界中の研究機関が発表するようになってきました。

「活性酸素と抗酸化力(抗酸化物質)」の関係は予防医学の世界では以前より治療利用されていますが、その効果がハッキリしにくかったことが『抗酸化物質の効果』を懐疑的にしていた部分も大きいでしょう。

医学の世界では抗酸化力を極端に高めた物質(ラジカットなど)が高い治療効果を示し、医薬品として利用されていることを考えれば、その作用は十分に治療利用できるものであることは間違いありません。

抗酸化力が治療レベルに効果を発揮するには『発生した活性酸素や酸化劣化を除去できるレベル』でなければなりません。

抗酸化力は
*抗酸化物質の力価:その物質自体の抗酸化力
*投与する抗酸化物質量
によって変わってきます。

どんなに優れた抗酸化物質であっても、その物質量が少なければ望む抗酸化力は得られませんし、抗酸化力の低い物質を大量に与えても無駄でしょう。

さらに抗酸化物質は『活性酸素を除去する』というよりは『自身が身代わりとなって(酸化することによって)細胞や組織を還元する』というものがほとんどです。(水素だけは『活性酸素と反応して水になる』という特殊な反応です)

よって、大量になった場合に「過剰投与による毒性」も問題となる場合があります。

抗酸化治療戦略はこれらのバランスがとても大切です。

水素治療のご質問で『水素水を飲んでいるが、効果をまったく感じない』というものがとても多いのですが、前にも話しましたが『水素は気体』です。

水素水とは『水に水素が入り込んだもの:炭酸水のようなもの』です。
よって一言で『水素水』といっても『その水に水素がどれだけ入っているか?』によってその作用は全く違います。

*水素:高力価の物質
*用量:含まれる「水素ガス」の量
という考え方で言えば、水素自体はどれも同じですので、含まれる量によって全く違うということです。

世界中で発表される『水素の効果論文』や当院で行う「高飽和度水素注射」の水素飽和量(水に溶存する水素の量)は大変高いもので、その効果は疾患治療を発揮できます。

当然、その投与方法によっても効果は大きく変わってきます。
それだけ「気体(水素ガス)を使った治療はデリケート」ということです。

写真: 細胞やDNA、ミトコンドリアの酸化劣化が老化や疾患の増加に深く関係することが世界中の研究機関が発表するようになってきました。

「活性酸素と抗酸化力(抗酸化物質)」の関係は予防医学の世界では以前より治療利用されていますが、その効果がハッキリしにくかったことが『抗酸化物質の効果』を懐疑的にしていた部分も大きいでしょう。

医学の世界では抗酸化力を極端に高めた物質(ラジカットなど)が高い治療効果を示し、医薬品として利用されていることを考えれば、その作用は十分に治療利用できるものであることは間違いありません。

抗酸化力が治療レベルに効果を発揮するには『発生した活性酸素や酸化劣化を除去できるレベル』でなければなりません。

抗酸化力は
*抗酸化物質の力価:その物質自体の抗酸化力
*投与する抗酸化物質量
によって変わってきます。

どんなに優れた抗酸化物質であっても、その物質量が少なければ望む抗酸化力は得られませんし、抗酸化力の低い物質を大量に与えても無駄でしょう。

さらに抗酸化物質は『活性酸素を除去する』というよりは『自身が身代わりとなって(酸化することによって)細胞や組織を還元する』というものがほとんどです。(水素だけは『活性酸素と反応して水になる』という特殊な反応です)

よって、大量になった場合に「過剰投与による毒性」も問題となる場合があります。

抗酸化治療戦略はこれらのバランスがとても大切です。

水素治療のご質問で『水素水を飲んでいるが、効果をまったく感じない』というものがとても多いのですが、前にも話しましたが『水素は気体』です。

水素水とは『水に水素が入り込んだもの:炭酸水のようなもの』です。
よって一言で『水素水』といっても『その水に水素がどれだけ入っているか?』によってその作用は全く違います。

*水素:高力価の物質
*用量:含まれる「水素ガス」の量
という考え方で言えば、水素自体はどれも同じですので、含まれる量によって全く違うということです。

世界中で発表される『水素の効果論文』や当院で行う「高飽和度水素注射」の水素飽和量(水に溶存する水素の量)は大変高いもので、その効果は疾患治療を発揮できます。

当然、その投与方法によっても効果は大きく変わってきます。
それだけ「気体(水素ガス)を使った治療はデリケート」ということです。