投稿

閉経後骨粗鬆症/慢性関節リウマチにおける水素の作用

最近になって、多くの疾患と「活性酸素/サイトカイン」との関係が明らかになってきました。
表題にある「慢性関節リウマチ」「骨粗鬆症」だけでなく「糖尿病」「動脈硬化」「アルツハイマー」「パーキンソン病」など、数々の疾患発生およびその進行に『微細炎症/血管内炎症」が大きく関わっているようです。

これら「炎症のドミノ現象」の中心となるのが『TNFα』というサイトカインの一種。
TNFαの作用は
*IL6,8など炎症性サイトカインの増加
*INFγの増加
*血管内皮細胞のセクレチン発現
*好中球からのエラスターゼ産生増加
*ミトコンドリアの呼吸阻害(ミトコンドリア破壊)
などを引き起こす物質で、障害細胞の細胞死も司っている物質です。
細胞の営みにとって重要な物質ですが、これらの暴走(免疫/炎症の暴走)は自己破壊を引き起こし、これが老化による慢性疾患の発病/進行、老化の大きな原因ではないかと言われています。

論文では、骨粗鬆症の根本原因として研究されはじめた『骨芽細胞のTNFα誘導性細胞障害』に対する水素の作用を研究しており、水素がこによる炎症および細胞障害を軽減していることを示しています。

水素の抗炎症/抗アレルギー作用は、そのもの自体を抑制してしまうのではなく、『活性酸素-TNFα-IL』のアンバランスを是正することによって発揮している可能性があります。
ようするに、多くの疾患は「免疫自体が悪いのではなく、免疫のアンバランス(弱体化と過剰発現)」であり、必要なのは『免疫強化剤や免疫抑制剤ではなく調節剤』という考え方です。
水素はこの「調節作用」が最も優れているのではないかと考えることができます。

水素が、本来発生してはならない『悪玉活性酸素のみを除去する』という作用を持ち、生理活性上必要な活性酸素を除去しないという特徴がこの調節作用の中心であろうと考えられます。

どちらにしても、水素の恩恵を得るためには、短期投与ではなく『長期の継続的な投与が重要』と言わざるを得ません。
当院においても、継続的な投与(内服、点滴、注射など)によって、思いもよらない効果を引き出していることを考えれば、『最低でも6ヶ月』の投与期間が重要であろうと考えています。

<水素治療に関するお問い合わせ>
医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Treatment with hydrogen molecule alleviates… [Mol Cell Biochem. 2013] – PubMed – NCBI
0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

リウマチ/関節症などの痛みに対する水素の効果の検証

慢性関節リウマチ/骨粗鬆症/変形性関節症などの『慢性痛』の原因は徐々に解明されつつあります。
これについての論文は、最近になった多数発表されていますが、特に『TNFα-NFκB-活性酸素』の絡んだシステムです。水素の効果は、初期(2007年頃)は『抗酸化作用』に絞って論じられてきましたが、昨今は『抗炎症作用』『抗アレルギー作用』が中心になってきています。

この論文は『骨関節疾患の痛み』に対する水素の効果とその制御システムについて。
詳細は割愛しますが、結論から言えば水素には抗酸化作用以外に
*SOD強化作用
*TNFαによるNFκB誘導の抑制作用
*TNFαによるiNOS誘導の抑制作用
などを認め、それによって炎症徴候(疼痛、腫脹、発熱、発赤)を抑制しているとしています。

よく「水素の鎮痛作用はステロイドや消炎鎮痛剤と比べてどうでしょうか?」という質問を受けますが、ここで論じているのは『対症療法か?根治療法か?』です。

その場の痛みをとるという意味では
1:麻酔薬
2:ステロイド
3:消炎鎮痛剤
4:水素
となりますが、1〜3は炎症の原因を取り除いているのではなく『症状を緩和させる目的』で利用されます。
水素の目的は『慢性化した炎症サイクルを正常化させる』ことです。よって、比較対象にすべきではないと考えています。

具体的には、当院では骨関節の痛みに対する水素治療を行っていますが、それは既存の治療を排除し、それに成り代わるものという位置づけではありません。

局所注射や関節内注射は、そのほとんどが『麻酔+ステロイド』のような注射ですが、これはあくまでも対症療法です。
ここに『高濃度水素水』を混ぜ合わせることにより
*治療期間が短くなる
*鎮痛剤の使用量を減らせる
*対症療法治療薬から離脱しやすくなる
というメリットがあります。

対症療法は悪ではありません。
対症療法と根治療法を組み合わせることによって、治療中の痛みを緩和しつつ、根治を目指すことが可能となってくると思います。

水素関節内注射、水素筋肉注射に対するお問い合わせ

医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Treatment with hydrogen molecule alleviates… [Mol Cell Biochem. 2013] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

水素の炎症抑制効果と作用機序

慢性疾患の多くに「慢性炎症」があり、それに伴う炎症症状(炎症反応)の抑制は、QOL上重要な治療です。
アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチ、他膠原病、慢性気管支炎、気管支ぜんそくなど、慢性的な炎症による症状は大変辛いものです。

『免疫→炎症反応』は生体が自己を異物から守る上で大切な防御システムですが、免疫に伴う炎症反応が強すぎたり、慢性的に継続したりすると、炎症そのもので自身を破壊してしまう。

以前より、炎症の慢性化/強化に活性酸素が関与することはわかっていましたが、最近になってそのシステムが解明されつつあります。

詳細は前回の説明に譲りますが、何らかの原因によって発動した免疫システムは、その連鎖の中で活性酸素が炎症性サイトカインを必要以上に増加させ、炎症が強化されていることがわかっています。

強化された免疫→炎症反応を抑えるために、医療では『ステロイド』『NSAIDS:消炎鎮痛剤』を使用します。

強すぎる炎症反応を抑制するには、大変有効な物質ではありますが、これらには多くの副作用が存在します。

活性酸素による免疫→炎症システムの強化に伴い、ステロイドやNSAIDSを増量せざるを得ない状況が、これらの副作用を強化するもうひとつの原因だと考えています。

当院では昨年春より『水素の抗炎症/消炎鎮痛効果』を確かめてきました。

そこでわかってきたことは
*水素は免疫系を抑制しているのではない
*水素は炎症性メディエーターを減らしているのではない
という事です。

水素は『炎症の増幅を引き起こす活性酸素を除去している』というのが正しいのかもしれません。

その場の消炎鎮痛効果は、炎症の実態である『炎症メディエーター:COX2など』を抑制する必要があるため、これらを抑制する治療が必要となります。

しかし、炎症メディエーターを増幅する活性酸素の発生を放置すると、炎症は徐々に増加し、それに伴って薬剤も徐々に増量せざるを得ないのです。

一般的な消炎鎮痛治療に水素療法を併用すると、
*ステロイド/NSAIDSの減量が可能
*必要以上の免疫→炎症反応の抑制が可能
というメリットがあります。

また、『プラセンタ療法』『ノイロトロピン療法』といった「抗炎症サイトカインを増やす治療」を併用することによって、悪い炎症増加サイクルを『火消しの方向』に持ってゆくことが可能となります。

*変形性関節症
*慢性関節リウマチ
*その他膠原病
*アトピー性皮膚炎
*血管炎
*感染症などの慢性化
その他『ステロイド、鎮痛剤を多用するしかない疾患』に対し、水素の併用療法は大変有効な治療法であると考えます。

水素療法に関するお問い合わせ/診察予約は下記まで

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 【水素の炎症抑制効果と作用機序】
慢性疾患の多くに「慢性炎症」があり、それに伴う炎症症状(炎症反応)の抑制は、QOL上重要な治療です。
アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチ、他膠原病、慢性気管支炎、気管支ぜんそくなど、慢性的な炎症による症状は大変辛いものです。

『免疫→炎症反応』は生体が自己を異物から守る上で大切な防御システムですが、免疫に伴う炎症反応が強すぎたり、慢性的に継続したりすると、炎症そのもので自身を破壊してしまう。

以前より、炎症の慢性化/強化に活性酸素が関与することはわかっていましたが、最近になってそのシステムが解明されつつあります。

詳細は前回の説明に譲りますが、何らかの原因によって発動した免疫システムは、その連鎖の中で活性酸素が炎症性サイトカインを必要以上に増加させ、炎症が強化されていることがわかっています。

強化された免疫→炎症反応を抑えるために、医療では『ステロイド』『NSAIDS:消炎鎮痛剤』を使用します。

強すぎる炎症反応を抑制するには、大変有効な物質ではありますが、これらには多くの副作用が存在します。

活性酸素による免疫→炎症システムの強化に伴い、ステロイドやNSAIDSを増量せざるを得ない状況が、これらの副作用を強化するもうひとつの原因だと考えています。

当院では昨年春より『水素の抗炎症/消炎鎮痛効果』を確かめてきました。

そこでわかってきたことは
*水素は免疫系を抑制しているのではない
*水素は炎症性メディエーターを減らしているのではない
という事です。

水素は『炎症の増幅を引き起こす活性酸素を除去している』というのが正しいのかもしれません。

その場の消炎鎮痛効果は、炎症の実態である『炎症メディエーター:COX2など』を抑制する必要があるため、これらを抑制する治療が必要となります。

しかし、炎症メディエーターを増幅する活性酸素の発生を放置すると、炎症は徐々に増加し、それに伴って薬剤も徐々に増量せざるを得ないのです。

一般的な消炎鎮痛治療に水素療法を併用すると、
*ステロイド/NSAIDSの減量が可能
*必要以上の免疫→炎症反応の抑制が可能
というメリットがあります。

また、『プラセンタ療法』『ノイロトロピン療法』といった「抗炎症サイトカインを増やす治療」を併用することによって、悪い炎症増加サイクルを『火消しの方向』に持ってゆくことが可能となります。

*変形性関節症
*慢性関節リウマチ
*その他膠原病
*アトピー性皮膚炎
*血管炎
*感染症などの慢性化
その他『ステロイド、鎮痛剤を多用するしかない疾患』に対し、水素の併用療法は大変有効な治療法であると考えます。

水素療法に関するお問い合わせ/診察予約は下記まで

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

水素水注射/水素水点滴の治療経過

当院において、水素水(過飽和水素生理食塩水)の注射/点滴治療を初めて約1年。
数々の目的で継続治療をされる方が増えてきました。

加えて継続治療による経過/効果についてもわかってきました。

以下、血液検査や自覚症状の変化です。

【自覚症状の変化】
*喘息の発作が出にくくなった
*アトピーの症状が減少した
*慢性関節リウマチの関節痛が軽減した
*眠れるようになった
*視野がハッキリした
*肌が奇麗になった
*持久力がついた
*体温が上がった
*手足が暖かくなった(冷えの改善)

【他覚症状/検査結果の変化】
*8-OHdG(DNAの酸化劣化損傷検査)が低下
*血圧が低下(降圧剤の量が減った)
*中性脂肪値の低下
*コレステロール値の低下
*酸化LDL(悪玉LDL)の低下
*白内障の改善
*1回換気量の増加(肺)
*AGEsの低下

などがあります。

水素の作用は主に
*抗酸化作用
*抗炎症作用
*抗アレルギー作用
で、それによる
*DNA修復作用
*細胞膜修復作用によるホルモン感受性の改善
*組織修復作用
*神経細胞保護作用
などが、多くの大学病院/研究所で研究が行われています。

これらの改善には、ある程度の時間と継続治療が必要ですが、
*合成薬物ではない
*副作用がない
などの利点も多く、誰にでも使用できます。

病気の予防や老化予防について「何かひとつと言われれば何ですか?」とよく聞かれますが、私は「何かひとつと言われれば『抗酸化』です」と答えます。

「人は血管とともに老化する」と言われます。

血管の老化のほとんどは「酸化劣化」によるものです。

この酸化劣化を除去する「最も強力な抗酸化物質」は水素であると言えます。

この水素を大量に飽和させたものを注射/点滴する治療法は、
*最も手軽で
*最も安全で
*長期的には最も効果的な
抗酸化治療であると考えています。

価格は
*水素注射:¥5,000/1回
*水素点滴:¥7,000/1回

となっています。
*水素水中に「ビタミンC」「αリポ酸」「グルタチオン」「ビタミン群」「ナイアシン」「カルニチン」「プラセンタ」などを混合することもできます。
混合することによって、それらの物質の活性が上昇し、効果が高まります。

ご希望の方はクリニックまでご連絡ください。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp — 場所: 医療法人社団医献会 辻クリニック

写真: 【水素水注射/水素水点滴の治療経過】
当院において、水素水(過飽和水素生理食塩水)の注射/点滴治療を初めて約1年。
数々の目的で継続治療をされる方が増えてきました。

加えて継続治療による経過/効果についてもわかってきました。

以下、血液検査や自覚症状の変化です。

【自覚症状の変化】
*喘息の発作が出にくくなった
*アトピーの症状が減少した
*慢性関節リウマチの関節痛が軽減した
*眠れるようになった
*視野がハッキリした
*肌が奇麗になった
*持久力がついた
*体温が上がった
*手足が暖かくなった(冷えの改善)

【他覚症状/検査結果の変化】
*8-OHdG(DNAの酸化劣化損傷検査)が低下
*血圧が低下(降圧剤の量が減った)
*中性脂肪値の低下
*コレステロール値の低下
*酸化LDL(悪玉LDL)の低下
*白内障の改善
*1回換気量の増加(肺)
*AGEsの低下

などがあります。

水素の作用は主に
*抗酸化作用
*抗炎症作用
*抗アレルギー作用
で、それによる
*DNA修復作用
*細胞膜修復作用によるホルモン感受性の改善
*組織修復作用
*神経細胞保護作用
などが、多くの大学病院/研究所で研究が行われています。

これらの改善には、ある程度の時間と継続治療が必要ですが、
*合成薬物ではない
*副作用がない
などの利点も多く、誰にでも使用できます。

病気の予防や老化予防について「何かひとつと言われれば何ですか?」とよく聞かれますが、私は「何かひとつと言われれば『抗酸化』です」と答えます。

「人は血管とともに老化する」と言われます。

血管の老化のほとんどは「酸化劣化」によるものです。

この酸化劣化を除去する「最も強力な抗酸化物質」は水素であると言えます。

この水素を大量に飽和させたものを注射/点滴する治療法は、
*最も手軽で
*最も安全で
*長期的には最も効果的な
抗酸化治療であると考えています。

価格は
*水素注射:¥5,000/1回
*水素点滴:¥7,000/1回

となっています。
*水素水中に「ビタミンC」「αリポ酸」「グルタチオン」「ビタミン群」「ナイアシン」「カルニチン」「プラセンタ」などを混合することもできます。
混合することによって、それらの物質の活性が上昇し、効果が高まります。

ご希望の方はクリニックまでご連絡ください。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

飽和水素水注射による鎮痛治療(ペイン)について

飽和水素水注射による鎮痛治療についていくつかご質問があったので、ご回答です。
*どのくらいの効果がありますか?
*他の疼痛治療(ステロイド、消炎鎮痛剤、麻酔薬など)とくらべ て治療(鎮痛)効果はどの程度ですか?

これらのご質問については以下のように考えています。
医学的に鎮痛効果度合いを計測することはできませんが、同等程度の鎮痛効果はあると考えています。(あくまでも患者さん本人の主観であるため)

この治療法のもっとも優れた点は『副作用がない』『薬剤(合成化学物質を使わない』だと考えています。

現在ペインクリニックや整形外科で鎮痛治療に利用される薬剤は
*消炎鎮痛剤(注射、内服、外用)
*ステロイド(注射、内服、外用)
*麻酔薬(注射、外用)
が中心です。

麻酔はあくまでも『その場の痛みを感じなくする』ことを目的としているため、治療としての方向性は違います。
消炎鎮痛剤やステロイドは、水素と同じように『原因→化学反応→炎症反応』の「生体内化学反応」に作用する薬剤です。

消炎鎮痛剤・ステロイド・水素を比較した場合、消炎鎮痛作用が同等と考えるならば
*副作用がない
*投与量に制限がない
*投与回数に制限がない
*投与部位に制限がない
という部分に関しては水素に利があります。

現在、世界中で多くの研究機関が研究を重ねていますが、水素の作用機序は
*抗酸化作用
*抗炎症作用
*抗アレルギー作用
*細胞(ミトコンドリア)修復作用
*DNA修復作用
ではないかと考えられています。

この作用を利用して
*アレルギー疾患:喘息、アトピーなど
*膠原病:慢性関節リウマチなど
*動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞
*神経変性疾患:パーキンソン病、アルツハイマー病など
*ガン
などに対する治療も試みられています。

このような臨床試験が急速に進むのも『副作用がない』という利点があるからです。

鎮痛作用も他の薬剤(麻酔を除く)に比べて遜色はありませんし、長期的な作用は優れていると思われます。(リウマチなどに対し半年以上の治療を行うと、関節機能の回復をみとめています)

よって、ご質問のように「他の鎮痛治療:他の鎮痛作用薬との比較」については
*短期的には遜色なし
*長期的には優れている
という考えです。

医療法人社団医献会 辻クリニック (四谷/麹町)
理事長 辻直樹

分子レベルで変性(酸化劣化、糖化劣化、炎症劣化)した『異常な組織』

慢性関節リウマチやSLE、強皮症などのいわゆる『膠原病』は自己免疫疾患と言わせる。

「自己免疫疾患」とは「異物に対して反応する免疫器官が、正常な自己の組織に対して過剰に反応し、攻撃を加えてしまう疾患の総称」とされる。

当院では慢性関節リウマチの患者に対し『水素療法』を施し、成果を上げつつあるが、治療当初は『水素の抗炎症作用による炎症反応の抑制』という考えてあった。

この論文で考えさせられたことは『正常な自己細胞/組織とは何か?』ということである。

生体分子は「グリコシル化」「リン酸化」「メチル化」といった化学反応を繰り返し、摂取した栄養素から組織を作り出している。

その「正常な」化学反応で作り上げられた「正常な」組織に対しては「正常な」免疫反応は反応するのだろうか?

組織はマクロのレベル(顕微鏡レベル)では正常に見えても成分分析レベルでは「正常でない組織」ということは多々ある。

軟骨組織や膠原組織(コラーゲンやエラスチンなど)が一見正常に見えたとしても、そのタンパクが『酸化劣化』『糖化劣化(AGEs化)』していたとすると、自己の免疫細胞は『正常な自己』と認識しない可能性はあるだろう。

今までの膠原病/自己免疫疾患の治療は『組織/細胞は正常であるが、免疫がおかしくなって自分自身を攻撃する病気』とされていた。

しかし、分子レベルで考えるならば、その『正常と思われていた組織』は実は正常ではなく、分子レベルで変性(酸化劣化、糖化劣化、炎症劣化)した『異常な組織』という考え方もできる。

水素による慢性関節リウマチに対する治療では、関節の炎症が治まるだけでなく、『滑膜増殖の抑制』『軟骨細胞/組織の再生』などを認める論文が多数発表されているし、当院でもその論文に合致する臨床例を多く認める。

このような症例は、単なる『水素の抗炎症作用』として片付けることはできず、組織の酸化劣化抑制/修復により、正常な免疫反応が単に治まったと考えても良いのかもしれない。

であれば、現在の自己免疫疾患の概念「正常な細胞/組織への『狂った免疫』による病気」は間違いであり、通常通りの「『分子レベルの異常な細胞/組織』に対する正常な免疫反応による病気」で良いことになだろう。

Is the generation of neo-antigenic determinant… [Autoimmun Rev. 2008] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 22 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

『寝違え/むち打ち』『四十肩』『腰痛/ぎっくり腰』『膝関節痛』『リウマチ』などの痛みに対し、当院では『飽和水素水の筋肉注射/関節注射』による鎮痛治療を行っています。

その鎮痛作用/メカニズムについて簡単にお書きします。

図にあるように、痛みは『何らかのトリガー(引き金)』によって活性酸素が発動し、そこから
【ROS→NFκB→COX2→PG→炎症反応】という生体内化学反応によって炎症が生まれます。

炎症とは【痛み・発熱・腫脹(はれ)・発赤】を伴う生体内反応で、生体防御に伴ってどうしても出現してしまうものです。

この炎症反応を止めるために
*COXを止める→消炎鎮痛剤
*NFκBを止める→ステロイド
が利用されますが、これらにはそれぞれ副作用が存在します。

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

よってこの治療の利点は
*反応初期段階に作用するので治療効果が高い
*治療効果が早い(即効性)
*生理活性物質であるため副作用がない
*活性酸素と反応すると水に変わってしまう
という部分です。

また、世界中で発表される論文や、当院で治療を続ける慢性関節リウマチの治療経過を観察すると、単なる鎮痛作用だけでなく
*組織再生作用
*細胞再生作用
*DNA修復作用
などが存在することが解ってきました。

まだまだ新しい治療であるため認知されていませんが、慢性的な痛みに対する新しい治療法として「ステロイド/鎮痛剤に変わる治療」になると考えています。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 『寝違え/むち打ち』『四十肩』『腰痛/ぎっくり腰』『膝関節痛』『リウマチ』などの痛みに対し、当院では『飽和水素水の筋肉注射/関節注射』による鎮痛治療を行っています。

その鎮痛作用/メカニズムについて簡単にお書きします。

図にあるように、痛みは『何らかのトリガー(引き金)』によって活性酸素が発動し、そこから
【ROS→NFκB→COX2→PG→炎症反応】という生体内化学反応によって炎症が生まれます。

炎症とは【痛み・発熱・腫脹(はれ)・発赤】を伴う生体内反応で、生体防御に伴ってどうしても出現してしまうものです。

この炎症反応を止めるために
*COXを止める→消炎鎮痛剤
*NFκBを止める→ステロイド
が利用されますが、これらにはそれぞれ副作用が存在します。

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

よってこの治療の利点は
*反応初期段階に作用するので治療効果が高い
*治療効果が早い(即効性)
*生理活性物質であるため副作用がない
*活性酸素と反応すると水に変わってしまう
という部分です。

また、世界中で発表される論文や、当院で治療を続ける慢性関節リウマチの治療経過を観察すると、単なる鎮痛作用だけでなく
*組織再生作用
*細胞再生作用
*DNA修復作用
などが存在することが解ってきました。

まだまだ新しい治療であるため認知されていませんが、慢性的な痛みに対する新しい治療法として「ステロイド/鎮痛剤に変わる治療」になると考えています。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

水素の抗炎症/鎮痛効果は「痛みの原因となるNFκBを抑制するが生理活性のNFκBは抑えない=副作用がない」

水素が強力な抗酸化力によって「抗炎症/鎮痛効果」を示すことは多くの論文に発表されており、当院においても『変形性関節症』『慢性関節リウマチ』『外傷後後遺症』『五十肩』『変形性脊椎症』などに対し、水素注射が急速に痛みを取ることは幾度も経験している。

その抗炎症/鎮痛のメカニズムは
【活性酸素→NFκB↑→COX2↑→PGE2,PGI2↑→炎症】という炎症発動システムの大元である「活性酸素の除去」であり、これは現在主流となっている鎮痛治療である
*ステロイド:NFκB抑制による効果と副作用
*消炎鎮痛剤:COX抑制による効果と副作用
とは大きくことなることを前回記載した。

要約すれば、水素の抗炎症/鎮痛効果は「痛みの原因となるNFκBを抑制するが生理活性のNFκBは抑えない=副作用がない」ということである。

この優れた効果は患者にとって望ましいことではあるが、変形性関節症などの加齢性疾患やリウマチ、外傷による関節破壊は『その場の痛み』も問題ではあるが『関節変形による機能障害』も大きな問題である。

寿命の延長による高齢化社会を向えた日本において、関節障害は『内蔵は元気だが動けない=低いQOL』という状態を作り出すため、その回復を目的とした「人工関節手術」が選択される場合がほとんどである。

昨今話題となった「iPS細胞」は加齢や外傷によって破壊された関節軟骨細胞を再生させる治療として整形外科分野では期待されている治療のひとつではあるが、これが医療現場として取り入れられるようになるにはまだまだ時間がかかるであろう。

そこで今回の論文『一酸化窒素から発生したペルオキシナイトラライトを減少させることによって間接的に遺伝子発現を変化させ、水素分子は酸化ストレスから軟骨を保護する』は大変興味深いものである。

関節軟骨の炎症と破壊に関わる活性酸素種は「ペルオキシナノライト」である。(正確には活性窒素)
これによって先に記載した「炎症サイクル」が発動し、痛みとなることはご理解いただけると思う。

もうひとつの問題は『関節軟骨の破壊』である。
ペルオキシナノライトは、タンパク質に『ニトロ化』という変性を起こし、関節軟骨の変性につながる。

ペルオキシナノライトを抑制できるということは、軟骨のニトロ化変性を抑制し、関節軟骨の変性を予防できることを証明している。

ペルオキシナノライトによって変性する「軟骨構成タンパク:アグリカン、タイプⅡコラーゲン」の変性が水素負荷によって軽減したという。

ここで面白いのが、水素の投与が
*アグリカン、コラーゲンの遺伝子発現を回復させた
*MMP3,13等「コラーゲン分解酵素遺伝子」の発現を低下させた
という部分である。

これは水素の作用が抗炎症/鎮痛作用にとどまらず『軟骨の破壊抑制と再生促進に作用する』ということである。

現在当院でも「可動域を失ったリウマチ患者」に対し、2ヶ月にわたり関節注射を施しているが、
1:初期:急速な鎮痛作用
2:中期:関節腫脹、関節水貯留の軽減
であり、その後
3:可動域の回復
をみとめつつある。

この軟骨組織の再生に関しては半年〜1年という歳月の中でのMRI検査結果などを検証しようと思う。