投稿

水素点滴がくも膜下出血後の脳損傷から脳機能を守る

今年に入ってから、臨床としての水素の効果に関する論文が続々と提出されはじめています。
この論文は、くも膜下出血に対する水素点滴がその後の神経機能/後遺症にどのような影響を与えるかというもの。
その結果、水素負荷した生理食塩水の投与は出血後24時間の時点で
・神経細胞アポトーシスの大幅な減少
・神経機能の改善
を認めたとしています。
このことは、脳梗塞後遺症に関する論文でも発表されており、細胞/組織が「虚血とその後の再還流によって障害を受ける主な原因は活性酸素(ヒドロキシラジカル)である」ということを表しています。

抗酸化剤としての水素の特徴は
1:細胞障害性活性酸素種のみを除去し、細胞シグナルとしての活性酸素種は除去しない:選択的抗酸化作用
2:細胞内移行性に優れ、細胞膜、ミトコンドリア膜、血液脳関門などを容易に通過するため、臨床に即した(試験管レベルではない)作用を持つ
ということで良いでしょう。

そのため、血流を閉ざされた組織や、移行を拒む部位、脂質膜内といった部位であっても容易に到達し、悪性活性酸素を瞬時に除去することができるということです。

最近は水素関連論文を追いかけることが困難なほど、世界中で水素による疾患予防/治療効果に関する論文が提出されており、現代医療の主役に躍り出るのではないかと期待しています。

<水素治療に関するお問い合わせ>
医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Neuroprotective Effect of Hydrogen-Rich Saline agai… [PLoS One. 2014] – PubMed – NCBI
0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

水素のがん細胞に対する作用

人体に対する水素の作用概要が見えはじめ、その作用は「抗酸化作用」を軸とし、それに伴う『抗炎症/抗アレルギー』であろうとなってきました。
この「抗炎症/抗アレルギー作用」は『サイトカイン』をコントロールするところによります。

サイトカインとはひとことで言えば「細胞同士の連絡システム」といってよいでしょう。
中枢からはホルモンや神経伝達によって細胞に指令が出されますが、末梢の細胞同士は、サイトカインという分泌タンパク質を使って連絡を取り合っています。
サイトカインは大きく
*インターロイキン
*インターフェロン
*TNF
*CSF
*成長因子(GF)
などがありますが、これらは中枢からの命令以外に、「末梢での免疫/炎症反応」によっても各細胞から分泌されます。
その免疫/炎症反応に活性酸素が大きく関与するため、水素がこれらサイトカイン分泌に影響を与えるようです。

話を本題に戻すと、水素ががん細胞に与える影響については、このサイトカイン制御作用が大きく関わるようです。
この論文では『VEGF:血管内皮増殖因子』というサイトカイン(成長因子)が関与するようです。
腫瘍細胞は、正常細胞と比較して「早い成長スピード+大量の栄養(糖)消費」が特徴です。
その大量の栄養を腫瘍細胞に送り続けるためには、通常組織以上の血管網が必要となります。
腫瘍組織からはVEGFが分泌され、腫瘍周囲には無数の毛細血管が構築されているのはそのためです。
この論文では、水素が「腫瘍細胞からのVEGFをコントロールし、毛細血管の増殖を抑制することによって腫瘍増殖を抑制している」としています。
他の論文では、この作用は腫瘍細胞に限られ、正常細胞には作用しないとしており、その理由として考えられるのは「異常な分泌を抑制するのであって、正常分泌を抑制するものでない」という考えが正解ではないかと思います。
http://0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw/pubmed/19192719
http://0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw/pubmed/21448340

その後、多くの論文が提出されてきていますが、これまでの論文を読み解く限り、水素のガンに対する作用は『がん細胞(腫瘍)の増殖抑制』と考えて良いと思います。

また、「水素が放射線治療や抗がん剤治療の副作用を抑制し、その効果の妨げにはならない」という論文も発表されており、他の治療との併用に関しても興味深いところではあります。

ガン治療には「ガンを完全に叩く(身体から消し去る)」という考えと「ガンと共存する(増殖を抑制し、暴走を抑える)」という考え方があります。

個人的には、多くの疾患がそうであるように、「病気とうまく付き合ってゆく」という考えもよいのではないかと考えます。

<水素治療に関するお問い合わせ>
医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Inhibitory effect of electrolyzed reduced wa… [Biol Pharm Bull. 2008] – PubMed – NCBI
0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

活性酸素はガンを進行させる

水素のガン抑制作用に対するエビデンスは徐々に整いつつありますが、そもそもなぜ水素がガンの増殖を抑制するのか?について知る必要があります。

この論文は「活性酸素ががん細胞を進行させるか?」を検証するために、皮膚がんを発症させたヌードマウスに遊離鉄を過負荷させ、活性酸素の発生を高めたところ、負荷させていないマウスに比べ、がんが急速に進行した。

鉄は自然発生または免疫反応によって発生した『過酸化水素:H2O2』とフェントン反応を起こし「ヒドロキシラジカル」という悪性度の高い活性酸素を発生させます。
これはヘモクロマトーシスという体内に鉄が過剰となる患者にガンの発生が多いことの理由でもあります。(その他、銅過剰となるウィルソン病も同様にガンが多くなります)

これらの疾患の疫学や、各種論文から「活性酸素(特にヒドロキシラジカル)がガンの進行を促進する」ということは間違いありません。
このことから、ヒドロキシラジカルを選択的に除去する水素は、ガンの発生だけでなく、既存のガン進行を抑制することが示唆されます。

医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Free radical generating agents lead to the rapi… [Arch Toxicol. 2004] – PubMed – NCBI
0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

細胞内の酸化還元状態がシグナル伝達に与える影響

これはある意味大変インパクトのある論文であり、先日発表された『STAP細胞』にも関係するのかもしれません。

細胞内で発生する活性酸素は、いままで「組織を酸化劣化させる」という視点で考えられていました。
しかし、この論文では「活性酸素(特に過酸化水素)がのシグナル伝達物質に影響を与え、各種の遺伝子発現をコントロールしている」ということを突き止めたとしています。

この論文で焦点を当てている遺伝子発現は「発ガン」「腫瘍進行」「炎症」などを制御する遺伝子『PIP』『PTEN』といったもの。
この「腫瘍のアクセル/ブレーキ」をコントロールするシグナルが『過酸化水素:H2O2』によって制御されている仕組みは大変興味深いものです。

詳細は論文を読んでいただきたいが、先のSTAP細胞も「ちょっとしたpHのコントロール」で細胞が初期化されるというもの。

話はズレますが、コンピューターのプログラム言語が『0と1の二進法』によって行われていることを考えると、生体のプログラミングである遺伝子が『酸と塩基/酸性とアルカリ性』といった単純な二進法で行われている可能性はあるのかもしれません。

このことは、万能的に効果を示す水素が「瞬間的に作用し、投与を終えるとすぐに消えてしまう」という特性のなせる技なのかもしれません。

水素の投与に関しても「慢性的に投与する」よりも「瞬間的に大量投与する」ほうが効果的であるという結果も出てきているようで、新たな発見もあるかもしれません。

それらをふまえ、是非読んでいただきたい論文のひとつです。

医療法人社団医献会辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Intracellular redox status controls membrane localization of pro- and anti-migratory signaling…

抗がん剤副作用:神経障害対策と水素

昨年末から今年にかけて、抗がん剤の副作用でよく問題となる「神経障害:癌化学療法性末梢神経障害と活性酸素」についての論文が提出されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24385965
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23891899詳細はこれら3つの論文を読んでいただきたいが、大まかに言えばこういうことになります。
神経組織は大量の脂質に覆われた細胞です。酸化ストレスのうち「脂質過酸化」は神経細胞のミエリンなど脂質で構成された部分を酸化させます。
多くの抗がん剤は、ミトコンドリアの抗酸化システムに作用し、SODによるスーパーオキシドのH2O2への変換システムを阻害し、NO+スーパーオキシドから『ONOO-:ペルオキシナイトライト』を大量発生させるようです。
ONOO-は不飽和脂肪酸をドミノ式に酸化させ、最終的に大量の過酸化脂質を作り出します。論文でも、化学療法による末しょう神経障害に対し、『抗ペルオキシナイトライト』を標的に上げていますが、その作用が最も強く、選択制が強いのが『水素』です。
水素分子は『ペルオキシナイトライト』『ヒドロキシラジカル』といった悪性度の高い活性酸素を選択的に除去します。

当院にも、他院で抗がん剤治療中の方が水素治療を目的に来院されますが、ほとんどの方で『副作用の消失/軽減』を認めます。

また、抗がん剤を使用せず『高濃度ビタミンC点滴』との組合せも行っていますが、成績は良いように感じます。

どのような治療であっても、副作用が強すぎれば、治療の継続が難しくなりますが、水素が副作用を軽減するだけでなく、疾患治療に対しても、効果を示す論文が多数発表されてきています。

今後も水素の作用に対する論文には目が離せません。

医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Oxidative stress and nerve damage: Role in chemot… [Redox Biol. 2014] – PubMed – NCBI

ガン免疫療法の発展:サイエンス誌が選ぶBreakthrough of the yearより

昨年は学術の世界で「ガン治療の方向性」に大きな動きのあった年と言えるでしょう。それが「ガン免疫療法」という考え方です。
ガン治療といえば「どのようにしてガンを殺し、正常細胞への影響を極力少なくした薬の開発」が中心でした。
1980年頃に生まれた「ガン免疫療法」は「ガン細胞を殺す免疫細胞を活性化させ、それによってガン細胞を殺す」という方法。
ようするに『ガンを殺す治療』vs『ガンを殺す免疫細胞にムチを入れる治療』というイメージです。当初は「最終的な結果すらも分からない手法を過剰に促進してしまうことはないだろうか」「ほんの一部の患者にしか触れず、さらにその一部にしか効果を発揮していない手法を、革新的な研究として称えることに無責任さはないだろうか」という議論もありましたが、2013年に入ってから、様々な臨床試験によって懐疑的な意見が一掃され、その可能性が固まりつつあるからです。

一連の臨床試験では、さまざまな患者の寿命を延ばすことに成功しています。例えば、メラノーマから転移し肺に拳大の腫瘍を持つ女性は13年経った今でも健康に生活しており、6歳で白血病によって死のふちにいた子供は10歳になり回復しつつあります。
また、転移性の腎臓癌を患った男性は、治療を止めたのにも関わらず癌細胞は減少し続けているという臨床結果も出てきています。

ガン免疫療法には
*免疫細胞を増やす(移植)
*免疫細胞を賦活する
という大きな流れがあります。
移植は「NK細胞」「幹細胞」「iPS細胞」などが中心となり研究が進んでいます。
賦活は、免疫細胞のブレーキである「CTLA-4」をブロックすることによって免疫力を高める方法などが模索されています。

話を当院の治療に向けますと、『水素治療』は免疫細胞の活性化が確認されており、これによるガン治療は『賦活型』と言ってよいでしょう。
当院では、「水素治療のみ」「水素治療+高濃度ビタミンC点滴」「水素治療+NK細胞/幹細胞療法」「水素治療+放射線治療」「水素治療+抗がん剤」という患者さんがいらっしゃいますが、どの選択であっても
*免疫力の改善
*症状(副作用)の軽減
*体力の増加
などを認めております。

『Breakthrough:革新的』には古い技術/科学や定説、常識というものが大きく立ちはだかります。それを突破することはとても大変なことです。
その中で、多くの研究者達が『革新を定説に』を目標に日夜努力しています。

今年は昨年にもまして、多くの治療結果が生まれると感じていますし、多くのドクターの参加を期待しています。

医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Cancer Immunotherapy

ガン転移の抑制に関する最新論文

先程の論文にあるように、正常細胞が転移能を獲得し、がん細胞化するには、ミトコンドリアDNAの変異による部分が大きいことがわかってきました。この論文ではトランスミトコンドリアルサイブリッドによって、高転移能細胞と低転移能細胞のミトコンドリアの差を確認したところ、ミトコンドリアDNAのND6遺伝子の突然変異が、活性酸素の過剰産生によって転移能を獲得することを確認しました。
このことは、細胞の転移能獲得(ガン化)にはミトコンドリア遺伝子変異による活性酸素発生が大きく関わることを示しています。

また、この変異細胞は、加齢性疾患や耐糖能障害などにも大きく関与していることもわかった。

ガン治療に関しては、たとえ手術などですべて摘出し、ガンから生還できたとしても、『再発の可能性』『細胞レベルの転移の可能性』は払拭できず、その後の不安がつきまとうことが問題です。

正常細胞のガン化(転移能獲得)を抑制することができれば、治療後の予防治療はより積極的に行うことができます。
とくに『ミトコンドリア内の抗酸化治療』は、ガン化抑制にとって重要なアクションであると考えられます。

当然のことながら、水素は「ミトコンドリア内にもスムーズに侵入し、確実に活性酸素を除去できる物質」です。
当院でも、癌治療だけでなく「抗がん剤/放射線治療の副作用軽減」を目的に水素治療を利用していますが、もうひとつ『がん治療後の再発予防』という利用方法についても積極的に行なうつもりです。
「副作用がなく、安心して使える水素」だからこそ可能な治療ではないかと考えています。

医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Regulation of metastasis; mitochondrial … [J Bioenerg Biomembr. 2012] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

水素がガンの転移を抑える

ガンの定義にもありますが、悪性腫瘍が問題となるのは『浸潤と転移』です。
とくに転移は手術や放射線治療のターゲットを絞らせないため、抗がん剤による治療選択をせまられます。『なぜガン細胞が転移能を獲得するのか?』は長く議論され、その中に『ミトコンドリア障害説』が古くから存在します。
*発がん性化学物質がDNAよりもmtDNAに結合しやすいこと
*がん組織のmtDNAは正常組織よりも高い割合で突然変異が蓄積していたことなどによります。

この論文では、ミトコンドリアDNAの突然変異が、ガン細胞の転移能獲得の原因になることを示しています。
ミトコンドリアは本来「細胞内エネルギー産生器官」ですが、転移を引き起こすがん細胞のミトコンドリアDNAはエネルギー産生行程にトラブルを引き起こし、大量の活性酸素種を産生することがわかりました。
がん細胞内のミトコンドリアは、DNA変異によってエネルギー産生能力が低く、活性酸素を発生させるようです。

そして高い転移能を持つガン細胞に対し、抗酸化処理を行うと、その転移能が大きく抑えられました。

がん細胞は「脂肪からのエネルギー産生機能が乏しく、効率の悪い解糖系によるエネルギー産生に依存している」という特徴がありますが、これは脂肪からエネルギーを作り出す「酸化的リン酸化」すなわち、ミトコンドリアによる『酸素を使ったエネルギー産生』が苦手であることと大きく関連します。

癌治療の代替医療として
*糖質摂取を控える:解糖系を抑制
*高濃度ビタミンC:糖と間違えてがん細胞が取込み、発生する活 性酸素で死滅
*抗酸化物質摂取
などがありますが、これらはその方向性は違いますが、理にかなった方法であると考えられます。

また、水素は細胞内/ミトコンドリア内に抵抗なく侵入することのできる唯一の抗酸化物質です。
ガンに対する水素の作用は「正常細胞(免疫細胞)の活性化」と考えてきましたが、それ以外にも「がん細胞内のミトコンドリア」への作用が、転移を抑制している可能性も高くなってきました。
今後、多くのエビデンスが構築されてくることでしょう。

水素治療に関するお問い合わせ
医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

ROS-generating mitochondrial DNA mutations can regul… [Science. 2008] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…

水素が発ガン物質によるガンの発生を抑制

水素の主な作用は
*抗酸化作用
とそれに伴う
*抗炎症作用
*抗アレルギー作用
ですが、これ以外にも多くの作用が見つかってきています。
そのひとつが「発ガン抑制作用」です。『鉄ニトリロ三酢酸』は鉄キレート剤の一種で、強力な発がん物質であることが解っています。
鉄ニトリロ三酢酸を投与すると、鉄をキレートし、膀胱に集積し、近位尿細管内で『フェントン反応』を起こして大量の活性酸素を発生させます。

この活性酸素に対し、生体は「抗酸化力」をもって対抗し、活性酸素を打ち消すことによって各種疾患や遺伝子損傷を免れているが、
*抗酸化力の低下(加齢、抗酸化物質の摂取量低下など)
*酸化ストレスの増加
によって均衡が崩れ、『酸化力>抗酸化力』となると、活性酸素が核内に存在するDNAを損傷し、ガンを発生させることが解っています。

活性酸素によって発ガンや各種炎症が発動するシステムは他の論文に譲るが、活性酸素・NFκB・COX・インターロイキン等が複雑に絡み合っています。

この論文では、鉄ニトリロ三酢酸という発がん物質の投与によって発動する発ガンシステムを、水素の投与が強く抑制したことを示しています。

鉄ニトリロ三酢酸以外に、放射性物質による発ガンシステムも同様で『活性酸素の発生による細胞/遺伝子障害』であり、これについても同様の発ガン抑制作用が認められています。

水素は
*発ガンシステムを抑制することによる発ガン予防
*免疫細胞活性化によるガン治療
という2つの側面を持ちます。
予防にも治療にも利用できる水素の研究はまだまだ進むものと考えています。

水素治療に関するお問い合わせ
医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

当院で行っている「過飽和水素水点滴」を作成する器械です。

水素は
*抗酸化作用
*抗炎症作用
*抗アレルギー作用
を持ち合わせ、副作用のない優れた物質です。水素は活性酸素(特にヒドロキシラジカル)との反応性が高く、瞬時に反応して水に変換してしまいます。
よって水素を大量に飽和させた点滴液を直接静脈に投与するこの方法は、まず初めに『血中の活性酸素/血球の活性酸素/血管内皮の活性酸素』と接触することとなります。

臨床データとして
*8-OHdG(DNA損傷マーカー)の低下(尿検査)
*酸化LDLの低下(血液検査)
が認められます。

これらによって、長期的な治療効果として
*動脈硬化抑制
*癌抑制
*免疫細胞活性化
などの効果は高いのではないかと考えられます。

その他
*疲労(脳疲労)回復
*代謝改善
*不眠解消
*肌質の改善
などを目的にされたり

他の点滴
*マイヤーズ点滴:総合治療
*αリポ酸点滴:抗酸化治療
*グルタチオン点滴:パーキンソン病などの抗酸化治療
*ダイエット点滴:脂肪燃焼システム改善
との混合(上記の点滴水を水素で飽和させます)によって、複合的効果をめざしたりします。

点滴時間は
*100ml:15分
*250ml:30分
程度です。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

過飽和水素水を作る器械です。
水中の水素ガス濃度を上げるには
*温度
*pH(水側の)
*圧
*バブル径
をコントロールする必要があります。
写真: 過飽和水素水を作る器械です。<br />
水中の水素ガス濃度を上げるには<br />
*温度<br />
*pH(水側の)<br />
*圧<br />
*バブル径<br />
をコントロールする必要があります。