関節の痛み(変形性関節症)は人間のQOLを低下させる大きな要因のひとつ

加齢とともに『老化現象』として現れる関節の痛み(変形性関節症)は人間のQOLを低下させる大きな要因のひとつである。

以前「変形性関節症の軟骨壊死に活性窒素種(ONOO)が関与する」という論文をアップした。

活性窒素のひとつである「ペルオキシナノライト:ONOO」は細胞が発する「NO:一酸化窒素」と「SO:スーパーオキシド」の反応によって発生する。

これらの物質は生体を劣化させる悪性物質ではなく、血管拡張作用や免疫細胞の殺菌作用の元となる物質であり、生命維持には欠かせない物質である。

詳細は論文に譲るが、活性酸素/スーパーオキシド関連の論文を読んでいると、どのようなものでも『絶対悪』『絶対善』というものが存在しないのだということがよく解る。

ミトコンドリアから生成されるSOはミトコンドリアが作り出す酵素(SOD)を使って過酸化水素(H2O2)を生成し、それをカタラーゼによって水に変換している。

白血球などは
*SOの生成量
*SOD量
*カタラーゼ量
などをコントロールすることによって、過酸化水素を増やし、細胞内で取込んだ細菌を殺菌している。

軟骨細胞の加齢性疾患である変形性関節症は
*軟骨細胞のアポトーシスによる障害
*NO誘発性の障害
という説が存在したが、最近の研究では「NO誘発性である」という考えが主流となってきている。

何らかの原因でNOとSO、SOD、カタラーゼのバランスが変化し、過剰なペルオキシナノライト(活性窒素)が作られることによって、軟骨繊維芽細胞の機能障害と、軟骨組織の酸化劣化が進んだ結果であろうとしている。
(同様な論文が関節軟骨だけでなく、じん帯、関節包についても発表されている)

過飽和水素水を関節内に投与すると、長期的には
*鎮痛作用
*抗炎症作用
*軟骨再生作用
を示すが、これは水素のペルオキシナノライト除去だけでなく、他の活性酸素種のバランスに影響するためなのかもしれない。

この論文においても「変形性関節症の進行に活性酸素の影響が大きい」としているが、生体の炎症反応に活性酸素が大きく作用している以上、当然の結果といえるであろう。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)

Nitric oxide induced cell death in human osteoar… [J Rheumatol. 2002] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 22 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…