腫瘍細胞内においてNFκBが恒常的に活性化を受けている

NFκB(エヌエフカッパビー)は細胞内転写因子タンパクとして
*炎症反応のトリガー
*腫瘍増殖
*アポトーシスの制御
などに重要であることが近年になって解ってきている。

NFκBは
*各種ストレス
*活性酸素
*紫外線/放射線
*各種サイトカイン
などによって活性を受け、炎症や細胞増殖に関与する。

最近、腫瘍細胞内においてNFκBが恒常的に活性化を受けていることが解ってきた。

NFκBの活性によって、抗アポトーシスタンパクの転写が起こり、腫瘍のアポトーシス機能が失われることによって腫瘍増殖が促進する。

それを受けて、NFκBの阻害が腫瘍増殖を抑制したり、腫瘍の抗がん剤感受性を上昇させたりすることが判明してきた。

ガン治療戦略には「ガン自体をたたく」ということは当然重要であるが、
*がん細胞の自滅を即す
*新たながん細胞を増やさない
*正常細胞のガン化を抑制する
ということも重要であろう。

NFκBを制御する「消炎鎮痛剤:NSAIDS」の継続的投与がガンの増殖を抑制することが解ったきたが、その作用機序は「NSAIDSによるNFκBの抑制」であるようだ。

*ストレスがなぜいけないのか?
*抗がん作用を示すとされる天然物質の多くが抗酸化酵素
*紫外線/放射線による発ガン
など、今まで不明な点が多かった部分の解明に、このNFκBが関与することは間違いないようである。

また、水素治療によって「抗がん剤の作用増強/副作用軽減」が起こる理由は、水素の投与によってNFκBが大きく低下することと大きく関係するかもしれない。

The transcription factor nuclear … [Clin Oncol (R Coll Radiol). 2007] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 22 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…