老化とは身体を構成する「細胞とタンパク組織の劣化」

老化と老化に伴う疾患の増加を分子レベルで考えるならば、身体を構成する「細胞とタンパク組織の劣化」と捕らえることができます。

【細胞】・・・細胞内小器官の劣化
*DNA劣化
*ミトコンドリア劣化
*ゴルジ体劣化
*小胞体劣化
*細胞膜劣化(受容体、膜タンパクの劣化)
【タンパク組織劣化】
*膠原繊維劣化(コラーゲンなどの劣化)
*水晶体劣化
*神経組織劣化(ミエリンなど)
*筋組織劣化
などによって「DNA変異、機能低下」の結果、臓器の機能を低下させることになります。

分子レベルで考えると、これらの変性は
*酸化劣化
*糖化劣化
*炎症劣化
にほとんど集約されます。
そこに
*重金属
によるミネラル機能変異や
*化学物質
による昨日変異、その解毒によって生じる
*アルデヒド
などが加わることとなります。

それによって身体を構成するタンパク質の劣化こそ、老化の根本ではないかと考えられています。

エイジングコントロールにはいろいろな考え方がありますが、「細胞レベルのコントロール:セル・セラピー」の考え方から言えば
*抗酸化
*抗糖化
*抗炎症
*解毒(重金属、化学物質、アルデヒド)
が基本でしょう。

当院では、これらの現象を各種検査
*酸化劣化度:dROM,BAP,8-OHdG
*糖化劣化度:HbA1c,グリコアルブミン,AGEs
*炎症劣化度:高感度CRP
*重金属蓄積:毛髪/爪ミネラル検査
*肝解毒能:肝機能検査、アルデヒド
によって確認し、正常化してゆくという方法を行っています。

「病気になる前の予防治療」「細胞レベルの病気/老化治療」のひとつの考え方としていただければと思います。

写真: 老化と老化に伴う疾患の増加を分子レベルで考えるならば、身体を構成する「細胞とタンパク組織の劣化」と捕らえることができます。

【細胞】・・・細胞内小器官の劣化
*DNA劣化
*ミトコンドリア劣化
*ゴルジ体劣化
*小胞体劣化
*細胞膜劣化(受容体、膜タンパクの劣化)
【タンパク組織劣化】
*膠原繊維劣化(コラーゲンなどの劣化)
*水晶体劣化
*神経組織劣化(ミエリンなど)
*筋組織劣化
などによって「DNA変異、機能低下」の結果、臓器の機能を低下させることになります。

分子レベルで考えると、これらの変性は
*酸化劣化
*糖化劣化
*炎症劣化
にほとんど集約されます。
そこに
*重金属
によるミネラル機能変異や
*化学物質
による昨日変異、その解毒によって生じる
*アルデヒド
などが加わることとなります。

それによって身体を構成するタンパク質の劣化こそ、老化の根本ではないかと考えられています。

エイジングコントロールにはいろいろな考え方がありますが、「細胞レベルのコントロール:セル・セラピー」の考え方から言えば
*抗酸化
*抗糖化
*抗炎症
*解毒(重金属、化学物質、アルデヒド)
が基本でしょう。

当院では、これらの現象を各種検査
*酸化劣化度:dROM,BAP,8-OHdG
*糖化劣化度:HbA1c,グリコアルブミン,AGEs
*炎症劣化度:高感度CRP
*重金属蓄積:毛髪/爪ミネラル検査
*肝解毒能:肝機能検査、アルデヒド
によって確認し、正常化してゆくという方法を行っています。

「病気になる前の予防治療」「細胞レベルの病気/老化治療」のひとつの考え方としていただければと思います。