紫外線とUVケアの問題点

紫外線が強くなる前に『紫外線とUVケアの問題点』について

酸化劣化は、肌を劣化(老化)させる最大の原因と言われています。(その他糖化劣化、炎症劣化もあります)
『UVケア』を行う理由はUVによって発生する活性酸素を抑制するためです。

UVは皮膚に存在する色素と反応すると『光励起』という現象によって『一重項酸素』という活性酸素が発生します。
この活性酸素は『ヒドロキシラジカル、ペルオキシナノライト』と並ぶ『悪性の活性酸素(活性窒素)』です。

これらの活性酸素は皮膚を構成する
*角質タンパク
*表皮細胞
*真皮細胞
*真皮コラーゲン/エラスチン
*ランゲルハンス細胞(免疫細胞)
などから電子を奪い『酸化劣化』させてしまいます。

酸化劣化はタンパクや脂質の構造変化を起こし、本来の目的を達成できなくさせます。これが『老化』という現象です。

これを予防するために『サンプロテクト/UVケア』が行われますが、その方法に大きな問題があることが解ってきました。

現在、UVケア目的に利用される成分は『酸化チタン』という物質です。

酸化チタンが太陽からのUVを反射させ、表皮/真皮に到達することをブロックすることによって『UV→一重項酸素発生』を抑制しようという理論です。

酸化チタンは、UVクリームなどに混ぜ、塗布することによって、皮膚(角質)上に酸化チタン粒子の膜を作ります。

酸化チタンは日光に含まれるUVを反射させることによって、UVが表皮/真皮に到達することを防ぎ、一重項酸素(1O2)の発生を抑制します。

しかし、ここにきて「UVを照射された酸化チタンがヒドロキシラジカルを作り出す」ということが解ってきました。

酸化チタンは「光触媒作用」を持っています。
酸化チタンに紫外線があたると電気分解と同じ作用で水を分解し、水から活性酸素を作り出します。

酸化チタンの光触媒作用を壁の塗料などに使用するとカビを予防したり、汚れの付着を予防したりできるのは、光触媒によって発生する『ヒドロキシラジカルによる作用』です。

これと同様の現象が『UVクリームを塗った肌表面』でも発生しています。

皮膚上に塗布された酸化チタンは、たしかに『UVを反射させる能力:SPF (Sun Protection Factor)』を持っています。

そのSPFによって紫外線が皮膚に侵入することを抑制し、一重項酸素の産生を抑制することができます。

しかし、皮膚上に塗布された酸化チタンにUVがあたることによって、ヒドロキシラジカルが発生し、そのヒドロキシラジカルが角質/表皮/真皮の細胞/組織にダメージを与えてしまうのです。

『酸化チタンはUVブロックによって一重項酸素を抑制できても、反面ヒドロキシラジカルを大量に発生させて酸化劣化させる』ということです。

一重項酸素をブロックする変わりに、さらに悪性度の高いヒドロキシラジカルを発生させてしまっては、『UVによる(活性酸素による)障害から肌を守る』という本質を見失っているといってもよいでしょう。

一重項酸素やヒドロキシラジカルを除去する最も優秀な抗酸化物質は『水素』といえます。
水素をUVクリームと共に塗布することによって
* 酸化チタンによる紫外線の抑制=メラニン刺激抑制(日焼け止め)
* 水素によるラジカルの抑制=肌の酸化劣化の抑制(老化防止)
を同時に行うことができます。

現在、日本医大の太田教授とともに「水素外用薬/水素発生コスメ」を作成し、クリニックにてテスト供給しています。

ご興味のある方はクリニックまでご連絡ください。

医療法人社団医献会 辻クリニック (四谷、麹町)
info@tsuji-c.jp

写真: 紫外線が強くなる前に『紫外線とUVケアの問題点』について

酸化劣化は、肌を劣化(老化)させる最大の原因と言われています。(その他糖化劣化、炎症劣化もあります)
『UVケア』を行う理由はUVによって発生する活性酸素を抑制するためです。

UVは皮膚に存在する色素と反応すると『光励起』という現象によって『一重項酸素』という活性酸素が発生します。
この活性酸素は『ヒドロキシラジカル、ペルオキシナノライト』と並ぶ『悪性の活性酸素(活性窒素)』です。

これらの活性酸素は皮膚を構成する
*角質タンパク
*表皮細胞
*真皮細胞
*真皮コラーゲン/エラスチン
*ランゲルハンス細胞(免疫細胞)
などから電子を奪い『酸化劣化』させてしまいます。

酸化劣化はタンパクや脂質の構造変化を起こし、本来の目的を達成できなくさせます。これが『老化』という現象です。

これを予防するために『サンプロテクト/UVケア』が行われますが、その方法に大きな問題があることが解ってきました。

現在、UVケア目的に利用される成分は『酸化チタン』という物質です。

酸化チタンが太陽からのUVを反射させ、表皮/真皮に到達することをブロックすることによって『UV→一重項酸素発生』を抑制しようという理論です。

酸化チタンは、UVクリームなどに混ぜ、塗布することによって、皮膚(角質)上に酸化チタン粒子の膜を作ります。

酸化チタンは日光に含まれるUVを反射させることによって、UVが表皮/真皮に到達することを防ぎ、一重項酸素(1O2)の発生を抑制します。

しかし、ここにきて「UVを照射された酸化チタンがヒドロキシラジカルを作り出す」ということが解ってきました。

酸化チタンは「光触媒作用」を持っています。
酸化チタンに紫外線があたると電気分解と同じ作用で水を分解し、水から活性酸素を作り出します。

酸化チタンの光触媒作用を壁の塗料などに使用するとカビを予防したり、汚れの付着を予防したりできるのは、光触媒によって発生する『ヒドロキシラジカルによる作用』です。

これと同様の現象が『UVクリームを塗った肌表面』でも発生しています。

皮膚上に塗布された酸化チタンは、たしかに『UVを反射させる能力:SPF (Sun Protection Factor)』を持っています。

そのSPFによって紫外線が皮膚に侵入することを抑制し、一重項酸素の産生を抑制することができます。

しかし、皮膚上に塗布された酸化チタンにUVがあたることによって、ヒドロキシラジカルが発生し、そのヒドロキシラジカルが角質/表皮/真皮の細胞/組織にダメージを与えてしまうのです。

『酸化チタンはUVブロックによって一重項酸素を抑制できても、反面ヒドロキシラジカルを大量に発生させて酸化劣化させる』ということです。

一重項酸素をブロックする変わりに、さらに悪性度の高いヒドロキシラジカルを発生させてしまっては、『UVによる(活性酸素による)障害から肌を守る』という本質を見失っているといってもよいでしょう。

一重項酸素やヒドロキシラジカルを除去する最も優秀な抗酸化物質は『水素』といえます。
水素をUVクリームと共に塗布することによって
*	酸化チタンによる紫外線の抑制=メラニン刺激抑制(日焼け止め)
*	水素によるラジカルの抑制=肌の酸化劣化の抑制(老化防止)
を同時に行うことができます。

現在、日本医大の太田教授とともに「水素外用薬/水素発生コスメ」を作成し、クリニックにてテスト供給しています。

ご興味のある方はクリニックまでご連絡ください。

医療法人社団医献会 辻クリニック (四谷、麹町)
info@tsuji-c.jp