水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

『寝違え/むち打ち』『四十肩』『腰痛/ぎっくり腰』『膝関節痛』『リウマチ』などの痛みに対し、当院では『飽和水素水の筋肉注射/関節注射』による鎮痛治療を行っています。

その鎮痛作用/メカニズムについて簡単にお書きします。

図にあるように、痛みは『何らかのトリガー(引き金)』によって活性酸素が発動し、そこから
【ROS→NFκB→COX2→PG→炎症反応】という生体内化学反応によって炎症が生まれます。

炎症とは【痛み・発熱・腫脹(はれ)・発赤】を伴う生体内反応で、生体防御に伴ってどうしても出現してしまうものです。

この炎症反応を止めるために
*COXを止める→消炎鎮痛剤
*NFκBを止める→ステロイド
が利用されますが、これらにはそれぞれ副作用が存在します。

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

よってこの治療の利点は
*反応初期段階に作用するので治療効果が高い
*治療効果が早い(即効性)
*生理活性物質であるため副作用がない
*活性酸素と反応すると水に変わってしまう
という部分です。

また、世界中で発表される論文や、当院で治療を続ける慢性関節リウマチの治療経過を観察すると、単なる鎮痛作用だけでなく
*組織再生作用
*細胞再生作用
*DNA修復作用
などが存在することが解ってきました。

まだまだ新しい治療であるため認知されていませんが、慢性的な痛みに対する新しい治療法として「ステロイド/鎮痛剤に変わる治療」になると考えています。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

写真: 『寝違え/むち打ち』『四十肩』『腰痛/ぎっくり腰』『膝関節痛』『リウマチ』などの痛みに対し、当院では『飽和水素水の筋肉注射/関節注射』による鎮痛治療を行っています。

その鎮痛作用/メカニズムについて簡単にお書きします。

図にあるように、痛みは『何らかのトリガー(引き金)』によって活性酸素が発動し、そこから
【ROS→NFκB→COX2→PG→炎症反応】という生体内化学反応によって炎症が生まれます。

炎症とは【痛み・発熱・腫脹(はれ)・発赤】を伴う生体内反応で、生体防御に伴ってどうしても出現してしまうものです。

この炎症反応を止めるために
*COXを止める→消炎鎮痛剤
*NFκBを止める→ステロイド
が利用されますが、これらにはそれぞれ副作用が存在します。

水素は炎症反応の初期反応である『活性酸素』と反応し、水に変換する物質です。

よってこの治療の利点は
*反応初期段階に作用するので治療効果が高い
*治療効果が早い(即効性)
*生理活性物質であるため副作用がない
*活性酸素と反応すると水に変わってしまう
という部分です。

また、世界中で発表される論文や、当院で治療を続ける慢性関節リウマチの治療経過を観察すると、単なる鎮痛作用だけでなく
*組織再生作用
*細胞再生作用
*DNA修復作用
などが存在することが解ってきました。

まだまだ新しい治療であるため認知されていませんが、慢性的な痛みに対する新しい治療法として「ステロイド/鎮痛剤に変わる治療」になると考えています。

医療法人社団 医献会 辻クリニック (四谷 麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp