水素が心筋梗塞/脳梗塞の発生と障害を軽減する

私が臨床的に「水素が予防/治療に有効」と最初に感じた論文です。
心筋梗塞や脳梗塞の問題は
1:血栓などによって血管が詰まり、先に血液が届かなくなる
2:詰まった血管が再還流し、一気に血液が流れることによって活性酸素が大量に発生する
という2つです。
1は救命の問題となりますが、2は「せっかく血流が再開したのに、それが仇となって組織が損傷する」という問題です。
これによって大きな機能障害(後遺症)と伴うこととなります。

心筋梗塞や脳梗塞は
1:そのものの発生リスクを下げる
2:発生したとしても、救命率を上げる
3:救命後の合併症を減らす
という視点が必要となってきます。

この論文は、注射用飽和水素生理食塩水を投与したラットとそうでないラットに対し
・心臓冠動脈を30分虚血
・その後、再還流
によって、各種データと心筋の壊死範囲を調べています。

結論は、水素投与によって
1:マロンジアルデヒド(MDA)の減少
2:心筋細胞のアポトーシス減少
3:カスパーゼ3の抑制
4:8-OHdGの抑制
を伴って、再還流24時間後の
1:心筋機能パラメーターの改善
2:梗塞サイズの縮小
を認めていた。

水素は予防投与によって血管内の炎症を抑制し、梗塞リスクを大幅に下げますが、たとえ梗塞が発生したとしても、それによる後遺症のリスクも大きく下げる作用があります。

当院では現在
・内服投与:1日1回
・点滴/注射投与:1回/2週〜1回/月
を行って、患者様にデータを取らせていただいておりますが、経過は大変良好のようです。
今後、継続的な検査データを追いかけてみようと考えています。

医療法人社団医献会 辻クリニック
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Hydrogen-rich saline protects myocard… [Exp Biol Med (Maywood). 2009] – PubMed – NCBI
0-www.ncbi.nlm.nih.gov.elis.tmu.edu.tw
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…