体組成検査

筋肉、骨、脂肪、水分の量(率)や基礎代謝量を調べます。筋肉については部位別(上腕、前腕、大腿、下腿、体幹)、左右別に測定しバランスをみます。また、筋肉率と体脂肪率による体型分類や、脚の筋肉が体重を支えられるレベルにあるかどうか、つまり、つまずき・転倒のリスクや膝に負担をかけずに運動ができるかということについても調べます(体重支持指数)。

本検査は、心電図をとるように横になった状態で身体に感じないごく微量の電流を流し、身体の各成分の抵抗値で評価するものです(生体電気インピーダンス法)。

現在の体組成状況を詳細に把握し、食事や運動療法の効果を継時的にみていく際に実施される有用な検査です。

ご不明点等ございましたらお気軽にご相談ください。
お電話での問い合わせ 03-3221-2551