当院で行っている「過飽和水素水点滴」を作成する器械です。

水素は
*抗酸化作用
*抗炎症作用
*抗アレルギー作用
を持ち合わせ、副作用のない優れた物質です。水素は活性酸素(特にヒドロキシラジカル)との反応性が高く、瞬時に反応して水に変換してしまいます。
よって水素を大量に飽和させた点滴液を直接静脈に投与するこの方法は、まず初めに『血中の活性酸素/血球の活性酸素/血管内皮の活性酸素』と接触することとなります。

臨床データとして
*8-OHdG(DNA損傷マーカー)の低下(尿検査)
*酸化LDLの低下(血液検査)
が認められます。

これらによって、長期的な治療効果として
*動脈硬化抑制
*癌抑制
*免疫細胞活性化
などの効果は高いのではないかと考えられます。

その他
*疲労(脳疲労)回復
*代謝改善
*不眠解消
*肌質の改善
などを目的にされたり

他の点滴
*マイヤーズ点滴:総合治療
*αリポ酸点滴:抗酸化治療
*グルタチオン点滴:パーキンソン病などの抗酸化治療
*ダイエット点滴:脂肪燃焼システム改善
との混合(上記の点滴水を水素で飽和させます)によって、複合的効果をめざしたりします。

点滴時間は
*100ml:15分
*250ml:30分
程度です。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷/麹町)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

過飽和水素水を作る器械です。
水中の水素ガス濃度を上げるには
*温度
*pH(水側の)
*圧
*バブル径
をコントロールする必要があります。
写真: 過飽和水素水を作る器械です。<br />
水中の水素ガス濃度を上げるには<br />
*温度<br />
*pH(水側の)<br />
*圧<br />
*バブル径<br />
をコントロールする必要があります。