医療において「水素水」を使う場合、重要なことは「溶存している水素ガス量」に依存して効果が変化するということ

水溶液中の水素飽和度を調べていると、いろいろなことが解ります。「水素水」というものは「水+水素ガス:水素ガスが水に溶存している状態」のことです。
ひとまとめに「水素水」とはいっても、ほんの少しの水素ガスを含むものから、大量の水素ガスを含むものまであります。

それらを簡単に計測する方法として「酸化還元指示薬」を使った方法があります。
これは「メチレンブルー」という指示薬を使った方法で、メチレンブルーを1M(メチレンブルーだと319.85g/L)とした溶液を水素を飽和させた酸性の液体に滴下することによって「溶液中にどれだけ水素が溶存しているか?」を調べることができます。

ちょっとした方法の違いで、水溶液中の水素飽和度は大きく変わってくることが解ります。

医療において「水素水」を使う場合、重要なことは「溶存している水素ガス量」に依存して効果が変化しますから、「いかにして要存量を上げるか」「いかにして要存量を安定させるか」が大変重要です。

おはようございます。
今日の東京は気温が一気に低下し、今夜は雪になる予報もでているようですね。
インフルエンザの流行もピークに達しそうです。
皆様、お体ご自愛の程。

水溶液中の水素飽和度を調べていると、いろいろなことが解ります。「水素水」というものは「水+水素ガス:水素ガスが水に溶存している状態」のことです。
ひとまとめに「水素水」とはいっても、ほんの少しの水素ガスを含むものから、大量の水素ガスを含むものまであります。

それらを簡単に計測する方法として「酸化還元指示薬」を使った方法があります。
これは「メチレンブルー」という指示薬を使った方法で、メチレンブルーを1M(メチレンブルーだと319.85g/L)とした溶液を水素を飽和させた酸性の液体に滴下することによって「溶液中にどれだけ水素が溶存しているか?」を調べることができます。

ちょっとした方法の違いで、水溶液中の水素飽和度は大きく変わってくることが解ります。

医療において「水素水」を使う場合、重要なことは「溶存している水素ガス量」に依存して効果が変化しますから、「いかにして要存量を上げるか」「いかにして要存量を安定させるか」が大変重要です。

『水』も『水素』も化学の世界では実は大変難解な代物。

だからこそ面白いのだと思います。