内被爆を抑える事ができるかは『拡散した放射性物質をどれだけ隔離できるか』にかかっている

私が水素療法を勉強するもうひとつの目的は「放射線障害からの防護」であることは変わりない。

この論文は「放射線照射したマウスの心臓に対する防護作用」というものです。
この論文では、マウスに対し『7Gy:7000mSv相当』の放射線を浴びせ、水素投与軍と非投与群を比べている。
7Gyという量の照射は、人であれば確実に脂肪する量である。

非投与群では100%脂肪した照射量であっても、投与群では80%のマウスが生存した。

加えて、酸化ストレス障害の指標である『8-OHdG』『心筋MDA(マロンジアルデヒド)』を双方で検査したところ、水素投与軍で2つの酸化ストレス指標を低下させていた。

放射線障害には『直接障害:放射線が直接ダメージを与える』『と『間接障害:放射線によって発生した活性酸素(ヒドロキシラジカル)によってダメージを与える』があるが、このような高線量の場合であっても、間接作用による障害が主であることを示す論文である。

今後、どの程度の内被爆を抑える事ができるかは『拡散した放射性物質をどれだけ隔離できるか』にかかっている(多くは食物を育てる土壌と食品自体)

もし、隔離がうまくいかない場合の防護策は『発生する活性酸素(ヒドロキシラジカル)をどれだけ消し去ることができるか?』ということになると考えている。

The potential cardioprotective effects of hydro… [J Radiat Res. 2010] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 22 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…