長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)と活性酸素/TNFα

今世紀初頭、世紀の大発見として注目された長寿遺伝子【サーチュイン遺伝子】は今でも多くの研究が行われています。
研究結果というものは、全く違う方向の研究が、ひとつの結語に収束することが多々あります。
今回の論文以外にも
*サーチュイン遺伝子
*酸化/還元システム
*免疫/炎症システム
がすべてリンクして作用していることを示すものが多数存在することは、将来的にこれらが『ひとつの法則』の元にあることが証明されるかもしれません。この論文では、【活性酸素/免疫/炎症】に関与する『TNFα』が、その濃度によってサーチュイン遺伝子を抑制したり発動を促したりすることを示している。

詳細は論文に譲りますが、どのようなものにも「絶対悪」というものはなく、「そのバランス」が生命サイクルにとって最も大切なものであるという帰結となる可能性が高いのかもしれません。

当院で行う水素療法は「瞬間的に活性酸素を除去する」という作用だと考えていますが、その逆『オゾン療法』という全く逆(オゾンは活性酸素そのもの)の治療が同じ作用に帰結するのではないかとも考えられています。
この両方に言えることは「刺激」であり、急激に酸化/還元に振ることによって、自身のホメオスターシスを刺激している可能性も高いのではないかとも考えています。

何れにしても、水素は酸素、オゾン、一酸化窒素といった『生理機能ガス:メディカルガス』の作用やそれを使った治療は新しい分野の治療であり、今後も新たな発見が続くものと考えています。

医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Dose-specific effects of tumor necrosis factor a… [Cell Prolif. 2011] – PubMed – NCBI
www.ncbi.nlm.nih.gov
PubMed comprises more than 23 million citations for biomedical literature from MEDLINE, life science journals, and online books. Citations may include links to…