腸内細菌移植という新しい治療について

Natureに発表された大変興味深い論文。
FMT:Fecal microbiota transplantation (糞便微生物移植) の治療効果を示したもので、健常者の糞便中腸内細菌を空腸チューブと浣腸を使って潰瘍性大腸炎などの患者に移植したところ、移植直後に発熱とCRP炎症反応の増加を認めた後、ドナー細菌叢が安定し、疾患の改善を認めたという。多くの疾患と腸内細菌の関係は以前より考えられていたが、そのアプローチは『有効な菌は何か?』というものであった。
この論文は『健康な人の腸内細菌叢を丸ごと移植する』という大胆な発想が面白い。

抗生物質や食品に含まれる防腐剤などによって、自身の腸内細菌特に善玉菌と呼ばれる乳酸菌群が死滅し、真菌(カンジダなど)や大腸菌、サルモネラといった悪玉菌の過剰繁殖とそれらが作り出す化学物質(多くは毒性物質)が数々の疾患を作り出しているのではないかという考えは古くから存在しています。

『健康な人は腸内細菌が健康』という考えも古くから存在していたが、それを『移植』という形で立証しようという試みは大変面白い。

今後「若く病気知らずの人の便中腸内細菌:具体的には便そのもの」が治療薬として確立されるかもしれない。