糖化による老化と病気を抑える習慣

身体を細胞を老化/劣化させる5大要因は
*酸化
*糖化
*炎症
*毒
*栄養障害
と言われます。糖化は、図にあるように「糖化最終産物:AGEs」が直接またはRAGEに結合することによって発生する老化/劣化現象です。

この本質を理解するためには「糖の行方」を知る必要があります。

糖には「4つの行方がある」と理解すべきです。
1:エネルギー(ATPと体温)の原料となる
2:グリコーゲンとなる(糖としての貯蔵)
3:脂肪となる(脂肪変換しての貯蔵)
4:AGEsとなる
の4つです。
身体に摂取された糖は、この4つのうちのどれかを選択することになりますが、最も問題となるのが『AGEsとなる』という選択です。
よく「私は太っているけど、血液は奇麗。糖尿もない」という人がいますが、これは当たり前の話です。
その方は『優秀な脂肪細胞』を持っているため「3:脂肪となる」を身体が選択しているに過ぎません。(結局は脂肪による弊害となりますが)

糖の摂取量をXとすると『X=1+2+3+4』となりますから、糖化劣化を予防するためには
*Xを減らす:糖の摂取量を減らす
*1を増やす:エネルギー消費量を増やす
*2を増やす:筋肉量を増やす
*3を増やす:お薦めできません。脂肪による弊害が出るため
によってAGEsを減少させることができます。

逆に「糖を食べても糖化劣化が進まない人」というのは「1か2か3が優れている人」ということになります。

当院では『AGEリーダー』によって多くの方の『AGEs蓄積量』を計測しています。
中には
*あまり糖を摂取しないのにAGEsが高い人
*ちょっとでもアルコールを飲むとAGEsが増える人
*糖を大量に摂取してもAGEsが増加しない人
*アルコールを大量に飲んでもAGEsが増加しない人
*こげた物をやめたら、AGEsが急激に低下した人
など様々です。

まずは自身の『AGEs蓄積量』を調べ
*自分は糖に強いのか?
*自分はアルコールに強いのか?
*AGEs分解能は?
などを知った上で『糖とアルコールとフライ物との付き合い方』を決定するのがよいかと思います。

糖化劣化度とAGEs蓄積量に関する検査のお問い合わせ

医療法人社団医献会 辻クリニック(四谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp