砂糖はアルコールのように規制すべきか?

メッセージにて「以前アップしていたページを知りたいのですが?」というご依頼があったので、FBPにアップします。「ショ糖、高果糖コーンシロップなどの甘味料はアルコールと同等の規制下に置かれるべきである」という動きが世界(日本以外)で加速しています。(タバコもそうですが、日本は必ずこういった動きが遅れます)

*糖(血糖値の乱高下)による脳神経系への悪影響
*糖(糖代謝)による肝機能への悪影響
*糖(グリコーゲン過蓄積)による筋肉への悪影響
など、過剰な糖(血糖)は確実に身体を蝕むことが判ってきています。

アルコールは神経系へもたらす悪影響のため規制下(20以上)に置かれますが、糖は同様のシステムで神経系を破壊するにも関わらず、成長期の子供への規制が全く行われないどころか、大量に投与され続けているのが現状です。

大人であっても、糖の摂取により発生しているトラブルに対し、その結果に過ぎない『高脂血症』『高コレステロール血症』等に対して対症的に投薬されているにすぎません。

私はよく『下剤と正露丸と一緒に飲んでいるようなもの』と表現させてもらいます。
精製された食品は「合成化合物/薬品」と考えれば、それを摂取しながら、それによって発生した副作用を抑えるために医薬品を飲んでいるという話になります。

治療の基本は『まずやめるべきものをやめる』

それがあっての『医学の恩恵』であるべきだと考えています。