慢性関節リウマチに対する抗炎症治療剤としての水素治療

当院でも、水素治療(内服、点滴、関節注射)が関節疾患に有効であった症例が増加しています。
また、肩こりや腰痛といった炎症に対しても、有効性が認められてきています。
過去の論文にもありますが、炎症反応と活性酸素は連動して反応し、それぞれが増幅し合うことが問題であることが解っています。治療においては「ステロイド関節注射」のような即効性を求める方がいらっしゃいますが、そうではありません。
継続的な治療によって治療によって、徐々に炎症が治まり、痛みが引いてゆくイメージです。どのような病気でも「治療より予防が簡単」であるには違いはありません。「痛くなってから始める」より「痛くなる前に始める」が最良だと思っています。

医療法人社団医献会 辻クリニック
理事長 辻直樹
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F(四ッ谷)
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp

Molecular hydrogen: new antioxidant and anti-… [Curr Pharm Des. 2013] – PubMed – NCBI