悪酔いする人は酒を飲むな:酒と病気/老化について

*赤くなる
*吐く/気持ち悪くなる
*頭が痛くなる
*身体が痒くなる
*関節が痛くなる
*心臓がドキドキする
*二日酔いする
このような人はアルコールを飲むべきではないし、飲める人であってもこういう症状が出るまで飲むべきではありません。アルコールは一種の化学物質であり、これを解毒するには
*1次解毒:アルコール脱水素酵素/チトクロムP450
*2次解毒:アルデヒド脱水素酵素
の二段階解毒によって無毒の酢酸にまで分解することによります。

アルコールによる症状は『アルコール症状』と、その分解産物である『アルデヒド症状』があります。
特に問題となるのが猛毒であるアルデヒド症状です。

アルコールの直接症状は神経への症状であり、それによる「酒酔い」は長期化/慢性化しない限り『良い酔い』と言ってよいのかもしれません。

アルコールが全く飲めない人を『下戸』といいますが、これはアルコールをアルデヒドに分解できないために、アルコールの直接作用である『神経作用』が『酔い』のレベルを越えて作用してしまうからです。

アルコールは「飲み慣れると強くなる」というのは、酒の弱い人(アルコール脱水素酵素が少ない人)が酒を飲み続けると『チトクロムP450』という「本来、薬物や毒物を解毒する酵素」がアルコール解毒に回されるためです。
そのため、酒には強くなりますが、他の解毒能力が低下します。

しかし、このような人は『アルデヒド脱水素酵素』は少ないため、アルデヒドの障害が表れます。

上記に上げた症状のほとんどは『アルコール』ではなく『アルデヒド』による症状です。

ここで何を問題にしているかというと、このような症状の出る人は、飲酒後に大量のアルデヒドが血中/組織中に存在するという事実を知るべきです。

細胞は身体を劣化される5大要素(酸化、糖化、炎症、毒、栄養障害)のうち、糖化劣化は『糖質による劣化』というよりは『糖とアルデヒドによる劣化』といえます。

図にあるように、分解できるに残存した『アルコール分解産物であるアルデヒド』は糖化最終産物である『AGEs(アルコールからはAA-AGEs)』を作り出す物質のひとつです。

身体を構成するタンパク質や細胞が糖化劣化することは、老化を促進し、細胞を障害します。
いわゆる『糖尿病合併症』は『老化現象そのもの』です。(糖尿病が早期老化症と言われる所以です)

日本におけるアルコールは
*ストレス発散
*入眠剤代わり
*コミュニケーションの円滑化
*社交の道具
*不安/寂しさの解消
といった要素があるため『本当は飲めない(飲みたくない)のだが・・・』という人も少なくないはずです。

しかし、それによって自身の細胞(特に神経細胞)と組織(筋肉や皮膚、肝臓などの臓器)を劣化させる事実、特に『酒に弱い人にとってのアルコール』は、毒以外の何物でもありません。

糖化劣化(AGEsの蓄積)は確実に老化スピードを早め、病気を引き起こします。

もし、「アルコールを飲む事によって上記の症状が出現する人」または「上記の症状が出現するまで酒を飲んでしまう人」は、それを今すぐ止めるべきです。

当院で行う『AGE reader』は皮膚に沈着したAGEs量を計測する検査器械です。
これによって『AGEs高値』と診断された方には
*糖質の制限
*アルコールの制限と飲み方指導
*AGEs分解酵素の摂取
をお薦めします。

これらを確実に実行すると、AGEs量の低下を認め、多くの方が『若くなった』『奇麗になった』と言われるようです。

その主な理由は、皮膚タンパクの糖化劣化が改善されることによる
*しみ、くすみの低下/改善
*しわ、たるみの低下/改善
によるものです。

酒による上記の症状を自覚する方は、是非実践してみてください。
数ヶ月後には『なんだか若々しくなった』と言われることだと思います。

AGE検査、AGE分解酵素に関するお問い合わせ

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp