悪玉菌を殺す?抑える?:菌交代治療

人の細胞は約60兆 比べて腸内細菌は約100兆
「人間=60兆の細胞」と考えるなら、我々の身体という入れ物は、我々自身よりもお客さんのほうが多いことになります。
最近になって、我々の消化管内に共存(共生)する細菌達の重要性が見直されてきました。
腸内細菌はよく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」と分類されますが、この分類は
*善玉菌:生体を守ったり、有用な成分を製造/分泌する
*悪玉菌:生体を破壊したり、毒性物質を製造/分泌する
*日和見菌:生体の状態により善玉にも悪玉にもなる
という曖昧です。
共通することは、
*我々が摂取した食物を利用(食べる)ことで生息
*何かを分泌(排泄)する
という部分で、その分泌する物質が「栄養/機能性成分」か「毒」かによるのでしょう。そこで考えるのが「善玉を増やし、悪玉を排除する」という考え方ですが、実はここに少々の間違いがあるのかもしれません。
「善玉を増やし・・」はよしとして『悪玉を排除』に問題があります。
体内でも社会でも『悪を完全に排除することは可能か?』ということです。殺菌の目的は悪玉菌を殺すことではありますが、善玉に全く被害を与えない殺菌剤はありません。
これは「正常細胞に全く危害を与えない抗がん剤はない」というのも同じです。

悪玉を極端に嫌い過ぎることにより、その殺菌にだけ目を向け、『その行為で善玉菌まで死滅している』ということに気付かないのです。
例えば、悪玉菌を殺す目的で大量の抗生物質を使えば、同時に善玉菌も死滅します。そのため、別の菌種である『真菌:酵母/カビ』が繁殖し、カンジダ症を発症します。

最良の方法は「悪玉を殺す」ではなく『善玉を増やす』です。
どれだけ増やすかは『悪玉がはびこらない量』に増やすことです。
だからといって、「悪玉がゼロか?」ときかれれば、そんなことはなく、ある程度の悪玉菌は存在しています。
この状態で均衡が保たれていれば良いのです。

「悪いものはやっつけろ!」と考えるより『善を増やそう』という考えが、最終的には良いのではないでしょうか。

具体的には『乳酸菌/ビフィズス菌/糖化菌/酪酸菌+食物繊維』という「善玉菌を増やす治療」を、『抗生物質を使った悪玉菌を殺す治療』より優先させるほうが得策であると考えています。

医療法人社団医献会 辻クリニック(四ッ谷)
東京都千代田区麹町6-6-1長尾ビル8F
03-3221-2551
info@tsuji-c.jp